FC2ブログ

審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

261近藤局長とのメール交換/億単位を貯めた徳野会長

■系属中の裁判に関し、鐘築弁護士が私に送るべきデータ資料を、近藤局長が代理で私に送ってきました。鐘築弁護士はお歳なので、パソコンとか使えないのです。そこで、近藤局長から私にメールが来て、私がそれに儀礼的なお礼を書いた時、せっかくだからと思い、その下に一文をしたためたところ、思いがけず近藤局長から返事が来て、その後何回かやり取りしました。

近藤局長もさるもの、このやり取りが公開されることを考慮し、慎重な筆遣いにより、韓氏オモニ派の典型的優等生を演じています。徳野への忠誠を示してみせるチャンスとして利用した形跡も覗えます。こんなメールが澤田から来てますと言って、その都度プリントして対策関係者に見せるのです。私との個人メールのやり取りが、スパイ嫌疑のリスクとならないように予防する意味もあるのでしょう。しかし、私からの最後のメール(⑪)だけは隠しています。徳野の目に入ったらまずいことが書いてあるからです。

***



■①On 18/10/01 18:01
件名 代理送信
先程のメールは鐘築弁護士からの依頼により代理送信しました。
宜しくお願いします。
近藤


■②2018年10月2日(火)19:01
件名 Re: 代理送信(澤田)
近藤様
認否用一覧表受け取りました。ありがとうございました。
澤田地平
=====
せっかくですので、私の思いを書かせていただきます。近藤さんはお父様を信じてこの道に来られたのでしょうが、小山田や周藤や徳野と同じく、お父様への信仰を喪失したのですか?そうであるなら致し方ありませんが、もしまだお父様を信仰しておられるのなら、早く家庭連合を辞めるべきです。近藤さんなら、今より収入が落ちるかも知れませんが、この世でも食って行けるのではないですか?それとも、エキストラマネーをもらっておられるのでしょうか?

このままであれば、先祖もご自分も子孫も悲惨なことは自明のことではありませんか?そのことを真剣にお考えにはならないのですか?先日、韓氏オモニが怒る姿を間近に目撃されて、反お父様であることを確認されたのではないですか?もし、信仰を捨てておられるのなら、何を言っても詮無きことではございます。そして、信仰を捨てた連中によって今の家庭連合が支配されている現実は、まことに許しがたいことです。

---歌う近藤局長.jpg--------------------------

歌う近藤局長02



■③On18/10/02 22:30
件名 Re: 代理送信(澤田)
澤田様
折角「思い」を書いて頂いたので、簡潔にコメントさせて頂ければと思います。お父様が御聖和前に繰り返し「真の父母最終一体宣言」をされておられるのに、どうしたらこのみ言を不信することができるのか、小生にとってはそのことの方が不思議です。小山田先生も周藤先生も德野会長も決してお父様への信仰を喪失してはいません。お父様を信じているからこそ、お父様が最後まで愛し信じ最終一体化されたお母様と一つになろうとされているだけです。

小生は今から30年以上前に拉致監禁されたことがあります。そのとき、目の前で兄弟姉妹達が信仰を失っていく様を見て、絶対にこの悪質な人権侵害を止めさせなければならないと強く感じました。それから約30年後、後藤裁判の最高裁における勝訴をもって遂に拉致監禁問題はなくなりました。しかし今は分派問題の方がもっと深刻だと感じています。それは、兄弟姉妹達が拉致も監禁もされていないのに信仰を失ってしまうからです。従って、この問題は、拉致監禁問題以上に絶対になくさなければならない、というのが小生の信念です。
近藤


■④2018年10月3日(水)1:05
件名 Re: 代理送信(澤田2)
近藤様
韓氏オモニが自分が生まれながらに原罪がないと言っているのはどういうことですか?あなたは私からそれを聞かれた時、返事をためらったではないですか。なぜですか?それはウソだからじゃないですか。そんなウソを言う、トンデモない韓氏オモニがどうしてお父様と一体化していますか?

周藤健は生まれながらに原罪がない、原理的におかしくありませんと言いましたよ。小山田秀生は生まれながらに原罪がない、もともとそうなっているよと言いましたよ。こんなウソを言えるのはお父様への信仰を捨てたからです。あなたは韓氏お母様は生まれながらに原罪がないと言えますか?言ってみなさいよ!この質問があなたへの踏み絵だ!
澤田地平


■⑤On18/10/0318:54
件名 Re: 代理送信(澤田2)
澤田様
既に世界家庭に掲載されていますが、下記み言はどう解釈されますか?
近藤

再臨主は人類の母を探しに来られるのです。すなわち、新婦を探しに来られるのです。新郎であられる主がこの地上で探される新婦は、堕落圏内で探す新婦ではありません。堕落していない純粋な血統をもって生まれた方を探すのです。祝福のみ旨を果たすことのできる、罪の因縁とは全く関係のない処女として、母の立場に立つことができなければならないというのです。(『祝福家庭と理想天国(Ⅰ)』909ページ)


