審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

5 天運からはずれたらそこは消滅する--神山先生(2/8)

■澤田:ですから、そういうあからさまな内容を、是非お願いします。みんな知りませんし、今の状況を打開するには、お母様の本当の姿を知る以外にないと思います。ですから、私は、お母様がみんなの前でお話しされるのを本当に楽しみにしています。その度にボロが出てきますからね。

ところが、この間の御成婚記念日の時は、お話しが短かったんです。そして、このつつじ浄火祭の時にもお話しされるのかと思ったんですけども、お話しされる予定がないんですね。あそこで30分とか、お母様がお話しされれば、また、私こそがメシヤであるというふうな話をされると思うんですけども、お母様ご自身、お身体が悪いらしくて、そのチャンスがだんだん少なくなって来てます。

だから、もうお母様がご自分で暴露されるのを待ちきれませんので、ほんとに知っていらっしゃる方が、その実態を明らかにする必要があると私は思うんです。でなければ、先程言いましたように、1千万単位の被害者が、死者が、東北大震災のレベルじゃないと思います。東北大震災は2万人です。熊本だと50人くらいですけども。日本が崩壊するような、東京直下型の大地震があるんじゃないでしょうか。

お父様は十字架と同じ、殺されたんだというふうに私は思います。要するに、実体基台が崩れ、イエス様は十字架の道に行かれました。結局、お母様を初めとして、お父様を支えるべき人達の実体基台が崩れたわけですから、メシヤの為の基台が崩れて、そこにサタンが侵入して、神山先生おっしゃってますよね、あれは穏当な死であるとは誰も思わない。イエス様の時と同じに不穏当な死ですよね。

明らかに寿命を縮めていらっしゃるし、明らかにあのお姿は十字架です。私は、その病室で寝ていらっしゃる時の動画を見ました。8月15日に撮影した動画を、江利川先生が國進様から頂いて、5分ぐらいの動画なんですが、口にのどまでパイプが入っています。それで涙流されながら、こう、いらっしゃる。お母様が何か、かいがいしく動いていらっしゃるんですけれども。

お父様は生涯語って来られたのに、21日間ここに管を入れて、パイプが気管を通っているわけです。あれはもう十字架、それも21日間、とんでもない十字架じゃないでしょうか。全く不穏当な死です。ですから、イスラエルが消滅したように、韓国あるいは日本。韓国は、これはもうなくなると私は思います。それぐらいの危機を前にして、その本当のお母様のお姿、状態というものを明らかにしないと、悔いが残ると私は思います。ですから、神山先生はまだ遠慮されていると私は思いました。

□神山先生:明らかにしなくても、批判し、突っつくよりも、ある時が来れば、天運がお母様にあれば、教会に天の運が動いていれば、そこは発展するし、天の運からはずれたら、そこは消滅して行くし。だから、お互いに突っつき合って、批判し合ってもね。非難した人がまた非難されますよ。だからイエス様も言った。人を裁くな、自分が裁かれないためだ。

結局、お互いにやり合っても、もう教会が間違っていれば、天運がはずれて、だんだん消滅して行くし、7男の亨進様が、もし誤っていたとしたら、判断が誤っていたとしたら、亨進様は天運を失って、早かれ遅かれ崩壊して行く。駒場グループにしても、何グループにしても、結局、神様から保護されない、天運がはずれたら消滅して行く。そんなに遠くないですよ。はっきり、その時代がもう、目前に来ていると私は思うんですよ。

■澤田:私も思います

□神山先生:だからたとえば、7男の亨進様が実の母親に対して、バビロンの娼婦だなんてね。公の前でですよ、YouTubeの前でやるべきじゃないというんです、ああいうことは。絶対いけない。それは統一教会、お父様の理想まで崩しちゃうっていうんですよ。バビロンの娼婦、実のお母さんのことを、ああいうことは表に出さない方がいいと思う。私は人間のやるべきことじゃないと思う。どうかな。
 
お父様を私はずっと見ていたけど、確かに、お母様に対しては色々言われましたよ。だとしても、すぐにオンマー、オンマーと、お父様はお母様を愛してましたよ。確かに、正しくご指導されてる姿は見たけど、オンマこれいけないよとか、こうあるべきだとか、言われてるけど。公の前では、ちょっとね、7男の亨進様は言い過ぎているなと。

あれで、お父様の業績、今までの業績まで、ガタンと下げてしまっているように、私は感ずるんだよね。もうちょっと、やり方があるんじゃないかなと思う、やり方が。そうじゃないかな。もう、言われていることが、余りにもすざまじいでしょ。世界に流れるYouTubeの場合に、要するになんていうか、激しいよね。だから、言う場所を、ちょっと考えなきゃいけないなと思うよね。いろんな人も見てるんだからね。

