審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

70家庭連合が立てた弁護士と私からの質問状

■家庭連合は私達が松濤本部前に来て抗議行動をしないよう、弁護士を立て、その弁護士と交渉するように依頼してきました。その弁護士から来た「受任通知書」が以下の内容です。宛名は「真理を問う行動2.5」に参加した5名になっています。

受任通知書


澤田地平殿
○○○○殿
○○○○殿
○○○○殿
○○○○殿
平成29年2月9日
〒160−0023
東京都新宿区西新宿1丁目20番3号
西新宿髙木ビル7階
弁護士 鐘築 優


 世界平和統一家庭連合に対する業務妨害につき、本日、当職が交渉を受任しました。家庭連合との直接交渉を禁じます。

■上の受任通知書が2月10日に私に配達されてきましたので、その日の内に以下の内容証明を、この弁護士宛に発送しました。

質問にお答え下さい


〒160−0023
東京都新宿区西新宿1丁目20番3号
西新宿髙木ビル7階
世界平和統一家庭連合代理人
弁護士 鐘築 優 様

 2016年12月21日、姜賢實先生が米国ペンシルベニア、サンクチュアリ教会の文亨進様をお訪ねになりました。そして、食口に宛てて発表された同日付の手記に「よりお父様に近い、さらに近づこうとサンクチュアリ教会に行きます。私は年をとりましたが、私がサンクチュアリ教会に来ることは私の考えと意思で決定したことであり、神様のみ旨と真のお父様の勧めだと思われます。ゆえに私はペンシルベニアのサンクチュアリ教会に来ました。オモニ、お元気でいてくださり、霊界に行ってお会いしましょう」と記されました。

 また、その手記には「生きて再臨主にお会いできたので、私は何でもできないことはない。『私は死にゆく身でもこの道を行かねばならず、死んでからもこの道を行きます』と誓って出てきた道です。お父様のみ言葉は本当に威力があり、私を統一原理に狂わせました。そんなある日、青天の霹靂のような話が聞こえてきました。オモニは『私は原罪が無く、腹中から、生まれた時から3代が清い純血で生まれたが、お父様は原罪をもって生まれた』といいました。いくら理解しようとしても理解できず、幾日も苦痛の中で身悶えしました。私の信仰的良心では受け入れることができませんでした」と記してあります。

 姜賢實先生が家庭連合を出てサンクチュアリ教会に来られた理由は、真のお母様が「私は原罪が無く、腹中から、生まれた時から3代が清い純血で生まれたが、お父様は原罪をもって生まれた」といわれたことを、受け入れることができなかったからです。
 真のお母様は2014年7月1日の講話で「血統転換、私は母胎からなのです。皆さんはそれを信じなければいけません」と語られています。

 そこで、宋龍天総会長と徳野英治日本会長のお二人に次のふたつを質問致します。
①真のお母様は腹中から無原罪で誕生されたのですか。
②真のお父様はご聖誕時には原罪がおありだったのですか。
 ご回答は2017日2月17日までに書面にてお願い致します。

2017年2月10日
〒134−○○○○
東京都江戸川区○○○○丁目○番○号
澤田 地平


■上記①及び②の質問は、日本サンクチュアリ協会から、江利川先生以下6人の連名で公開質問状を送ったその内容と同じものです。日本サンクチュアリ協会から送ったものは、相手が答えやすいように①及び②の質問を別々に間隔を置いて送りましたが、いずれも返事が無く、更に念押しして、なぜ回答がないのか、もし回答する気があるのならいつまでに回答するのかという、①及び②について各々2度目の質問状を出したにも係わらず、結局、回答は期限までに来ませんでした。

そこで、上記「受任通知書」が送られて来ましたので、早速①及び②の質問を内容証明郵便に仕立てて送ったのですが、回答期限の2017日2月17日までに回答は来ませんでした。「当職が交渉を受任しました。家庭連合との直接交渉を禁じます」というので、弁護士を通して宋龍天総会長と徳野英治日本会長に質問をしたのに、どうなっているのでしょう。警察を呼んだり、教会員を逮捕したりする仕事は早過ぎるのではないかと文句を言いたくなるほどなのに、質問の回答に関しては何もしないつもりでしょうか。

■念押しで、なぜ回答がないのですか、もし回答する気があるのならいつまでに回答するのですかという以下の内容証明を出しておきました。

「質問にお答え下さい」無回答への質問


〒160−0023
東京都新宿区西新宿1丁目20番3号
西新宿髙木ビル7階
世界平和統一家庭連合代理人
弁護士 鐘築 優 様

 私は2017年2月10日付けで、「質問にお答え下さい」という標題の内容証明をあなた様宛てに発送しました。質問事項は「①真のお母様は腹中から無原罪で誕生されたのですか」「②真のお父様はご聖誕時には原罪がおありだったのですか」というものでしたが、私が記した回答期限の2017年2月17日までに書面での回答がありませんでした。なぜ回答がないのかお答え下さい。もしこれからでも回答するお考えがあるのなら、いつまでに回答下さるのか、その期日をお答え下さい。

①「真のお母様は腹中から無原罪で誕生されたのですか」との質問に回答されない理由をお答え下さい。
②「真のお父様はご聖誕時には原罪がおありだったのですか」との質問に回答されない理由をお答え下さい。
③ ①及び②の質問に対して、これからでも回答するお考えがあるのなら、いつまでに回答下さるのか、その期日をお答え下さい。
 ご回答は2017日2月27日までに書面にてお願い致します。