■⑥2018年10月3日(水)19:58
件名 Re: 代理送信(澤田3)
近藤様
私は太田講師の手法を学びましたよ。

再臨主は人類の母を探しに来られるのです。すなわち、新婦を探しに来られるのです。新郎であられる主がこの地上で探される新婦は、堕落圏内で探す新婦ではありません。堕落していない(と言えるほど)純粋な血統をもって生まれた方を探すのです。祝福のみ旨を果たすことのできる、罪の因縁とは全く(と言っていいほど)関係のない処女として、母の立場に立つことができなければならないというのです。

>小山田先生も周藤先生も德野会長も決してお父様への信仰を喪失してはいません。お父様を信じているからこそ、お父様が最後まで愛し信じ最終一体化されたお母様と一つになろうとされているだけです。

で、あなたも回りくどい質問はなさらないで、私の踏み絵を堂々と踏んで、小山田周藤のようにお父様が最後まで愛し信じ最終一体化されたお母様と一つになっている姿を私に見せて下さい。公職者特別修練会に出て来たばかりなんでしょ!一つになっていないんですか?

踏み絵→韓氏お母様は生まれながらに原罪がないのですか?
澤田地平





■⑦On18/10/04 8:59
件名 Re: 代理送信(澤田3)
澤田様
小生の考えはこうです。
「お父様はお母様との最終一体を宣言された」⇒「お母様のみ言はお父様のみ言と同等の価値を持つ」⇒「お母様が生まれたときから無原罪であったとのみ言を語られたなら、それはお父様が語られたと同じことになる」⇒「お母様は生まれた時から無原罪であった」

なお、小生の上記公式はあくまでも「み言」についてのもので、ご父母様の私生活上の発言や非公式の場での発言は対象外です。上記公式に加え、昨日ご紹介したお父様のみ言がある以上(更に世界家庭をご参照下さい)、お母様が生まれながらにして無原罪であったことは、今や動かし様がないものと考えます。

なお、太田院長の「括弧書き」はみ言の意味を分かりやすくするために付しているもので、元の意味を変えるものではありません。ところが、澤田さんが示された「括弧書き」はみ言の元の意味を完全に変えてしまっているので、これでは改竄になってしまいます。あくまでもご自身の考えに沿うようにお父様のみ言を変えてしまうという姿勢を採られるのでしたら、これ以上の議論は無意味と思いますので、神学に関する質疑応答は以上とさせて頂きます。
近藤


■⑧On 18/10/04 12:18
件名 Re: 代理送信(澤田4)
近藤様
誠意あるご回答、ありがとうございます。
>「お父様はお母様との最終一体を宣言された」⇒「お母様のみ言はお父様のみ言と同等の価値を持つ」⇒「お母様が生まれたときから無原罪であったとのみ言を語られたなら、それはお父様が語られたと同じことになる」⇒「お母様は生まれた時から無原罪であった」

とのこと。基本的には大阪大会時の回答「お母様がないとおっしゃるならないです」と同じですが、その言葉の論理的背景がよく分かりました。近藤さんとしても説明することが出来て、すっきりされたのではないでしょうか。

踏み絵①→韓氏お母様は生まれながらに原罪がないのですか?→「ありません」ということになりました。踏み絵はこれで終わりではありません。もうひとつあります。

踏み絵②→お父様は原罪を持って誕生されたのですか?
さて、何とお答えになるのでしょうか。ご返事お待ちします。
澤田地平

【参考】金振春博士論文から
첫째, 질뻐님은 원죄가 전혀 없는 상태로 탄생했다고 말하기 어렵다.(2017国際学術シンポジウム資料集P.244)
Firstly. it is difficult to say that True Father was born without original sin completely.(2017国際学術シンポジウム資料集P.308)
(和訳)1番目、真のお父様は原罪が全くない状態で誕生したと言うことは難しい。

【参考】
私が手本にした太田講師の「括弧書き」付き文章の画像を添付します。これは改竄ではありませんか?

---お母様がないとおっしゃるならないです.jpg--------------------------

お母様がないとおっしゃるならないです

---太田朝久氏解説.jpg--------------------------

太田朝久氏解説



■⑨On 18/10/06 10:22
件名 ご返事お待ちしてます
近藤様
なぜ、ご返事が遅れているのですか?
踏み絵②→お父様は原罪を持って誕生されたのですか?

