FC2ブログ

審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

255青年大会参加者に訴える

■去る9月9日に開催された青年大会において、参加者に向かって訴えた各演説です。


□News Online:未来を担う若者たちが、2050年の日本が直面するであろう難問題の解決策を考える「提言 JAPAN 2050 ユースフェスティバル」(主催・同実行委員会、共催・世界平和青年学生連合=YSP、後援・世界平和統一家庭連合)が9月9日、千葉・幕張メッセで開催され、首都圏の青年学生およそ1万人が集まりました。


大会実行委員長の松田幸士YSP会長は主催者挨拶で、「危機的状況に立っているこの日本を救うために立ち上がり、歴史的な救国の“のろし”を上げていく大会を一緒につくりあげ、青年学生による新しいムーブメントを起こしてまいりましょう」と呼び掛けました。


来賓による祝辞などのあと、徳野英治・家庭連合会長による紹介を受け、ゲストスピーカーの文妍娥・世界平和女性連合世界会長が登壇。韓鶴子総裁のメッセージを代読したうえで、「『愛と幸せは分け与えれば分け与えるほど大きくなる』という韓総裁のみ言のように、(今大会を通して)共に成長し、新しい日本の未来を共に生きる主役となってください」と語られました。

多い大人

■「首都圏の青年学生およそ1万人が集まりました」とのことですが、客席を写した写真をよく見ると、舞台前のブロックには青年を集めていますが、その後方の席には大人が多く混じっています。



□澤田:世界平和統一家庭連合の青年の皆様、本日は「提言 JAPAN 2050 ユース・フェスティバル」にようこそおいで下さいました。私達はサンクチュアリー教会のものです。皆様は韓氏お母様を真の母として信じておられます。その韓氏お母様が真のお父様を裏切っていると聞いても、信じないし、耳にも入らないかも知れません。しかし、皆様の責任者はその事実を知っているのです。徳野英治会長、松田幸士会長、本山勝道会長はそれを知っています。知っていて、お母様はお父様と完全に一体化していると言って皆様を騙しているのです。韓氏お母様は生まれながらの無原罪ですか?皆様はそれを信じますか?生まれながらの無原罪はメシヤだけです。イエス様とその再臨であるお父様だけなのです。にもかかわらず韓氏お母様は自分が生まれながらの無原罪であると発言し、幹部責任者は誰もそれに異議を唱えないのです。青年の皆様、お母様はメシヤではありません。メシヤの妻です。メシヤの妻であり、そして真の母になりました。その真の母の第一の使命は、夫である真の父、お父様を証することです。しかし、韓氏お母様はお父様の証を一切しないのです。これはなぜですか?青年の皆様、疑問を持って下さい。韓氏お母様はお父様を裏切っているのです。

韓氏お母様が生まれながらの無原罪であるというのは、原理ではありません、真理ではありません。もし、韓氏お母様が無原罪の生まれであると言うのなら、第1のお母様も無原罪の生まれであり、第2のお母様も無原罪の生まれであるということになります。そして、本部の太田講師はそのように言っているのです。青年の皆様、そんなに無原罪の人間がたくさん生まれることができるのなら、神様はこれ程復帰摂理に時間をかけ、苦労されることはありませんでした。無原罪のお父様一人を地上に送ることが簡単ではなかったからこそ、イエス様以降2000年もかかったのではないですか?私達はそのことを復帰原理を通して学んだのではないですか?韓氏お母様が生まれながらの無原罪であるという明らかに原理に反することに対して、幹部責任者はどうして異議をとなえないのでしょうか?それは、もし意義をとなえ、韓氏お母様は間違っていると言ったなら、その場で首になることが分かっているからです。皆様も教会で韓氏お母様に対する疑問を口にしたら、回りの空気がおかしなことになるということは分かるでしょう。幹部責任者は真理よりも自分の生活を優先しているのです。その結果、皆様は騙されてしまっているのです。

