審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

60「真理を問う行動2.5」集合!

■お母様は生まれながらにご自分に原罪がないとお考えになり、そのように発言しておられます。2014年7月1日にお母様が語られたビデオがあります。家庭連合の太田朝久氏や赤石僚氏が、お母様が無原罪であるという解説をして、そのお母様のお考えを補強していますので、お母様は生まれながらに原罪がなかったということを家庭連合は完全に受け入れています。

そして最近明らかになっていることは、お母様はお父様には原罪があったという発言をなさっているということです。お母様がご自分が無原罪であるとお考えになるようになったのは、六マリア問題によりお父様には原罪があるとお考えになるようになったことが動機になっています。すなわち、お父様には原罪があるという考えが先にあり、その結果としてお母様には原罪がないという考えが出て来ました。

真理を問う行動

■お母様の中では既にお父様には原罪があるというお考えだったのです。ですから、お父様には原罪があり、お母様には原罪がないというお母様のお考えはコインの両面であり、切り離すことはできません。家庭連合がお母様は生まれながらに原罪がなかったという考えを受け入れることは、自動的にお父様には原罪があったという考えを受け入れることを意味しています。それは反お父様であり、反キリストであり、サタンです。

コインの表裏を切り離すことはできませんが、お母様が無原罪であるということを受け入れている現在の状況で、お父様に原罪があったということを家庭連合は否定できるでしょうか。私は是非否定してほしいと思います。もし否定したなら、宋龍天総会長と徳野英治会長はお母様から追放されることでしょう。私も苦労がなくて済みます。

しかし、家庭連合はお父様に原罪があったということを否定できないと思います。そして否定できないのなら、宋龍天総会長と徳野英治会長はお父様から追放されることになります。いずれにしても、追放されるだけの未来しかありません。本人達もそれはよく分かっていることでしょうから、今の位置がある内に、献金のごまかしに精を出すことでしょう。この先時間がないということで、もしごまかし作業に焦る気持ちが出て来れば必ず失敗しますので、絶対に焦らないことです。私のブログを見て本部の会計も用心するようになりましたので、これは私からお二人へのアドバイスです。

□エルダーさん:ハアー、ま、皆さん長く統一教会におられる方なら誰でも知ってるでしょう。例えば指導者の方が会計から現金をもらって行って、そして後で領収書を出さないとか、その使い道が分からないとか、また現金の中抜きとか、ある時期統一教会で歩んでいる人なら誰でも知っていることだと思いますね。あえて私がここでまたそういうこと言う必要はないと思いますけどもね。やはりあの、幹部になったら、幹部になる前と幹部の座から退いた後と、その人の財産を比べてみると前よりも後の方が財産が増えていますよね。やはり聖職者というのはそうあるべきではないと思いますね。聖職者というのは、その聖職を通して財産を殖やすということは、私は本当ではないと思います。(2017.1.30)

徳野会長がお辞めになった後、その財産がどうなっているか、絶対に追跡するぞ!

■「真理を問う行動2.5」の集合日、2月5日(日)が近づいてきました。当日の天気予報は雨のようですが、嵐であっても関係なく行います。2月2日に、渋谷警察署の警備課の方とお会いしましたが、できるだけ騒ぎを起こさないで下さいという意向でした。道路使用許可についてお聞きしたところ、ビラまきに関しては3名以内で許可する場合があるということでした。しかし、それによってトラブルが予想される場合には、3名以内であっても許可されないということでした。

ユーないつ

今回道路使用許可はなく、また、これからもないでしょうが、抗議活動の自由は保障されていますので、道路使用許可のあるなしとは関係なく、私達の抗議活動は実行できます。当日何名集まるのか、このブログを見て来られる人もおられるでしょうから、今のところ、参加者の人数は私にも分かりません。松濤本部前に抗議する人が集まっただけで、「真理を問う行動2.5」の目的は果たせると私は考えています。ですから、声を荒げたりしないように注意し、また道路交通を妨げないようにしようと思います.

家庭連合は先回のように敷地内に入らないように言ってくるでしょう。それが彼らの主要な対抗手段だと思います。しかし、サンクチュアリのメンバーにも退会届けを出していない人が多くいて、その人達は家庭連合の所属のままです。また、当日は私の趣旨に賛同して、サンクチュアリではない家庭連合のメンバーも参加するかも知れません。そのような人に対しても、敷地内に入らないように家庭連合は言えるのでしょうか。

また、敷地内というだけでなく、家庭連合のメンバーであるならば松濤本部の建物内に入っても、何の問題もないはずです。松濤本部の建物はメンバーの献金によって維持されていますし、そこで働いている職員の給料もメンバーの献金によって賄われています。その職員が家庭連合のメンバーに対して、敷地内に入るなとか、建物の中に入るなとか、言う資格があるのでしょうか。家庭連合側はこれに関する統一した見解を出しておくべきです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

澤田地平

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
サンクチュアリ江戸川教会教会長
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
日曜礼拝参加ご希望の方は
上記までご連絡下さい
■私の退会届
■제탈퇴선언
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 検索フォーム