審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

39 トクノカイチョー、ファイティーン!

■第46回会長メッセージ(2016.12.02/収録11.28)で徳野会長は、「真のお母様日本特別巡回精誠」の目的について、以下のように語られました。

□徳野会長:8日間のお母様の滞在の目的は、ひとつは日本母の国に天運と祝福を与えたい。そして2番目に、あまりにも韓国が今混乱しているので、その韓国のために、深〜い精誠祈祷を捧げられました。そして3番目は、世界中のあらゆる活動や状況が毎日のように真のお母様に届けられます。その世界の活動の状況を絶えず熱心に、真剣に、深く、傾聴されながら、世界の食口の為に祈って下さるお母様であられます。4番目はHJ天苑団地プロジェクト、すなわち真のご父母様の生涯博物館を中心とした、清平における2020のビジョンの中心的なプロジェクトを勝利する上で、お母様はいろんな構想を練っておられます。


■宋総会長がお母様の日本訪問について、ご自分の解説をされ、その中で、先にお母様日本訪問の4つの目的というのを発表されましたので、徳野会長は改めてそれに言及せざるを得ない立場でした。目的の①と④は、まだもっともらしく聞こえます。しかし、②「韓国のために」というのと、③「世界の食口のために」というのは、日本訪問の目的としては、どう考えてもあり得ませんので、徳野会長はお話しされるに当たり、内心大変苦しかったのではないかと思います。

日本滞在の目的が、どうして、「韓国のために」ということになるのでしょうか。どうして、わざわざ日本まで来られて、韓国のために「深〜い」精誠祈祷をなさる必要があったのでしょうか。もし、韓国のためなら、韓国でお祈りするのが一番です。韓国でお祈りするより、日本でお祈りする方が、天に通じやすいということであれば、理解も出来ます。でもその時は、韓国よりも天に通じやすいと考えられる霊山とかに登る必要があるでしょう。黒部や立山がそうだったのでしょうか。映像では、景色を楽しんでおられるようにしか見えません。

■要するに、これは初めからウソですから、理屈が通るわけはないのです。宋総会長が深い考えもなく口を滑らせてしまったのですから、アベルを立てないわけにはいかない徳野会長には同情せざるを得ません。徳野会長のお話は、いつもポイントを、大きな柱と小さな項目に分けて、誰にも分かり易く組み立てておられるので、思考傾向はとても論理的です。そのような考え方をされる方にとって、日本滞在の目的が、「韓国のために」という非論理的な説明は、絶対にされたくないことだと思います。日本のトップに上り詰めてもなお、アベルを立てる為に、ご自分のプライドを捨て、笑われることを覚悟の上で、でたらめを口にしなければならないお立場に、深く同情致します。

また、日本滞在の目的が、どうして、「世界の食口のために」ということになるのでしょうか。お母様は日本滞在中に「その世界の活動の状況を絶えず熱心に、真剣に、深く、傾聴されながら、世界の食口の為に祈って下さるお母様であられます」というのですが、お母様はどこの外国に行かれても、世界からの報告が入っておられるはずです。ですから、世界の為にお祈りされるのは日常業務のようなものですから、日本滞在の目的が「世界の食口のために」というのは、全く理屈が通りません。

■要するに、これは初めからウソですから、理屈が通るわけはないのです。宋総会長が深い考えもなく口を滑らせてしまったのですから、アベルを立てないわけにはいかない徳野会長には、ここでもまた同情せざるを得ません。先ほども申しましたが、徳野会長のお話は、いつもポイントを大きな柱と小さな項目に分けて、誰にも分かり易く組み立てておられるので、思考傾向はとても論理的です。そのような考え方をされる方にとって、日本滞在の目的が、「世界の食口のために」という非論理的な説明は、絶対にされたくないことだと思います。日本のトップに上り詰めてもなお、アベルを立てる為に、ご自分のプライドを捨て、笑われることを覚悟の上で、でたらめを口にしなければならないお立場に、改めて深く同情致します。

悩みが多い

徳野会長は、ご自分が先に、お母様の日本訪問について解説をされていたなら、宋総会長のような突っ込みどころ満載の解説はせずに、でっちあげるにしても、まだ現実味のあるお話が出来たという自信をお持ちだと思います。宋総会長はモンスターに睨まれた恐怖と、モンスターへの忠誠心を一刻も早く表明したいという焦りから、おそらく徳野会長を押しのけて、解説を急がれたのだと思います。本来なら、お母様を日本にお迎えした、日本人代表としての徳野会長からの解説が、優先されてしかるべきであった気がします。

■上司のでたらめの解説を、プライドを捨ててそのままなぞらなければならない悔しさ、また、あからさまな嘘をつかなければならない良心の小さな痛み、さらに、自己保身の動機と小心から、日本に責任を持つ自分を押しのけた韓国人上司への軽蔑心、などがないまぜになり、徳野会長の声も心なしか、沈んでいるように聞こえます。 トクノカイチョー、ファイティーン!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

澤田地平

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
サンクチュアリ江戸川教会教会長
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
日曜礼拝参加ご希望の方は
上記までご連絡下さい
■私の退会届
■제탈퇴선언
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 検索フォーム