韓氏お母様は自分が生まれながらの無原罪であると言っているだけではありません。お父様は原罪を持って生まれたと語っておられることをご存知ですか?青年の皆様はご存知ないでしょう。韓氏お母様はお父様に原罪があり、自分には原罪がない。だから原罪のあるお父様は原罪のない自分に出会うことによって原罪を精算したと語っておられるのです。韓氏お母様は自分ひとりでメシヤのつもりになっているのです。父母ふたり、真の父母としてのメシヤではありません。ご自分一人でメシヤという考えなのです。イエス様は言われました。「私は道であり、真理であり、命である。誰でも私によらないでは、父のみもとに行くことはできない」これをお父様が言われるのなら分かりますが、韓氏お母様がこのように考え、お父様さえ自分によって原罪を精算することができたと考えておられるのです。この考えが、韓氏お母様の独生女理論なのです。メシヤであるお父様を否定し、自分がメシヤになってしまっているのです。これ以上の主管性転倒があるでしょうか。自分がお父様を救い、摂理を完成させるメシヤであるという考えなので、お父様の証が全くその口から語られることがないのです。敬礼式でも椅子が一つになり、韓氏お母様ひとりだけで敬礼を受けるのもこのためなのです。

韓氏お母様はお父様の妻として、52年間生活を共にし、誰よりも真のお父様を知っておられました。であるならば、誰よりもお父様をメシヤとして尊敬し、大切に思い、真心を込めて仕えて来られたに違いありません。それでこそ真の母であり、幹部責任者もそのような意味を込めて、お父様と完全に一体化しておられると言っているのです。しかし、驚くべきことに、最も近くに誰よりも長くいたはずの韓氏お母様が、メシヤとしてのお父様を理解しておられないのです。亨進様の証言によれば、ある日、韓氏お母様はお父様に向かって、あなたも、原罪を持って生まれてきたのでしょうと言われたそうです。お父様は、ただ唖然とされ、驚かれ、韓氏お母様に、離婚するぞと言われたそうです。青年の皆様、韓氏お母様がお父様をメシヤとして理解しておられない、堕落人間として見ておられるということを信じられますか?簡単には信じられないでしょう。しかし、韓氏お母様が自分が生まれながらの無原罪であると語っておられるその事実の背後に、その考えがあるということを知る時、全てが納得出来るのです。韓氏お母様はなぜお父様をメシヤとして理解できなかったのでしょうか。それは、韓氏お母様は原理を学ばず、聖書を知らず、霊的な感性に乏しかったからなのです。そして90歳を越えたお父様を、残された自分の人生において邪魔な存在であると考えるようになったのです。

青年の皆様、お父様が危篤状態で運び込まれた聖マリア病院での出来事をご存知でしょうか。お父様は重度の肺炎だったので、人工呼吸器を気管の奥まで入れておられました。これを生命維持装置と呼びます。韓氏お母様はこの生命維持装置がお父様にとって見るからに苦しそうだという理由で、外そうとされたのです。すなわち、治療が苦しいので、死んでもらったほうが楽になるというのです。青年の皆様、お父様にははっきりとした意識があるのです。夫が生命維持装置によって治療を受け、生命を保っているのに、それを外そうとする妻がどこにいるでしょうか。いません。生命維持装置を外そうとした韓氏お母様に、外さないように反対した亨進様は、韓氏お母様に顔を叩かれました。韓氏お母様はお父様に早く霊界に行ってほしかったのです。はっきりいうならば、回復して元気になってほしかったのではなく、回復しないで死んでほしかったということなのです。これが真の母のすることですか。誰よりもお父様をメシヤとして尊敬し、大切に思い、真心を込めて仕えて来られはずの真の母ですか。青年の皆様、真実に目覚めて下さい。韓氏お母様はお父様を裏切ったのです。お父様と完全に一体化しておられるというのはウソなのです。幹部責任者によって作られたウソなのです。皆様は騙されているのです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

澤田地平

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
ご連絡お待ちします。
■私の退会届
■제탈퇴선언
■天から来た通知
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 検索フォーム