審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

82 6000双の皆様へ

■本日は、6000双家庭会の定例会(勉強会及び子女マッチングのための父母交流会)が午前10時からあるというので、参加者の集合時間に合わせ、松濤本部前でビラを配りました。日曜日とは違い、玄関前で警戒する人達もいなくて、ビラまきも私一人でしたので静かなものでしたが、いくつか収穫がありました。まず、周藤先生ご夫妻が見えられました。お名前をお呼びしましたが、何もお答えにならずに通り過ぎられ、ご夫人は何かをおっしゃいましたが、聞き取れませんでした。本日の勉強会のメインは田中富広副会長の講話なのですが、田中副会長も反応なく通り過ぎられました。


ところが、「80悪野貞夫先生…」に掲載している「誰よりも間違いを知りながら自分からは声を上げない卑怯者達」の写真で、悪野先生の左隣に座っている方が、私の前を通り過ぎ、一旦本部建物に入られた後、出て来られて、「写ってますか、見ます」と言って、突っかかって来られました。次に、1800家庭会の笹田俊明会長が、同じように「ダメだよ、サンクチャリ、なぜ許可なく撮るの」と言って突っかかって来られました。ご自分でもカメラでこちらを撮影されました。また、いつものように本部職員がこちらを撮影していましたので、撮影に関してはお互い様です。

私は6000双なので、知ってる人にも会いました。ビラを受け取って下さる方、受け取らない方、反対する言葉を口にされる方など色々でした。お母様の間違いに気が付いていない方からすれば、私がやっていることはとんでもないことのように見えるでしょう。驚く方もおりました。しかし、お母様の間違いをはっきり知っているにも係わらず、私に抗議される方の動機は一体何なのでしょうか。笹田さんともうひとりの方は、お母様の間違いを知っておられるはずです。

真理を問う行動312

ビラまきを終えて帰り際、井口康雄さんに挨拶しようと思い、裏の光言社ビルに歩いて行き、通用口のインターフォンを押したところ、若い男性の声で返事があったので、井口さんはおいでですかと聞きました。すると、いませんとのことでした。やはり退職されたのでしょうか。続けてそのことを確認しようとした矢先、後ろから「敷地に入らないで下さい!」と叫ぶ声があり、驚いて振り向くと、カメラを構えた撮影担当の本部職員でした。

写真を見ればお分かりのように、インターフォンを使おうと思えば、敷地に入らないといけないのですが、インターフォンを使うなということなのでしょうか。それでは、何の為にインターフォンを付けているのですかと、言いたくもなりましたが、通じそうにありませんでしたので止めました。自分達は布教その他のために不特定多数の敷地内に入り、ピンポンするでしょうに。松濤本部の玄関エントランスには立ち入り禁止と張り出しています。人類救済を標榜する宗教法人でありながら、私達に敷地内に入るなと言った方達は、霊界に行ったなら、今度は自分達の狭い敷地の中から、広大な天国に一歩も出て来ないことでしょう。

ビラの内容は、姜賢實先生の手記と私のブログ記事「57本部はお金の流れに要注意!」です。


光ビルピンポン


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
サンクチュアリ江戸川教会教会長
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
日曜礼拝参加ご希望の方は
上記までご連絡下さい
■私の退会届
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 検索フォーム