2017年2月20日
〒134−○○○○
東京都江戸川区○○○○丁目○番○号
澤田地平


■そして、2月16日に以下の「通知書」が送られて来ました。

通知書


澤田地平殿
○○○○殿
○○○○殿
○○○○殿
○○○○殿
平成29年2月15日
〒160−0023
東京都新宿区西新宿1丁目20番3号
西新宿髙木ビル7階
弁護士 鐘築 優


 当職は平成29年2月9日付にて貴殿等に対し受任通知書を送り、その中で家庭連合との直接交渉を禁じる旨伝えました。ところが、貴殿等はこれを無視し、同月12日にも家庭連合本部建物前に現れプラカードを示しながら徘徊する、家庭連合関係者等との直接交渉を試みる、礼拝参加者等の容姿を無断撮影する、建物内に無断侵入する、シュプレヒコールをあげるなどの迷惑行為を行い、礼拝を妨害しました。特に、堀勇一殿及び同久子殿に至っては家庭連合の建物内に侵入したために家庭連合職員から現行犯逮捕され、渋谷警察署に連行されるなどの異常行動を行いました。
 当職は改めて以下の行為を禁じると共に、要求に従わない場合には法的措置を執ることを警告します。
禁止事項
 1.家庭連合職員及び信徒に対するつきまとい、及び面談強要
 2.家庭連合の礼拝時間及びその前後にプラカードを掲げて建物周辺を徘徊すること
 3.家庭連合信者に無断での容姿の撮影
 4.家庭連合建物内への無断侵入

内容証明.

■これに対して2月17日付けで、堀さんと相談しながら、以下の内容証明を弁護士宛に発送しました。

質問にお答え下さいーその2


〒160−0023
東京都新宿区西新宿1丁目20番3号
西新宿髙木ビル7階
世界平和統一家庭連合代理人
弁護士 鐘築 優 様

 受任通知書(平成29年2月9日)
世界平和統一家庭連合に対する業務妨害につき、本日、
「業務妨害」とはどのような行為を指していますか。具体的にお示し下さい。
当職が交渉を受任しました。家庭連合との直接交渉を禁じます
「禁じます」とのことですが、これは誰のいかなる権利によるものですか。その根拠をお示し下さい。

 通知書(平成29年2月15日)
当職は平成29年2月9日付にて貴殿等に対し受任通知書を送り、その中で家庭連合との直接交渉を禁じる
「禁じる」とのことですが、これは誰のいかなる権利によるものですか。その根拠をお示し下さい。
旨伝えました。ところが、貴殿等はこれを無視し、同
無視したのではありません。上記疑義のためあなた様の受任内容に付き全面的な承認はできないからです。

月12日にも家庭連合本部建物前に現れプラカードを示しながら徘徊する、家庭連合関係者等との直接交渉を試みる、礼拝参加者等の容姿を無断撮影する、建物内に無断侵入する、シュプレヒコールをあげるなどの迷惑行為を行い、礼拝を妨害しました。特に、堀勇一殿及び同久子殿に至っては家庭連合の建物内に侵入したために家庭連合職員から現行犯逮捕され、渋谷警察
「プラカードを示しながら徘徊する」することは「表現の自由」で保障されていませんか。「直接交渉を試みる」の具体的な内容は何ですか。堀久子さんと堀勇一さんが不当拘束されたのでそれに対する正当な抗議をしました。それがどうして「シュプレヒコールをあげるなどの迷惑行為」なのですか。「礼拝を妨害しました」というのならその証拠をあげて下さい。また無断侵入ではなく堀久子さんは週報をもらう為に本部教会に入り堀勇一さんは奥様を心配して本部教会に入ったという正当な理由がありました。これが「無断侵入」ですか。建物内に侵入したために現行犯逮捕されたのではなく建造物不退去罪による逮捕ではないですか。以上お答え下さい。

署に連行されるなどの異常行動を行いました。当職は
退去せよと言われて退去しないので逮捕されたという出来事があり、これに要した時間はわずか1〜2分でした。この間、退去しなかったという行動がどうして「異常行動」ですか。戸惑う相手を1〜2分で現行犯逮捕した行為こそ常識的に考えて「異常行動」ではないですか。お答え下さい。

改めて以下の行為を禁じると共に、要求に従わない場
「禁じる」とのことですが、これは誰のいかなる権利によるものですか。その根拠をお示し下さい。
合には法的措置を執ることを警告します。

禁止事項
1.家庭連合職員及び信徒に対するつきまとい、及び面談強要
「つきまとい」及び「面談強要」の法的定義をお示し下さい。
2.家庭連合の礼拝時間及びその前後にプラカードを掲げて建物周辺を徘徊すること
「プラカードを掲げて建物周辺を徘徊すること」を禁じるということと「表現の自由」との兼ね合いついて法的見解をお示し下さい。

3.家庭連合信者に無断での容姿の撮影
家庭連合側も私達に無断で容姿を撮影していますが、これはどのようにお考えですか。お答え下さい。
4.家庭連合建物内への無断侵入
正当な理由がある場合には入ってもよいと理解されますが、それでよろしいですか。お答え下さい。
 以上は、あなた様より通知された5名を代表して私が質問するものです。


2017年2月17日
〒134−○○○○
東京都江戸川区○○○○丁目○番○号
澤田 地平


■果たして、回答は来るのでしょうか。弁護士を通して間接に聞いているのですから、ちゃんと間接に答えて下さいよ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

澤田地平

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
サンクチュアリ江戸川教会教会長
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
ご連絡お待ちします。
■私の退会届
■제탈퇴선언
■天から来た通知
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 検索フォーム