答えは簡単であり、「お父様は原罪なく誕生されました」ではないですか!これこそが家庭連合のよって立つ根本中の根本ではないですか!なぜ即座に答えないのですか?それを答えることができない姿に、家庭連合の狂ってしまった事実が、否応もなく露呈しています。

>小生は今から30年以上前に拉致監禁されたことがあります。そのとき、目の前で兄弟姉妹達が信仰を失っていく様を見て、絶対にこの悪質な人権侵害を止めさせなければならないと強く感じました。

反対牧師から文先生には原罪があると思わされて、目の前で兄弟姉妹達が信仰を失って行ったのではないですか?そしてあなたは、文先生には原罪がないという信仰を貫いたのではないですか?家庭連合の幹部に出世した今、その後拉致監禁もされていないのに、その信仰を捨てたのですか?徳野からお金をもらって、その信仰を捨てたのですか?
澤田地平


■⑩On 18/10/07 8:13
件名 Re: ご返事お待ちしてます
澤田様
このメールアドレスは元々法的手続に関する連絡のためにお伝えしたのであって、神学論議のためにお伝えしたものではありません。また、これ以上の神学的質問を受け付けないことについては、理由を付してお答えしたはずです。

ところで、鐘築弁護士から貴殿に対して送られた2通目の通知書につき、貴殿が勘違いしておられる気配を感じます。同通知書の「3」では、貴殿が今後一切の妨害活動をしないことを約束するなら、判決確定までの支払猶予を行う余地がある旨述べられています。つまり、家庭連合側はちゃんと「助け船」を出しているわけで、万一これを「泥船」と勘違いされているなら益々「泥沼化」するだけなので、念のためお伝えしました。
近藤


■⑪On 18/10/08 13:00
件名 Re: ご返事お待ちしてます(澤田)
近藤様
踏み絵②→お父様は原罪を持って誕生されたのですか?→「答えません」

踏み絵②を踏んで下さいましたね。お父様を無原罪のメシヤであると、私に聞かれて答えないのは、お父様への裏切りです。あなたが30年前に拉致監禁されてそこから出てこれたのは、お父様を否定して偽装脱会したからですか。これは大変失礼な質問ですが、お父様は無原罪ですという当然の答えから逃げて、家庭連合に残ろうとするこのメールを見たなら、そのように想像することも許されるでしょう。あなたは私の質問に答えていないことを楯に、お父様を否定していませんと内心弁明しているかも知れませんが、そんな詭弁は通用しません。踏み絵は踏んでいないことにしたいのでしょうが、あなたは踏みましたよ。

徳野が億単位の金を貯め込んでいるのをご存知ですか?家庭連合を首になった時のために、十分な備えをしているのです。韓氏オモニがお父様を裏切っているのですから、その韓氏オモニの家庭連合を裏切ることに何の躊躇もありません。あなたはそんな詐欺師泥棒ひとりに忠誠を尽くすのですか?それともあなたに命を与え、あなたの生き方にその運命が完全に握られている、あなたの先祖に忠誠を尽くすのですか?

泥棒に忠誠を尽くすのではなくて、あなたをこの世に送り出し、メシヤに引き合わせたあなたの先祖にこそ忠誠を尽くすべきです。その先祖は一つの街を形成するほどの数がいて、固唾を飲んで、あなたの行動に注目しているということは、私が改めて言うまでもないことです。

「死なんとするものは生きる」目新しくもありませんが、これがあなたに贈る言葉です。自分は家庭連合に必要な人間だから、今抜けるわけにはいかないという思いもあるでしょう。でもあなたが死んだら、家庭連合はあなた無くしてもやって行きますよ。もし、内的に死ぬ決意ができないのなら、死ぬ必要はありませんので、試しに低めの崖から飛び降りて下さい。足を骨折して入院して下さい。その間に、家庭連合はあなた抜きの新たな体制になるはずです。
澤田地平


近藤徳茂02

***

■以上のような、近藤局長とのメールのやり取りでした。韓氏オモニに生まれながらに原罪がないということは、もう当たり前のような状況になっています。その論法が以下です。

□近藤局長:「お父様はお母様との最終一体を宣言された」⇒「お母様のみ言はお父様のみ言と同等の価値を持つ」⇒「お母様が生まれたときから無原罪であったとのみ言を語られたなら、それはお父様が語られたと同じことになる」⇒「お母様は生まれた時から無原罪であった」

■これによれば「お父様と韓氏オモニは一体化している→韓氏オモニの言葉はお父様の言葉→だから無原罪の生まれである」であり、「一体化」が全ての前提になっています。しかし「自分が無原罪の生まれであると発言した→これは反原理である→お父様と一体化していない」という論法が正常であり、まともな人間なら、韓氏オモニは反原理を語るのでお父様と一体化していないと考えるのが普通です。

