審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

19 侮りと裏切り、そして不服従

■お父様が、霊人体が地球を何回転もするような勢いで怒られたというのは、一体その韓国人幹部はどれ程の間違いを犯したのでしょうか。お父様が極端なのではなくて、その幹部が極端に不信仰なことをしたのだろうと想像されます。それが徐々に、いつの間にか、お父様がものすごく愛される関係に戻るなんて、その幹部はきちんと償ったんでしょうか。どうも私には、なし崩し的にうやむやになってしまったのではないだろうかと思われます。

こういう時に、お父様の二の位置、特別補佐官というのでしょうが、その立場の人が、お父様が怒られた後に、その人の何が間違ったのかを厳しくチェックして、そのことの精算が済むまではお父様の前に出させない、というような対応をするべきでしょう。あるいは、お母様ご自身がチェックに乗り出して、お父様への不信仰を絶対に許さないという姿勢があったなら、幹部達はうやむやにしたり、ごまかしたりなど絶対にできなかったでしょうし、初めから不正をする余地など生じなかったでしょう。

ところが、お母様ご自身が、お父様への疑念と反発心を持っておられたというのですから、特別補佐官以下、幹部達のお父様に対する心構えというものに、甘えやゆるみ、侮りや裏切りなどが出て来るのも、無理のないことだったと思います。更に、特別補佐官自身に二心があったなら、他の幹部に厳しくできない上に、他の幹部は、特別補佐官の目を少しも恐れないということにもなります。結局のところ、このようなお父様への侮りと裏切りが、お母様以下すべての幹部において、現実のものになってしまいました。

10年以上前のことですが、私は清平での、ある名節の行事に参加したことがあります。その時、天城王臨宮殿にお父様が来られて語って下さいました。お父様は壇上から降りて右、清平湖の方ですが、そちらに歩いて行かれ、最前列に並んでいた幹部達を怒り始められました。「何で言った通りにしないのか!」というようなことでした。私はだいぶ後ろの方に座っていましたが、イヤホンで聴く通訳の言葉に聞き入りながら、私は「お父様の命じられることなのに、幹部の人達は、どうしてその通りにしないのだろうか、おかしいな」というような、素朴な疑問を持ちながら、じっと、お父様のお話に集中していました。

お父様はその同じ場所で、幹部への叱責を続けておられました。だいぶ経って、ようやくお父様はその場を離れられ、同時に、講話も終わりということで、全員起立しました。そうしたら、お父様はアボジロードを後ろの方に歩いてこられました。私はアボジロードから2列目ぐらいのところにいて、人の間から、お父様が歩いてこられる姿を目で追いかけていました。そして、私の位置を通り過ぎられたその時、すばやく顔だけ振り返られて私を見られ、私と目が合いました。その瞬間、私は「あ、目、小さい」と思うと同時に、「あ、私を見に来られた」と思いました。

私が、お父様のお話の間中、じーっと集中して聞いていたので、気になって見に来られたのだということが分かりました。そして、何千人と人がいる中で、私の思いを感じ取られ、ピンポイントで私を見つけ出されることに対して、確かにこのお方はメシヤであるなという感慨を持ちながら、お父様に直接侍る幹部の人達が、お父様の指示に従わないことで、お父様から延々と怒られなければならないこととは、一体何なんだろうという私の疑問が、まともなのだということを感じました。

また、トイレに行こうとされたお母様に向かって、お父様は「そこでやれ!」と言われたということですが、それは、あまりにも頻繁に席を外されるお母様に、業を煮やしてのことであり、またトイレに行かれたらそのまま戻って来られないことが分かっていたからです。普段から、お母様がお父様に寄り添っておられるのなら、トイレに行かれることをどうしてお咎めになるでしょうか。お父様が非常識なのではなくて、お母様の方こそ、ご自分が守るべき位置に対して非常識なのでした。

そしてもし、お母様が本当にその場でおしっこをされていたなら、それは、お父様への絶対服従を表すお母様の、どれ程素晴らしい証となったことでしょうか。シミのついたその椅子は、お母様がお父様に、絶対的基準でお仕えになった証拠として、博物館に大切に保存され、その朝の訓読会の出来事として、永遠に語り継がれながら、それを見る女子に、夫に仕える妻としての姿勢と心構えを、百万語を費やすよりも、一瞬にして理解させる、これ以上ない、理想的な教材になっていたことでしょう。惜しい・・・。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

澤田地平

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
サンクチュアリ江戸川教会教会長
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
日曜礼拝参加ご希望の方は
上記までご連絡下さい
■私の退会届
■제탈퇴선언
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 検索フォーム