審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

53姜賢實先生 お母様について

■2017年1月8日、姜賢實先生が日本人メンバーにお話しされました。その動画が洋介のブログにUPされましたが、その中でお母様について語られた重要部分を抜き出しました。


□姜賢實先生:お母様は韓国でお話しをするとき、昔はそんなこと、一切なかったんですけれども、今はどのような話をしますかと、いちばん初めの話が、お母さんは三代が清めた、その何ですか、清めた血統を持って生まれてきて、原罪のない立場であるし、お父様は原罪を持って生まれた方である。その話を、今はどこにでも、いちばん初めの序論に、その話が出る、その話が出る。

だからみんなおかしく思って、韓国の幹部たちも、それをおかしく思いますけれども、今、家庭連合の力は大きいものですからね、誰もお話しをする人がない。それがいいことです、それは当たり前のことです、こんなこと言ってるんですよ。だからできないですよね。でも私なんかは苦しくてありますのでね、そのような話を聞いたら、それは本当の話じゃないのにね、その話をしていますので、私はこれを我慢することができません。

原罪のない話、原罪のないお母さん。またお父様は、原罪のあるお父様。そんな話を聞いたら、私はそれをね、どんなに理解しようとしてもできないから、私はこれを変えるのがいいと思って、変えてきました。それで今、韓国ではたいへんなことが起きている。私のここに来たとして、あれはもう歳とって気違いになっているから、あんなこと言っていると言ってるんです。

でも、聖書にね、何の話しがありますかといえば、私のために悪口をたくさん聞く人は福がある人である、天からの賞がたくさんありますので、心配しないで下さいというみ言がありますのでね、や、これは当たり前のことを聖書が言っているねと、そう思っているんです。(2017.1.8)

■姜賢實(カン・ヒョンシル)先生は、2016年12月21日にペンシルベニアのサンクチャリ教会に文亨進様をお訪ねになりました。そして、以下の手記を私達のために記されました。

□姜賢實先生:愛する食口の皆さん 私は姜賢實(カン·ヒョンシル)と申します。

1952年に釜山ボンネッコルでお父様のみ言を聞いて感激し感謝して、人生と宇宙の問題を解決し、喜びで天下を抱く心情でアボニムと一緒に摂理の一線に立った過ぎし日が懐かしいです。その後大邱(テグ)、大田(テジョン)、光州(クァンジュ)、釜山鎭(プサンジン)教会を開拓しました。65年間真の父母様を証拠し、精誠を尽くし人類復帰の為にアボニムと共にみ旨を成して差し上げようと身もだえしながら生きた日々を懐かしく思います。

開拓時代は言葉で表すことが出来ない苦労もしました。あまりにお腹がすいて食べ物屋の門の前に立ってコムタン(牛の骨を煮込んだスープ)の臭いをかいで空腹を慰めていた若き時代、その時々に神様と真の父母の激励と勧告、その愛、幸せだったその時が今も私の心を感動させてくれます。私の65年のその歳月は神様と真の父母はご存知でしょう。

私は再臨主様に会えたことが夢なのか真なのかわからず一人で狂った人の様に道を歩き、踊りを踊りました。私は生きている間に再臨主様に出会えたゆえ、私は何でも出来ぬことはない。「私は死にながらこの道を行かなければならず死んでからもこの道を行きます」と誓い進んだ道です。アボニムのみ言は本当に威力があり私を統一原理に気が狂ったようにさせました。

しかしある日、晴天の霹靂のような言葉が聞こえて来ました。オモニは「私は原罪がなく腹中で出生する時から3代が清い純血で出生されたがアボニムは原罪と共に出生された」と言いました。どんなに理解しようとしても理解が出来ず、数日に渡り苦痛の中身もだえしました。私の信仰的良心では受け入れることが出来ませんでした。

私はメシアでありオモニが神様だと言う言葉も理解出来ません。二千年キリスト教が独生女である私を待っていたという言葉をキリスト教徒達が聞いたら笑ってしまうでしょう。

無理やりに信じることは出来ません。女性はメシア、再臨主になることは出来ないと見ます。オモニはオモニが再臨主であるお父様の位置よりももっと高く大きいと見ています。お父様の位置を格下げしてオモニの位置を格上げすることは私は信じることが出来ません。わたしはもっと研究してみて神様とアボニムがどの様に見られるのか祈祷してみます。

この様な全ての事を私は受け入れることが出来ず異なる道を歩もうと思います。私の心配はなさらず、見守って下さる愛する食口であられることを信じます。私がそんなにも愛したお母様、このような事がなかったなら誰が私を教会から押し出したとしても離れません。私はこのようにオモニの傍らを懐かしみながらオモニを愛して来た人の一人です。

今、私が離れても何時も忘れずお母様を記憶し愛そうと思います。そしてもっとアボニムの近くへ、もっと近づこうとサンクチュアリ教会に私は行きます。私は高齢ですが、私がサンクチュアリ教会に来たことは私の考えと意思で決定したことであり、神様のみ旨と真の父の勧めによるものと考えます。だから私はペンシルバニアのサンクチュアリ教会に来たのです。

お母様、さようなら。霊界に行ってお会いしたいと思います。
 2016年12月21日 姜賢實 拝


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

澤田地平

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
サンクチュアリ江戸川教会教会長
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
ご連絡お待ちします。
■私の退会届
■제탈퇴선언
■天から来た通知
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 検索フォーム