最終一体完成完結完了の宣言を一体化の根拠にしていますが、私達の祝福が条件祝福であるのと同様に、この宣言も韓氏オモニの完成を未来に想定した条件的なものです。韓氏オモニが完成していないことは、エルダーさんの証にあるように、その実像を直接目にすればすぐ分かるのです。

■そして、明らかになったことは、もう一つのより重大な問題、すなわち、お父様の原罪問題に関し、家庭連合はお父様が無原罪のメシヤであるということを明言できないという事実です。近藤局長はお父様に原罪はありませんと即答できずに「これ以上の神学的質問を受け付けないことについては、理由を付してお答えしたはずです」と書いて、逃げています。

近藤局長は事務方トップの地位にあり、大きな権限を持っています。どこに出向いても局長様として歓待されるのです。その為にプライドもあるし、また給与もいいでしょうから、地位への執着も大きいと見ることができます。その人物が、この簡単かつ根幹的な質問に答えることができず、生き恥を満天下に晒してしまいました。

お父様が再臨のメシヤ(=無原罪)として1920年に誕生されたということが人類への福音であり、それを全世界に伝えるべきが家庭連合であり、食口の使命であるにもかかわらず、それを言えないのですから、家庭連合は完全に狂ってしまったと断言する以外にありません。


■さて、最後のメール(⑪)に書かれた、徳野の目に入ったらまずいことが何であるか、もうお分かりでしょう。「徳野が億単位の金を貯め込んでいるのをご存知ですか?」です。この一文が徳野の目に入ったら気まずいことになるので、近藤局長はこのメールだけは誰にも見せていません。初めは、億単位とはいい加減なことを書いていると思いました。しかしすぐに「6年間も会長やってるんだからそれもあり得る」と思い直しました。荒唐無稽な話なら、澤田がいい加減なことを書いていると言って、対策関係者全員で笑えばいいのですが、ありそうな話なので、徳野に気を遣い、表に出せなかったのです。

宋ヨンソプ前々総会長が地方教会の説教を担当する度にお金を受け取っていたということで非難を浴びました。だから今はそのようなことはないだろうと考えている人が多いでしょう。まして宋龍天もいないし、日本人がそのようなことをするはずもないと。しかし、今も謝礼の習慣は続いています。徳野はもらっているのです。しかし、億単位のお金はそのような謝礼だけでは貯まりません。可能な限りの経費と献金の中抜きを行っているのです。メールに書いているように、韓氏オモニがお父様を裏切っているのですから、その韓氏オモニの家庭連合を裏切ることに何の躊躇もありません。

お父様が生きておられる時代に、摂理のためにはいかなるウソをついてもかまわないと割り切ることのできた徳野は、神様もお父様も捨てた今においては、なおさら、ウソをついても、献金を盗んでも、一切良心の呵責を感じない人間になってしまいました。ウソをつく目的が、自分の失われた過去を取り戻し、自分の未来の生活のためにという方向に、180度転換してしまいました。貧しい期間が長かったので、時々、段ボールに詰めたお金を眺めては喜んでいるのです。狂ってしまった家庭連合にふさわしい中心人物であると言うべきでしょう。(涙)

偽善者徳野01

■今年7月上旬、西日本を中心に豪雨が襲い、各地で大きな被害が出ました。洪水の被害にあった家庭連合の教会員がいて、このうち倉敷市の教会員の自宅を徳野会長が訪ねました。この家は2階の床上まで浸水し、老夫婦はラック棚の上に登って水を避けたそうです。その2階の部屋で徳野会長は祈祷しました。

□徳野会長:この与えられた命は、神様から一旦召し上げられた命であるとすれば、新しい命として天が残された人生を、今まで以上に、更に神様と、また人々のために、また幸せな家庭を築くために与えて下さった尊い命でありますので…(2018.7.13)

偽善者徳野02

■この時の様子を、老婦人は以下のように語っています。

□老婦人:徳野会長まで来て下さって祈祷をして下さると、主人は涙を流しながら「徳野会長、申し訳ありませんでした。今まで妻が教会に行くことに反対しました。でも今このように良くしてもらい本当にありがとうございます」と言いました。徳野会長は主人を抱きしめて「心配しないで下さい」と言って下さいました。主人は別れるときも涙を流していました。(「世界家庭」2018.9/P.59)

■この老夫婦の目に、徳野会長は神様の使いように、まるで救世主のように映ったのかも知れません。しかし、影ではお父様をとっくに捨て、教会員を裏切りながら、たんまりお金を貯め込んでいる偽善者であるということを知ったならば、いったいどのような反応を示すのでしょうか。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

澤田地平

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
ご連絡お待ちします。
■私の退会届
■제탈퇴선언
■天から来た通知
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 検索フォーム