審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

47 上院ケネディコーカスルームで何をされのか(5/12)

■標題の疑問に対する答えは、お母様が十数分間お話されたということです。特別集会でお母様の講演内容を鄭秘書室長が読まれましたが、早口なので、かかった時間は10分30秒です。お母様はこれよりゆっくり語られています。これを、金北米総会長は、以下のように持ち上げました。

□金起勲北米総会長:真の父母経を見ると、イエスがローマ元老院で、自分がメシアだと宣布したならばイエスが十字架上で亡くなられなかったであろうというみ言があります。このローマ元老院を英語でローマセネットと呼びます。私達が同じ内容で、真のお母様は2000年前にイエスがローマ元老院ですべきだったそのみ言を、この上院ケネディコーカスルームで、私がメシアであり救世主だと語られたので、真のお母様を中心として世界平和、そして世界人類が救援されるその道が、新たな1ページを開いたと私はお話したいのです。

肥えて

■国会議事堂内の集会室である上院ケネディコーカスルームを、ローマ元老院に見立てていることが、そもそもの間違いです。ローマ元老院に相当するのは、アメリカ国会上院です。そして、先に指摘したように、お母様の講演要旨は、「神様はレバレントムーンを、メシア、救世主、真の父母としてアメリカに送り、レバレントムーンはアメリカを赦し生かしました。人類の前に絶対的に必要な方は真の父母です」ということであり、お母様が「私がメシアであり救世主だ」と宣布されたのでもありません。

金北米総会長や幹部達が、お母様を目の前にして、そのように担ぎ上げ、お母様としても、そのように担ぎ上げられて、満足しておられるということです。しかしもしも、本当にアメリカの国会で、お母様がメシア宣布をしなければならない摂理的な要請があったとするなら、そのような実体が伴っていない内容を、いかにも、本当にローマ元老院でメシア宣布出来たかのように堂々と報告し、お母様がそれを喜ばれ、全員で億万歳をして終わるというのも、それはそれで、メチャクチャなことではあります。

米国上院

■そこでもう一つ、疑問なのですが、お母様がアメリカ国会議事堂内の集会室で、一部の上下両院議員(定数は上院100名下院435名)を前に講演されたことが、なぜ世界平和、そして世界人類が救援されるその道が開かれたという程に、大げさな出来事なのでしょうか。お父様は2005年9月12日に天宙平和連合を創設され、2012年7月16日にはアベル女性UNを創設されました。この間、天宙平和の王としての戴冠式がありました。また、天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会を全世界で開催され、それは2012年4月14日に最終完成・完結しています。

このように、既に真の父母様としての天宙レベルでの宣布もされ、勝利もされ、組織体系も完了している話なのに、どうして今さら、アメリカ上院ケネディコーカスルームでの十数分間の講演が、イエス様も出来なかったメシア宣布であったなどということになるのでしょうか。お父様が、平和神経に収められた平和メッセージ及びその大会にどれ程投入されたか、また天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会講演文及びその大会にどれ程心血を注がれたか、私達は知っています。それを一番よくご存じなのはお母様の筈です。

□徳野会長:真のお父様のご心情や願いを最もよくご存じのかたは、長年お父様に侍られたお弟子さんでも、真の子女様でもなく、真のお母様であられます。お母様は52年間、お父様と寝食や喜怒哀楽を共にされました。夫婦としてお母様は、寝室に入ってからもお父様に侍り、お父様を支えてこられました、そのようなことができたのはお母様だけだったのです。(2016.10.16「世界家庭」2016.12/P.23)

■にもかかわらず、にわかに動員した80余名のアメリカ国会議員の前でした、短い一回切りの講演が、お母様を中心として世界人類が救援される何かの道を開いたという解釈は、鯨を釣り上げておきながら、それを忘れ、フナを釣ったといって喜んでいるようなものであり、ものすごく大きな勘違いがあります。もし、勘違いしていないというのなら、無知ということでしょう。そして、幹部達がお母様の無知につけ込んでいるのでしょう。ですから、「真のお父様のご心情や願いを最もよくご存じのかたはお母様である」という考えも間違いです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

澤田地平

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
サンクチュアリ江戸川教会教会長
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
日曜礼拝参加ご希望の方は
上記までご連絡下さい
■私の退会届
■제탈퇴선언
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 検索フォーム