FC2ブログ

審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

252松濤本部前行動9.16/家庭連合の悪あがき

■今回は私の霊の子が夫と共に、私に抗議活動をやめるようにということを言うために、松濤本部前に来ていました。この夫婦はご主人が井口さんとの付き合いがあり、おそらく井口さんの要請で松濤本部前に来たのだと思います。私達の活動を阻止するためには、何でも利用するということでしょう。家庭連合の悪あがきにしか見えません。

この夫婦は、完全に家庭連合の主張を信じ込んでおり、私が間違っているので抗議活動をやめるようにと一生懸命に言って来ました。私に目覚めなさいというのですが、私からすれば目覚めなければならないのはこの夫婦の方です。この日、松濤本部の3階の窓から、井口康雄氏と近藤徳茂氏が私達とこの夫婦のやり取りの様子をうかがっていました。


おそらく防犯カメラの映像を見てチェックしながら、途中から窓を開けて下を覗いたのだと思います。井口氏と近藤氏は韓氏オモニの間違いを知り、その上で韓氏オモニとお父様は完全に一体化していると言って食口を騙しているのです。自分達の目の前で、この純粋な夫婦が自分達が騙されているとも知らずに、私に必死で訴える姿を、一体どのような気持ちで見ていたのでしょうか。良心の痛みは感じないのでしょうか。

井口氏と近藤氏が神様も知らない、メシヤも知らない、原理も知らない一般の人間ならまだしも、神様を知り、メシヤを知り、原理も知っている人間なのですから、二人が死後、霊界において受ける報いはだいぶ大きなものになるでしょう。私がその報いを願わずとも、この夫婦の目が醒める時、その怒りの矛先が自動的に、この二人及び幹部責任者に向かうことになるのです。


私はその時、形だけでも「汝の敵を愛せよ」と言ってみるかも知れません。しかし、この夫婦が自分達が失ったものが何であるか、本当に分かった時、その言葉は殆ど意味を持たないでしょう。霊界における、しかるべき門の外では騙されていた全食口、そしてその食口の背後の全ての先祖達のすさまじい怒りの嵐が間断なく吹き荒れるために、この二人及び幹部責任者は地獄から一歩も外に出ることはできないのです。その期間はだいたい100万年はくだらないと私は見積もります。地獄ではどう猛な鬼があばれていることは言うまでもありません。

私に対する確信

■韓氏オモニは、お父様が多くの食口から尊敬を受け、慕われる様子を横にいて見ながら、自分が無視されているような寂しさがあったのだと思います。それが次のような言葉になって現れました。

□韓氏オモニ:そのような状況だったわけですが、いまだ、「真の父母様のご聖誕日」と言うとき、お父様の誕生日を思い浮かべるだけで、私の誕生日も同じであることは知らなかったという人が多いように思います。私の誕生日は1943年の(陰暦)1月6日です。(2016.2.15「世界家庭」2016.4月号P.6)

■全ての食口が、韓氏オモニがお父様と誕生日が同じであることを知っているし、そのつもりで真の父母様御聖誕日としてお祝いしているのに、韓氏オモニがこのように考えていたとは、ずいぶん意外なことでした。更に次のように語っています。

公職者達

□韓氏オモニ:このような生きた歴史をしている母に、皆さんは50年間、しっかり侍ることができませんでした、そうではありませんか。率直に話してみましょう。(「そうです」)深く反省しなければなりません。(2016.2.15「世界家庭」2016.4月号P.8)

■「お父様にはしっかり侍っても、私には侍らなかったじゃないか、反省しなさい」と、不満を漏らしています。韓氏オモニはお父様を偉大なメシヤとして理解せず、自分と比較しているのです。そして、考えられないことに、実は私こそがお父様より偉大な存在なのだと、偉大さを転倒させました。自分こそが歴史が待ち望んだ無原罪誕生の独生女であり、お父様を無原罪に生み変え、独生子にしてあげ、真の父にしてあげ、お父様を成功させたという考えを持つようになりました。

その独生女論を大会をしながら世界中に振りまき、その一方で、祝勝会の度ごとに側近達が、お母様は見事に独生女を世界に宣布されましたと、讃美して見せるものだから、その思い込みは完全に韓氏オモニの血肉になってしまいました。そして次の言葉になります。

三悪人

□韓氏オモニ:私に対して確信が立ったのは、数年にしかならないでしょう。正直に話してみて下さい。私は、許してあげましょう。(2018.9.5)

■「お父様の影に隠れていた私に対して、誕生日も知らず、侍ることも忘れていたお前たちも、私が独生女論を語るようになって数年が経ち、ようやく確信を持つようになっただろう」という意味で語っています。韓氏オモニはお父様に対して完全に主管性転倒した考えを持ち、更にその考えが食口全員に受け入れられていると錯覚しているのです。

韓氏オモニを、お父様より偉大な無原罪独生女であると誰が信じるでしょうか。誰も信じません。韓氏オモニに対して反論をせず、信じている振りをし、あるいは積極的に持ち上げるのは、全て韓氏オモニの持っているお金の故なのです。お金の故に、トンデモ韓鶴子を担いでいるのです。

重要な論文集

■2017年2月7日に開催された、国際学術シンポジウムで使用された論文集を、私は、それに参加された柳在坤(ユチェゴン)先生よりお借りしました。この論文集には金振春博士の「真の父母の独生子・独生女研究」という韓国語及び英語の論文が掲載されています。この論文の前書きには以下のように書かれています。

論文韓国01

□金振春:真の父母様の独生子・独生女に関する論議は、2014年6月、真のお母様の勝利帰国歓迎会のとき、初めて公論化された。その後、天一国最高委員会で、独生子・独生女に関し簡単に論議したことがあった。そして、天法院の法制研究委員会において、毎週おこなわれたセミナーを通じ、独生子・独生女と聖婚、真の父母様の生涯に関し発表し、討論してきた。法制研究委員会では、日本教会の教会成長研究院から受け取った関連内容を深く論議し、検討した。また、孝情学術苑天一国学術院において、昨年(2016)の11月から毎週1、2回、真摯に論議してきた。ここではアメリカUTSの教授たちの意見も論議した。一方、筆者は元老牧会者会会長団においても何度か研究内容を発表し、真摯な討論と意見を交換した。(韓国語P.215/英語P.259)

論文英語01

■そして問題なのは以下です。

論文韓国02

□金振春:1番目、真のお父様は原罪が全くない状態で誕生したと言うことは難しい。(韓国語P.244/英語P.308)

論文英語02

■「お父様は原罪を持って生まれた」という意味のことをはっきり書いています。これが家庭連合の正式見解であることを知る必要があります。前書きで述べている通り、この結論は金振春博士の個人的な見解ではありません。家庭連合の責任ある最高機関が意見を集約して出した結論なのです。この論文は今も有効であり、行事の最前列に座っている金振春博士の姿は、大幹部であることの証明です。


金振春博士


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

澤田地平

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
ご連絡お待ちします。
■私の退会届
■제탈퇴선언
■天から来た通知
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 検索フォーム