審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

72家庭連合への反論及び質問(内容証明No.4)

■私が2月17日付けで発送した内容証明に対する回答が、2月21日付けの「通知書」という標題で送られて来ました。日本サンクチャリ協会からの公開質問状も含め、家庭連合からは今まで一切の回答がありませんでしたので、「果たして、回答は来るのでしょうか。弁護士を通して間接に聞いているのですから、ちゃんと間接に答えて下さいよ」とブログには書きましたが、この回答はやけに早く来ました。

そこで私達は相談の上、この「通知書」に対する反論及び質問を以下のように「質問にお答え下さいーその3」として、本日内容証明で発送しました。(これは「内容証明No.4」になります)


真理を問う行動226


質問にお答え下さいーその3


〒160−0023
東京都新宿区西新宿1丁目20番3号
西新宿髙木ビル7階
世界平和統一家庭連合代理人
弁護士 鐘築 優 様

本年2月15日付にて当職が貴殿らに対して送った通知書に対し、本年2月17日付にて澤田地平殿が被通知人5名を代表して「質問にお答え下さいーその2」と題する書面を送付してこられましたので、簡潔に回答したいと思います
私は2017年2月10日付で、「質問にお答え下さい」と題する内容証明を送付しておりますが、2月17日付の内容証明に対するこの回答が4日後の2月21日付で来たのに、2月10日付で送付した私の質問に対する回答が2週間経った今も、まだ来ていないのはなぜなのでしょうか。お答え下さい。

1.「業務妨害」について
家庭連合は宗教儀式として日曜礼拝を行っていますが、礼拝、及び礼拝に先立って行われる礼拝準備行為もまた家庭連合の業務になります。
「礼拝に先立って行われる礼拝準備行為」とは具体的には何ですか。お答え下さい。
他方、ご承知の通り礼拝参加者は礼拝の前日より心の備えをして当日を迎え礼拝に臨むのであり、参加者らが礼拝に向かう道中にて貴殿らが参加者らの心の平安を損なう行動に出るなら、これもまた礼拝妨害に該当します。
「心の平安を損なう行動に出るなら」ということですが、私達の行動が礼拝参加者の心の平安を損なっているのですか、いないのですか。お答え下さい。
具体的には、礼拝参加者らに対するつきまとい・面談強要(相手の意に反する面談やことさらに対話を求めることなど)
アンケート調査というものがありますが、これは一般の通行人に対して路上で話しかけ、立ち止まってくれた人に質問し、回答をお願いするというものです。話が弾むようであれば、場所を変えて話し込んだりします。このような行為を家庭連合では「つきまとい・面談強要」と認定しますか。お答え下さい。私達が行っていることは、このようなアンケート調査ですらありません。
礼拝中ないしその前後にプラカード・のぼり等を掲げて建物周辺を徘徊すること
憲法に保障された「表現の自由」の範囲内で行っています。
参加者らの容姿撮影
私たちの撮影は活動の記録のためであり、また、家庭連合側による違法行為があった場合に備えその証拠を残すためです。礼拝参加者の容姿を撮影しているのではありません。
シュプレヒコールなどは礼拝妨害に該当します。
シュプレヒコールとは、訴えやスローガンなどを全員で声を合わせて一斉に叫ぶことを意味しています。私たちは各自、思い思いに適切な声で通行人に呼びかけており、シュプレヒコールではありません。

2.業務妨害を禁じるのは家庭連合の信教の自由(平穏に礼拝を捧げる権利等)及び人格権等を根拠とし、住居侵入を禁じるのは家庭連合の住居権を根拠とし、直接交渉を禁じるのは、家庭連合が代理人を立てて交渉する権利、及び当職の弁護士としての業務上の権利を根拠とするものです。
「直接交渉」とは何を意味するのか、ご説明下さい。
なお、表現行為であっても、他人の業務を妨害する態様のものまでが許されるものではありません
憲法に保障された「表現の自由」の範囲内で行っています。

