審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

51 金起勲のウソ(8/12)

■金北米総会長の報告の中にある、ウソを見ていきます。

□①金起勲北米総会長:アメリカでどうやってこのような巨大な奇跡的な行事を行うことができたか、分析をしてみました。私は真のお母様が始められ、真のお母様が締めくくられたと結論を出しました。True Motherがアルファでありオメガだと、そのように私は今回の機会を通じてもう一度、心深く感じました。

■私はこのアメリカ巡回は、お父様が血と汗と涙の投入によって築かれ残されたものが全ての基盤になっていると書きました。そのことは、金北米総会長も当然ながら分かっていることであり、お母様を立てる為に嘘をついています。「私は真のお母様が始められ、真のお母様が締めくくられたと結論を出しました」というというのが①嘘であり、ですから、「もう一度、心深く感じました」というのが②嘘です。

コーカスルーム講演

□②金起勲北米総会長:国会議事堂の上院コーカスルームでアメリカ上院議員達と下院議員、世界から集まった100余名の議員達に原稿なしで語られましたが、最初から最後まで、皆がどのように真のお母様のみ言を聞いているかと私が周囲を見て回ると、国会議員達が本当に目を大きく見開いて傾聴するその姿に、私はとても感動しました。

ラッセル上院議員会館

■「国会議事堂の上院コーカスルーム」ということですが、これは③嘘であり、本当は「上院議員会館の中にあるコーカスルーム」です。上院議員会館はいくつかあり、ケネディコーカスルームがあるのは、ラッセル上院議員会館です。国会議事堂の中でやったことにして、権威付けしたいということなんでしょう。世界平和議員連合創設大会というのは、2016年2月15日にソウルで開催されたのが始まりです。そのことを伝えるPEACE-TVのナレーターは以下のように語っています。

上院議員会館

□PEACE-TV:世界平和議員連合創設大会、ソウルで開かれた発起人総会を皮切りに、圏域次元の創設大会が自由世界を代表する民意の殿堂である各国の国会で開催されました。(2016.12.22平和世界創建のための真の父母様アメリカ巡回)

ソウル発起人総会

ここで「各国の国会で開催されました」と言ってますが、ソウルで開かれた発起人総会の会場となったのは、国会議員会館であり、国会ではありません。この会場の正面に掲げられた横断幕には、「Main Conference Room, National Assembly Members office」とあり、それは「国会議員会館のメイン会議場」という意味です。このナレーションの「各国」にはアメリカも含まれているのですが、アメリカ大会の会場となったケネディコーカスルームは国会議事堂の中にはありません。

上院議員がいれば

お母様はケネディコーカスルームで記念トロフィーをお受けになりましたが、この記念トロフィーには「United States Senate」と刻まれており、アメリカ国会上院で行われた行事を称える記念トロフィーということになっています。

United States Senate

■また、金北米総会長は「私が周囲を見て回ると」と語っておられますが、金北米総会長は初めから終わりまで、最前列に座っておられ、見て回られる様子はありません。見て回ったというのは④嘘です。ですから、必然的に「国会議員達が本当に目を大きく見開いて傾聴するその姿」というのも⑤嘘ということになり、続く「その姿に私はとても感動しました」というのも⑥嘘です。特に「国会議員達が本当に目を大きく見開いて」の「⑦本当に」というのは、許し難い気がします。嘘をつくんだったら、少しは遠慮しろと言いたい。

金起勲

しかし考えてみれば、嘘だからこそ心理的に、「本当に」を使いたくなるんでしょうね。

□③金起勲北米総会長:しかし、今日、改めてみ言を聞いてみると、最初から最後までどれだけ正確、かつ明瞭に真の父母様の使命と、私が救世主でありメシアである、アメリカを救援し、世界を救援する使命を持って天から来たという、そのような宣布をされたのかを知ることが出来ます。そして、その時、全ての人々が立ち上がって拍手しました。

■既に書きましたが、お母様が「私が救世主でありメシアである」と宣布をされたということが⑧嘘です。そのような宣布はありませんでした。また、「その時、全ての人々が立ち上がって拍手しました」というのも⑨嘘です。誰も立ち上がって拍手などしていません。そのような場面があれば、必ず映像に出してるはずですし、お母様の講演中、時々出る拍手はどれも、誰かが立ち上がるほどの勢いのあるものではありませんでした。

