審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

200松濤本部前行動2.18/ご質問には回答しかねます

2月6日付けの近藤局長からの通知書には、私の推理が著しく事実に反するとだけ述べ、衷心からの謝罪がなければ裁判するぞという趣旨のことが書いてありました。しかし、謝罪しろ、でなければ裁判するぞと脅かすのならば、近藤局長はもう少し自分の考える事実とやらを説明するべきです。ですから私は、以下のような内容証明を近藤局長宛に送付しました。


***

質問にお答え下さい

〒150-0046
東京都渋谷区松濤1-1-2
世界平和統一家庭連合
総務局長 近藤徳茂様

前略 2018年2月6日付け通知書を拝見致しました。この中で近藤様におかれましては、本年1月21日に生起した暴行事件の真相に付き分析し推理した私の見解を完全に否定し、著しく事実に反していると述べておられます。そしてその見解を発表した私のブログ記事、映像及び画像により、家庭連合及び本部職員が甚大な被害を受けているとし、私に謝罪を求め、場合によっては法的手続を執ることも辞さないとのことです。

質問にお答え下さい1

そこで、近藤様に質問致します。近藤様はこの暴行事件をどのように分析しておられるのでしょうか。私の見解を否定し、謝罪を要求し、法的手続を執る構えもあると言われるのなら、この暴行事件に関するご自分の見解、ご自分の事実があるはずです。特に私が知りたいのは、私を殴った男は家庭連合の会員なのかどうかということです。お答え下さい。

質問にお答え下さい2

そして、会員でないのならば、この男が何者であり、暴力を振るった理由をどのようにお考えなのでしょうか。もしこの男が会員でない一般の通行人であるのなら、暴行事件が再び起こらないとも限りません。松濤本部に出入りする家庭連合会員の皆様の安全のためにも、この点の解明に努め、対策に臨んでおられることだと思いますので、近藤様の見解をお示し下さい。

私の推理が事実に反するから謝罪せよと通知なさるのなら、少なくともご自分がお考えになる事実について説明するべきです。草々

平成30年2月13日
〒134−0088 ○○○○○○○○○○○○
 澤田地平

***

■そして、これに対する答えは、即座に返ってきました。

***

通知書

澤田地平殿
平成30年2月15日
〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-20-3
西新宿高木ビル7階
弁護士 鐘築優

冠略
世界平和統一家庭連合(以下、「家庭連合」 という)及びその職員等に対する名誉毀損案件につき、当職は家庭連合、並びに同職員の近藤徳茂氏、澤田拓也氏及び同○○○○氏から委任を受けました。つきましては、委任者らに対する直接交渉(質問を含む)はなさらないよう要請します。

通知書2

被通知人は、前記案件に付き、本年2月13日付にて家庭連合宛てに書簡を送り、被通知人の推理に対する家庭連合側の見解を尋ねておられますが、本件については既に訴訟提起に向け準備中であり、家庭連合側の主張については、追って必要な範囲内で法廷にて主張・立証する予定です。つきましては、裁判外でのご質問には回答しかねます。
以上の次第ですので、悪しからずご了承下さい。以上

***

■近藤局長は、裁判を準備しているのでこの暴行事件に関しては一切のコメントをしないとのことです。もしこの事件が、私達の抗議活動がうるさいから、あるいは通行の邪魔になるからという理由で、家庭連合メンバーでもない、一般の通行人が私を殴ったというのなら、それこそ、家庭連合にとっては私達の抗議活動を近所迷惑だと宣伝することのできる願ってもないチャンスであり、この事件を利用して、私達の抗議活動を排除するためのコメントを必ず出すでしょう。出さない理由がありません。

事実、江原と大西は即座に、「あなた達の方が邪魔だから、近所から苦情で来たんだよ」とか、「第三者がね、地域の人がそういうように思ってるんですよ、よく覚えてたらいい、あいうふうに思われてんだから、一般の人から」と言って、私達を非難する口実にしていました。

また、一般の通行人が暴力を振るったというのなら、とても切れやすい危険人物が松濤本部前を往来しているということになるのですから、松濤本部に出入りする教会員の安全を考えて、この暴力男の捜索のために、家庭連合は防犯カメラの映像を提供するなどして、積極的に警察に協力を申し出てもおかしくはありません。暴力男の写真を印刷し、本部玄関前に「この男に注意!」との張り紙ぐらいは出すべきでしょう。渋谷教会のメンバーで、暴力男を不安に思う人はいないのでしょうか。小さな子供の親は心配にならないのでしょうか。