真理を問う行動219

3.住居侵入・不退去罪について
本年2月5日の礼拝前に堀久子殿が会員資格を根拠に
堀勇一さんと堀久子さんの家庭連合の会員資格を確認します。お二人はいつからいつまで家庭連合の会員でしょうか。お答え下さい。
建物内に入れるように迫った際、家庭連合側は断固としてお断りしました
この事実はありません。堀久子さんは誰からも制止されることなく、本部教会1階ホール内に設けられた受付の前まで行くことができました。その受付で週報をもらおうとした時になって初めて「週報をあげません」という意味で「ダメです」と言われました。「建物内に入れるように迫った際」という表現からすれば、その迫った場所は玄関でなければなりません。しかし、堀久子さんがスムーズに玄関を入って行かれる様子はビデオに映っています。「家庭連合側は断固としてお断りしました」ということが事実なら、堀久子さんはどうして玄関を入って奥まったところにある受け付けまで行くことができたのですか。お答え下さい。
また、当職からも直接交渉禁止を伝える受任通知書を堀夫妻に送付しております。従って、2月12日の時点で堀夫妻は建物への侵入を拒否されている事実を十分認識していたはずであり、「無断侵入」というのは、こうした認識を持った上で建物内に入ったことを意味します。
「世界平和統一家庭連合に対する業務妨害につき、本日、当職が交渉を受任しました。家庭連合との直接交渉を禁じます」という受任通知書が、どうして建物への侵入を拒否していることになるのか、ご説明下さい。堀久子さんは「直接交渉」のために本部教会に入ったのではなく、週報をもらうために入りました。あなた様の受任通知書は礼拝用に準備された受付の前に行って週報を下さいとお願いすることまで禁じているのですか。お答え下さい。また、あなた様が2月15日付通知書で家庭連合建物内への無断侵入を禁じるとしたことに対して「正当な理由がある場合には入ってもよろしいですか。お答え下さい」と私は質問していますが、今回答えておられません。もう一度お尋ねします。お答え下さい。また「無断侵入を禁じる」というのは、「礼拝用に準備された受付の前に行って週報を下さいとお願いすることまで禁じているのですか」お答え下さい。
警察側は、当日の堀夫妻の行動だけを視野に不退去罪を認定したとのことですが
私はそのようなことは述べておりません。
家庭連合側としては住居侵入罪・不退去罪のどちらも成立しうる行為であったと見ています
では、どうして建造物不退去罪だけとなったのですか。お答え下さい。また、堀夫妻は「建物内に侵入したために現行犯逮捕されたのではなく建造物不退去罪による逮捕ではないですか」と私が質問しましたが、答えがありません。「堀勇一殿及び同久子殿に至っては家庭連合の建物内に侵入したために家庭連合職員から現行犯逮捕され」というあなた様の記述は間違いではないですか。もう一度質問します。お答え下さい。

内容証明No.4

なお、滞在時間が短いことは、住居侵入罪ないし不退去罪の成立を否定する事由とはなりません
法律的にはそうかも知れません。では人間としてはどうでしょうか。わずか1~2分で現行犯逮捕という事実から、出て行けと言っておきながら、実際には、相手に出て行く猶予を与えていないと判断せざるを得ません。出て行けと言いながら、実際は捕まえているのです。これは「ありがとう」と言いながら殴っているようなものであり、人間として、あるいは宗教家ならなおさらのこと問題のある「異常行動」です。この点に付き、いかがお考えですか。「戸惑う相手を1~2分で現行犯逮捕した行為こそ常識的に考えて『異常行動』ではないですか。お答え下さい」と私は質問しましたが、答えがありません。もう一度これを質問します。お答え下さい。
警察が、家庭連合による現行犯逮捕を正当と認定したのは、堀夫妻の行為が犯罪を構成すると判断したからに他なりません
警察が堀夫妻の現行犯逮捕を認定したのは、本部職員が堀夫妻を現行犯だとして逮捕し、その後警察に、本部職員がそのように説明したからです。本部職員だけが目撃者であり逮捕者であり、警察は目撃もしていないし、現行犯逮捕もしていません。警察はその説明を聞いただけです。自己正当化のため、警察の判断ということを持ち出していますが、警察の判断は本部職員の説明に百%依存しています。その警察が渋谷署で本部職員の言い分だけでなく、堀夫妻からも聞き取りをした段階で、「やり過ぎだ」というようなことを警察は江原総務部長に言ったのではないですか。堀夫人が渋谷署で江原総務部長を初めに見かけたときには笑っていましたが、2回目に見たときには苦み走った顔をしていましたと証言しています。お答え下さい。
家庭連合側の現行犯逮捕が正当なものである以上、貴殿等がシュプレヒコールを挙げて礼拝を妨害したことは何ら正当なものにはなりません
1~2分の内に退去しないから現行犯逮捕だというのは、人間として宗教家として「異常行動」です。それに対して異議を唱えるのは当然です。また、シュプレヒコールとは、訴えやスローガンなどを全員で声を合わせて一斉に叫ぶことを意味しており、ビデオでも分かる通り、私たちは各自思い思いに抗議しています。シュプレヒコールという言葉の使い方が間違っています。また、礼拝を妨害したというのなら、その証拠を示して下さい。

4.撮影について
家庭連合側が貴殿等を撮影するのは、貴殿等による違法行為の証拠を残すためです。他方、貴殿等が家庭連合の建物、職員ないし信者らを撮影することには何らの正当性もなく、違法なプライバシーの侵害に他なりません。以上
私たちの撮影は活動の記録のためであり、また、家庭連合側による違法行為があった場合に備えその証拠を残すためです。
 以上は、あなた様より通知された5名を代表して私が反論し、かつ質問するものです。


2017年2月24日
〒134−○○○○
東京都江戸川区○○○○丁目○番○号
澤田 地平


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

澤田地平

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
サンクチュアリ江戸川教会教会長
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
日曜礼拝参加ご希望の方は
上記までご連絡下さい
■私の退会届
■제탈퇴선언
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 検索フォーム