審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

83「真理を問う行動3.12」報告

■本日、松濤本部前「真理を問う行動3.12」に行って参りました。いつもより礼拝参加者が多く、本部前は賑わいを見せていましたので、やりがいもありました。本部ガレージには例の黒塗り専用車が、フロントのナンバープレート「2020」と「699」を行儀よく並べていましたので、もしかしたら本日の説教はソントクのいづれかだったのかも知れません。「真理を問う行動」は今回で7回目でした。そろそろエリコも崩れる頃かなと思います。次回は、落ちてくる壁とかガラスの破片に当たるとたいへんですから、本部建物に近づかないようにして行動しようと思います。


世界日報の小林某販売局長という方が、こちらのカメラ担当に「肖像権の侵害だから撮影をやめて下さい」としつこく言い寄って来ました。「このカメラを取り上げるよ」とも言いました。「お宅も撮ってるじゃないですか」と応じると、「そういう言い方するのすごい僕嫌い。相手が違反してるから自分も違反してるって言うのと同じでしょ」と言いました。こちらが構わずに撮影していると、今度は短気を起こして、手でこちらのカメラをはたきました。私は急いで近づき、「あなたみたいに実力行使する人の証拠を撮ってるんですよ。今何やったんですか」と問い詰めると、「こうやってカメラ落とした」と言って、もう一度カメラをはたいて見せました。「そういう証拠を撮ってるんですよ。お宅もその証拠のために撮ってるんですよ」と言うと、「あなた、顔真っ赤にしておこんなよ、兄弟姉妹じゃないの」と馴れ馴れしく返して来ました。

小林某は、その前に、「撮影する時には本人の許可をもらいます」と言って、私の仲間の目の前にスマホを構え、これ見よがしに、「写真を撮っていいですか」と一人一人に聞いていましたが、一人の男性は大声で「ダメです!」と答えました。その後、その男性がスピーチするところを、小林某が近くに立ってスマホで撮影し始めたので、私が近づいて、「あなたさっきこの人からダメだって言われたのに、どうして撮ってるんですか」と聞くと、「あなた達も撮ってるでしょ」と答えました。私は「同じじゃないか」と言い捨てました。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
サンクチュアリ江戸川教会教会長
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
日曜礼拝参加ご希望の方は
上記までご連絡下さい
■私の退会届
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 検索フォーム