年頭の祈祷

■にもかかわらず、近藤局長は暴行事件に関して知らぬ顔を決め込んでいます。自分達の陰謀でないのなら、また暴力男が教会員でないのなら、この暴力事件をどう見るのか、見解を示して何の問題もありません。「つきましては、裁判外でのご質問には回答しかねます」と、答えられない苦しさを隠すために、もっともらしい言い訳をしている時点で、家庭連合の怪しさは十分過ぎると言えるでしょう。

近藤局長が答えるとすれば、「暴力男は通行人である」と答える以外に選択肢はありません。もし、暴力男が通行人であったとするなら、男が切れた理由は、①声がうるさかった、②通行の邪魔だった、ということしかあり得ません。そして、この暴力男が突っかかって来た時は、私達は全然うるさくしていませんでしたので、男が切れた理由は、②通行の邪魔だった、に絞られることになります。

そうなると、通行を妨害していたのは、私達ではなくバンでしたから、男が切れた原因はバンであることになります。すなわち、私は家庭連合の駐車違反のせいで殴られたことになります。ですから、家庭連合は私に謝罪しなければならなくなります。そして、謝罪するとなれば、停めていた理由も言わなければならなくなります。このように追い込まれることが見えていますので、近藤局長は「通行人である」とも言えないのです。

いずれにしても、一度嘘をつけば、それを糊塗するために、次々に嘘をつかなければならず、本部はどこまでも清廉潔白を演出しなければなりません。この2通目の通知書も「本件については既に訴訟提起に向け準備中」という清廉潔白の演出であり、ついでに回答を断る口実にもできるという、1石2鳥のその場しのぎでしかありません。

青少年修錬苑ai

■大西部長は先週から、私が暴力男を雇って私を殴らせたとも考えられると言ってました。ちょっとした思いつきを言ってみたかったということなんでしょうけど、暴行事件が本部の陰謀であり、大西部長自身も自分が加担しているということを知った上でこれを言ってるのですから悪質です。

今回、澤拓氏が騒音計を設置していました。大西部長が先週からレコーダーのようなものを掲げて私達を追いかけていますが、これも逐次変化する数字が表示されていますので、騒音計のようです。仮処分命令で私達を排除できなかったので、今度は抗議活動の声が大き過ぎるという理由で、もう一度仮処分命令の申立をするつもりなのでしょう。仮処分命令申立は一度経験しましたし、次に申立があっても直ちに応じることができますので、いつ来てもOKです。

***

□韓氏オモニ:私が今回、韓国・日本・アメリカ、を神韓国・神日本・神アメリカとしたのは、神様に侍ろうということです。神様を知ることにとどまらず、神様に侍る家庭、氏族、国、世界にならなければなりません。そのため、全ての機関で父母様を知らせなければなりません。6000年間、天の父母様が待ってこられました。ですから今やはっきりと示さなければなりません。この国が生きる道も、真の父母様に侍ることであり、至る所において、幼稚園から教育をしなければなりません。

皆さんはこの一時代にだけ生きる人々ではないでしょう。過去・現在・未来に責任を持つべき位置にいるというのです。皆さんの先祖も解怨してあげるべきであり、そのためにこの清平修錬苑が貴い場所なのです。聖霊が何か知っていますか?聖霊、母です。母。2000年キリスト教徒たちが待たなければならないものは、母を待たなければならないのです。独り娘が誕生してこそ、再臨のメシヤが真の父母となるのです。 今や、キリスト教のみならずイスラム教が、私を真のお母様、独り娘として受け入れています。

また、私がこの頃、何と言いますか?孝情、孝情文化革命です。そしてあらゆる芸術分野、音楽、美術など全ての面で孝進お兄さんが先立ちました。心情から湧き出る、天の父母様を愛し、誇り、敬い、慕う、多くの名曲を作りなさいということです。そして世界的に有名な人々がそのようなインスピレーションを得ることができる環境圏で、そのような美しい音楽が出てきたのです。この天苑団地がそうです。天が臨まれる場所です。実体聖霊の役事がおきている場所です。ここに一度来るようになれば、故郷の心情を持つようになります。毎日毎日の生活が、喜びと歓喜の生活をするようになればそうなるのです。皆さんは老いる暇がありません。私が今老いたでしょうか。私は今、そのような心情で生きています。(清心国際青少年修錬苑・孝情文和苑視察2018.1.9)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

澤田地平

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
サンクチュアリ江戸川教会教会長
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
ご連絡お待ちします。
■私の退会届
■제탈퇴선언
■天から来た通知
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 検索フォーム