今のキリスト教会の人達も、何あれは、と言ってるんですよ、キリスト教会の人達がね。だから、既成のキリスト教会の人達が見る目というのは厳しいですよ、今の教会に対して、お父様の業績に対しても、何、あれはと。だから、もうちょっとやり方があるのかなと、私は思いますよね。

だから、もし教会の方が間違っているんだったら、もう天運が動かないとしたら自動的に下がっていく、自動的に、そっとしといても。確かに、間違っているということは、お母様、間違ってますよ、こういうことはいけないと思いますよ、ということは言ってもいいけど、後は、悪口になる。その悪口、その審判したっていうか、それによって結局、自分が裁かれる。人を裁くな、自分が裁かれない為だと言うけど、そのように私は思うんだよね。

■澤田:その悪口は、間違っている場合はそうなんでしょう。正しい場合はどうでしょうか。

□神山先生:正しいというのはね、批判することも許される立場があると言うんですよ。それから、これ間違っていると、はっきり言うことのできる立場もあるっていうんですよ。例えば、私が昔アメリカにいる時に、お父様が私に、「神山、アメリカを正しく批判しろ」と言われた。この間は批判しちゃいけないと言われたのにどうして、と考えたことありましたよね。

批判することが出来る人というのは、やはり神様を背景にして、神様と共にある人、完全に神様とひとつになっている、そういう立場だったらいいけど、そこから外れた立場の人がやり合ったら、結局、お互いにやり合って、お互いに亡んで行くと私は考えるんですよ。

■澤田:共産主義に対しても、激しく批判して闘って来ました。要するに、亨進様はそういう誤りを指摘して、間違いを正そうとされる立場で、そうおっしゃってるわけですけど、要は亨進様がおっしゃってることが、正しいか間違っているかということを検証しないといけないと思うんですよね。お母様がそのような、批判に値するような、間違ったことをなさっているかどうかということですよね。

それはもう、神山先生も、み言の改竄をされていらっしゃるであるとか、お父様に対して従順に仕えていらっしゃらないとか、そういう批判をされていますよね。だから、私としては、そういう実態をもう少し詳しく知りたいなというのが、今のお墓の件もありましたけどもね。

本当にもう、お父様の言うことを聞かれなくなってしまったという、お父様が孤独に追い詰められてしまったという実態がどういうものであるのかということを、大半の食口は知らないままです。そして、お父様とお母様は完全に一体化されている、これだけを聞くわけですから、その乖離が大きいですよね。ですから、その真実の姿をですね、それは批判とかではなくて、事実をですね。

□神山先生:そーっと、しといてもね、天運を離れてたら、もう数年、数年ですよ。数年で教会は行くところを失っちゃうというんです。そんな心配しなくてもね、そーっと、しといても。

■澤田:ただ私は、多くの人が巻き添えになってしまうのは非常に残念なんです。事実を知らないままに、巻き添えになってしまう。ですから少しでも目覚めさせて、真実に、それが必要じゃないか。そうすることによって、審判を少しでも小さく出来るんじゃないかというが、私の思いです。

□神山先生:そうだね。

■澤田:ですから、早く悔い改めて、多くの食口達が、そういうことだったのか、お父様を孤独の中で、まさに死に追いやったんだという事実を知れば、悔い改めますよね。そうすると少しでも、運勢が違ってくると思うんです。今のように全体がだまされている状態のまま衰退していくよりも、一刻も早く目覚めさせる必要があるんじゃないかと。その為にやはり、お母様の真実を知っていらっしゃる方が、更に明らかに。

□神山先生:だから、私が死ぬ前に聞いておきたかったわけですよ。(笑)

■澤田:いいえ、違います、日本にいらっしゃる時に(笑)、私は知りたかったんです。他にどなたもその口火を切る方がいらっしゃいませんのでね、お母様に対しての問題で。先生が除名処分になったのを見て、何か言ったらああなるってゆうんで、みんななりを潜めちゃって、もう、そういう感じになってしまいましたね。後に続く方もいらっしゃらないですし、かといって、神山先生がもっと赤裸々に、お話しされるかというと、それもないし。じゃ、私が聞くに行くしかないなと思ったんです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

澤田地平

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
サンクチュアリ江戸川教会教会長
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
ご連絡お待ちします。
■私の退会届
■제탈퇴선언
■天から来た通知
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 検索フォーム