FC2ブログ

審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

341松濤本部前行動11.24/見せしめにされた12名

■ブログ「七死復活八段階勝利」に興味深い記事がありました。ハンドル名はキープランニングとなっています。

□キープランニング:先輩(元老)の方々が、清平で40日修練会に参加されておられるようだ。ある方からの情報によれば、どうやら韓鶴子氏自叙伝日本語版の発刊に先輩達が反対され、それが韓鶴子氏の耳に入り逆鱗に触れたとのこと。しかも、自叙伝日本語版の発刊反対の理由が、韓鶴子氏の発言の中に、反日的な言葉があり、昨今の日韓関係を考慮したということと、「独生女」の本当の意味を食口が知れば信仰に混乱を生じさせるという事らしい。


00:18:57河西徹夫/00:26:28畠山憲太郎/00:29:25秋月俊三/00:47:37澤田地平

韓鶴子氏自叙伝日本語版の発刊に先輩の方々が反対された事が事実で、理由が上記の内容だとすれば清平に収監されておられる方々は、反対した判断に明らかに人間的な配慮があり、韓鶴子氏が「独生女」であるということに躊躇いがあると思われる。なので実態は懲罰的修練会のようで、40日修練会に参加というよりも、清平に収監されたと言い換えたほうが良いかもしれない。(2019.11.21)

ブログ記事

■この記事がUPされたのが11/21ですが、Face Bookに11/23にUPされた画像(文字は私が入れました)を見つけました。この画像は小山田ゾンビを中心に日本の主要幹部12名が天寶苑の韓氏オモニ肖像画の前で撮影したものです。ブログ「七死復活八段階勝利」の記事の信憑性を裏付けるものであり、この12名が現在、清平40日修練会に参加しているものと思われます。氏名は以下です。

12名

①小山田秀生(天議苑苑長)
②周藤健(元副会長)
③飯野貞夫(特別巡回師)
④柴沼邦彦(特別巡回師)
⑤可知雅之(特別巡回師)
⑥佐野邦雄(特別巡回師)
⑦竹内清治(地区家庭教育部長)
⑧太田朝久(教理研究院講師)
⑨田中新太郎(教理研究院講師)
⑩太田洪量(ひろかず/元勝共連合会長)
⑪渡辺芳雄(勝共連合常任顧問)
⑫中田欣宏(よしひこ/777家庭会会長)

講師太田朝久

この12名には⑧太田朝久と⑨田中新太郎という幹部とはいえない人物が含まれています。この2人は教理研究院の所属であり、田中新太郎は韓国語による講師をしていることから考えて、やはりこの12名はブログ「七死復活八段階勝利」の指摘通り、韓氏オモニ自叙伝日本語版の関係者であると見て間違いありません。

講師田中新太郎

■家庭連合は徳野会長を頂点に、その元に田中富広・李成萬副会長、そして5地区の地区長という構造になっています。これが組織を運営する外的な幹部であるとするなら、上記①〜⑨は内的な教理・教育分野を担当する幹部責任者であるということができます。

弁士太田洪量

⑩太田洪量及び⑪渡辺芳雄は勝共連合関係者ですが、反日的記述が政治的な影響力を持つことへの懸念からこの問題に係わったのでしょう。⑫中田欣宏がなぜ加わっているのかよく分かりません。この12名が韓氏オモニ自叙伝日本語版に関し、異議を唱えたことが韓氏オモニの怒りを買い、悔い改めを要求されて清平40日修練会参加になったということです。

弁士渡辺芳雄

■天寶苑は1階から4階までのフロアごとにテーマ別の展示スペースになっており、4階は「天寶館」という名称で、洪順愛大母様の業績展示スペースになっています。この4階の壁に韓氏オモニが紫のガウンを羽織った大きな肖像画が掲げられています。12名はこの場所に連れて行かれ、肖像画を背にして「勝利!」ポーズで集合写真を撮られたのです。

天寶館

それは韓氏オモニへの絶対服従を誓わせる意味がありました。そして、ある意図を持ってこの画像をネット上に流出させたと見ることができます。韓氏オモニに背く者はこうなるという、見せしめにする意図です。その屈辱に対して、小山田ゾンビは耐えがたい表情を隠し切れずにいます。

小山田秀生

■今ごろ異議を唱えるのなら、どうして韓氏オモニ無原罪誕生が表面化した時に、異議を唱えなかったのでしょうか。韓氏オモニ無原罪誕生のウソこそが、はるかに根源的で重大な問題であるのに、それをパスしてしまいました。そしてパスしたどころか、それを真実だとする理論まで生み出し、その書籍まで出版しました。その犯罪に加担した人間達が、まさしくこの12名とほぼ重なっているに違いありません。

成約摂理解説非原理

日本家庭連合において、一体誰が、韓氏オモニが生まれながらに原罪がないと言い出し、それを理論化し、それを全食口に教育したのか、それがこの12名(プラス徳野英治)なのです。「なんでも、隠されているもので、現れないものはなく、秘密にされているもので、明るみに出ないものはない」(マルコによる福音書4:22)ということです。

お願い書

■果たして、彼らは懲らしめを受けておとなしくなり、あるいはお金で懐柔されて終わるのでしょうか。万が一にでも意地を見せて、韓氏オモニから日本を切り離すという戦いに乗り出すことがあり得るのでしょうか。かすかに、期待したい思いもあります。


台湾大会

同時性03

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

澤田地平

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
ご連絡お待ちします。
■私の退会届
■제탈퇴선언
■天から来た通知
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 検索フォーム