FC2ブログ

審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

168真理を問う行動プレゼン

■真のお父様ご聖和5周年記念式に参加するために訪米した折り、9月8日に天一宮でのキングスリポートに参加し、その終了後、私達が行って来た「真理を問う行動」をあらかじめパワーポイントでまとめていましたので、亨進様とヨナ様にそれを使ってご説明しました。お二人は熱心に聞いて下さいました。この内容を皆様にご紹介します。


■家庭連合のウソは、真実に目覚めた者からすれば、余りにも明らかであり、韓氏オモニの間違いも、今や、隠しようもなくあからさまになって来ています。しかし、大半の家庭連合の会員は、今だに真実に気がついていません。そして、真実に気がつかないままに、責任者達の教育により、新たな偽りのステージに移されているのです。

「韓氏オモニには生まれながらに原罪がない」ということを聞けば、殆どの会員は「それはおかしい」という疑問を持ち、ひいては家庭連合の現体制に異議を唱えるようになるだろうと、私は期待するところがありましたが、どうも、そうはならないような雲行きになって来ました。

それは、「お母様がご自分には原罪がないとおっしゃっているのだから、それを信じる」という、新しい信仰の出現です。宋及び徳野から始まり、小山田、周藤、佐野、飯野、柴沼、可知などのお歴々、それに全国の地区長、教区長、牧会者が口をそろえて、そのことを繰り返せば、疑いを持つことの方が難しいでしょう。

先回10月8日、松濤本部前行動の時、澤拓副局長に改めて、「韓氏オモニに原罪はないのですか」と聞いたところ、何と、初めてその質問に答えてくれました。答えてくれたこと自体が驚きだったのですが、もうひとつ、その答えそのものにも驚きました。答えは、「お母様が原罪がないとおっしゃっているのだから、原罪はありません」でした。

神奈川1万名大会ビラまき

私の反応は、「ええええええーっ!?」となって、一瞬自分の耳を疑ったのですが、続けて、「澤田さんは、お父様がご自分に原罪がないとおっしゃってるから、それを信じてるんでしょ、それと同じです」と言いましたので、澤拓副局長の前半の言葉は、それで間違いありません。

私は、「お父様はご自分に原罪がないというような言い方はされていないのではないですか。私がお父様が無限罪であると信じるのは、原理ゆえです」と答えました。

■澤田:分かり易く言えば、家庭連合は韓氏オモニの言葉をそのまま教義として信じるということであり、その言葉とは「お母様に原罪なし、お父様に原罪なし」ということになります。この言葉を柱とするのが、家庭連合の今後の基本方針のようです。

私は、「161損害賠償請求訴訟答弁書への家庭連合の回答」で、上のように書きましたが、澤拓副局長との会話でも、家庭連合のこの基本方針が確認されました。

家庭連合の食口達は、ウソ、偽り、だまし、詐欺、その場しのぎ、保身、裏切り、言い逃れ、自分の生活優先、食口の苦しみは見て見ぬふり、俺は知らんなど、責任者のあらゆる背信行為により、がんじがらめにされています。澤拓副局長にしても、本当は「お母様に原罪はありません」なんて、ハナから信じていないのです。その本心は、「上が言うから従っているだけ」なのです。

韓氏オモニ→宋→徳野→地区長→教区長→牧会者→婦人部長→基台長→信徒という流れの中で、上位であればあるほど、韓氏オモニの間違いをよくよく知りながら、誰ひとりとして真実の声を上げるものがいないのです。

このような現実に、私達はビラ1枚(正確には2種類あるから2枚なんだけど、細かいことはいっか…)で立ち向かうのです! 食口の中にはビラ1枚で復帰されたという方が、きっといらっしゃる(私もその口…)でしょう。だから、私達のビラ1枚で真実に目覚める方が必ずいます。

怒濤のように(ちょいと大げさ…)、神奈川方面から(遠いところをご苦労様です…)電車(JR京葉線)に乗って(りんかい線新木場乗り換えが便利、東京駅乗り換えは少し歩く。海浜幕張駅下車ですよ…)押し寄せる1万名(動員OK?…)を、真実のビラ(両面フルカラー印刷だから…)で、お迎えしようではありませんか!!(大勢:イェーイ!!)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

澤田地平

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
ご連絡お待ちします。
■私の退会届
■제탈퇴선언
■天から来た通知
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 検索フォーム