□④金起勲北米総会長:私達が同じ内容で、真のお母様は2000年前にイエスがローマ元老院ですべきだったそのみ言を、この上院ケネディコーカスルームで、私がメシアであり救世主だと語られたので、真のお母様を中心として世界平和、そして世界人類が救援されるその道が新たな1ページを開いたと私はお話したいのです。

■金北米総会長は「私がメシアであり救世主だと語られた」というのが⑩嘘だということを自覚しておられるはずですから、「世界人類が救援されるその道が新たな1ページを開いた」ということも思っておられません。すなわち、⑪嘘。

独り娘の信仰に

□⑤金起勲北米総会長:この方はニューヨークのACLC(アメリカ聖職者指導者会議)会長をされている方で、この方がお母様のみ言を聞き、今や私達の教会はイエスを中心とした信仰から、真のお母様を中心とした独り娘の信仰に変わらなければならないと証して、食口3000人に証をし、食口達から拍手と声援を浴びました。

マンハッタン

■この方とは、上の画像にあるセシルリーレイACLC副会長のことですが、この方が「今や私達の教会はイエスを中心とした信仰から、真のお母様を中心とした独り娘の信仰に変わらなければならない」と証したというのですが、これは本当にそのように語られたのかは、信じられないことです。金北米総会長が、⑫話を作りかえて言ってるのではないでしょうか。あるいは、好意的に考えれば、金北米総会長がそのように間違って英語を理解してしまったということでしょう。また、⑬食口3000人というのは盛り過ぎです。実際は1000人前後だと思います。

以上ですが、どうしてこんなにたくさんの嘘があるのでしょうか。どうしてこんなに嘘をついて平気なのでしょうか。それも、真のお母様という神様の代身者に対する報告です。世界に発信される報告です。お母様が「私が救世主でありメシアである」と宣布をされたという嘘は、お母様がそのように言われることを願われたということがあるかも知れません。また、「お母様がアルファでありオメガだと感じました」ということについては、ゴマするあまり、つい口が滑ってしまったということにして、目を瞑ってみます。

しかし、心の中で思ったとか感じたとかいう話ではなく、「国会議事堂の上院コーカスルーム」であるとか、「私が周囲を見て回まわった」であるとか、「国会議員達が本当に目を大きく見開いて聞いていた」であるとか、「その時、全ての人々が立ち上がって拍手をしました」であるとか、あるいは「食口3000人」であるとか、ほかに人がいて目撃者がいることでもあるし、映像にも撮られているのに、ばれるかも知れないということは考えないのでしょうか。こうなってくると、金北米総会長の報告にある、以下の全ての数字は、水増しの可能性極大です。

全9回のセッションを通じて約240人の全世界から集まった国会議員とアメリカ国内の国会議員が集まり、会議が進められました。(約240人の約に、少し残っている良心が見える。実数50人でも、約をつけましたからという良心…)
②そして洗礼ヨハネ格の国会議員を中心に活動し、80余名の上院議員と下院議員が集まる奇跡的な役事をもたらすことが出来ました。(ひょっとして上院議員はサッサと帰っちゃった降りんハッチさんひとりだけ?降りたハッチ…)
第2回鮮鶴平和賞を発表する式典が、多くの国会議員達と400余名の著名人が集まる中で行われました。(鮮鶴平和賞が第2回というのも、絶対でっち上げ。本当は1.5回ぐらいだと思う…)
④国会議事堂の上院コーカスルームでアメリカ上院議員達と下院議員、世界から集まった100余名の議員達に原稿なしで語られました…(アメリカ両院の議員が80余名ということだから、世界から集まった国会議員は差し引き20名かフムフム…。20名とはっきり言えないもんだから、計算させて、聞いた側の責任にしてるんでしょうね、いじましい…)
⑤ACLCの牧師約200人3日間原理修練会で教育を受け、この行事を準備しました。(ここの約も上と同じ。3日目がこの行事)
⑥それで私達がもっと大きいホテルの場所を借り、520人が参席しました。(約がついてない、どうしたんだろう…不安…)
⑦真のお母様12日路程は7度の公開講演と7度の指導者会議、そして4度の小さなアメリカ指導者会議を合わせ、全18回にわたり語られ、大成功を収められました。(2016年11月28日から12月9日までの12日間なんだけど、12月4日で行事は終わって、その後何があったんだろう…)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

澤田地平

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
サンクチュアリ江戸川教会教会長
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
ご連絡お待ちします。
■私の退会届
■제탈퇴선언
■天から来た通知
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 検索フォーム