審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

16 そこまで私に言わせないで

■私は神山先生のお話を8回に分けて掲載しましたが、もう1回分残っており、今回の投稿が最後の部分です。私が神山先生にお会いしに、名古屋までお訪ねした一番の目的は、お母様の肉的堕落問題に関して、その信憑性を確認することでした。私は井口さんの40日断食の話を持ち出して、この問題についてお伺いしましたが、それは推測の話であるということでした。藤井さんも推測、井口さんも推測、みんな推測。推測の領域を離れない。

神山先生は「どれですか、これ深刻な話です。これはね、将来必ず問題になる話です。イエス様の死後2000年の間、問題にされたんです。なぜ、イエス様は十字架にかかったか、なぜかってね。お父様の死にしてもそうですよ」(5/8)と話されて、お父様はイエス様がそうであるのと同じく、殺されたという見解を示され、そして、その死の原因について「サタンはお父様によって育てられたこういう弟子達ね、弟子達に絡みつきながら、お母様を通し、また、お子様達を通し、お父様の前にどうしました、不信ですよ」(7/8)と話されました。

簡単に言えば、お父様はお母様の不信によって殺されたというのが、神山先生の見解であり、そのことについては、私も同様に考えます。だから、最大の問題となってくるのが「お母様の不信」であり、そして、その「不信」というものが一体、何なのかということです。お父様というメシヤを殺してしまう程の「不信」。それはお母様が、お父様がお話しされている時に、そこにいなさいと言われるお父様の制止を振り切って出て行かれる「不信」なのでしょうか。お墓をヨスに移そうとされたお父様に反対し、それをさせなかった「不信」なのでしょうか。霊界通信を作らせて顕進様を追い出してしまった「不信」なのでしょうか。神山先生の答えは、それらのいずれでもなく、「そこまで私に言わせないで」でした。

■真のお母様と呼ばれるお方に、一体、どうして、なぜ、肉的堕落の推測話が、噂話が、あるのでしょうか。お母様を、本当に人類の真のお母様と信じているのであれば、その噂話の真偽を確かめないまま放置しておくことの方が、不敬そのものではないでしょうか。だから私は、亨進様と國進様にお尋ねしました。噂話が噂話であるのなら「そんなのあり得るはずがない、とんでもないことを考えるな」と怒られて、それだけで済む話です。そうしたら「お父様がお母様は堕落したと語っておられる。その堕落の意味は肉的堕落である」というお答えでした。

確かに、お父様を殺してしまう程の、お母様が犯し得る最大の不信仰とは、肉的堕落以外にあり得ないでしょう。神山先生が、お母様の不信の一番の問題点は何だと思われますかと問われて、知っているけども、お答えになりたくないものがあるとするなら、やはりこれしかありません。「これ深刻な話です。これはね、将来必ず問題になる話です。イエス様の死後2000年の間、問題にされたんです」とまでは、語られた神山先生ですが、お母様が肉的に堕落されたとは、「言わせちゃいけないよ、私に」でした。

 ***

■澤田:中心的にはお母様の問題ということで、私もそこに的を絞ってみたいんですけども。私は井口さんと懇意にしてるんですけど、井口さんは40日断食されました。その7回目の断食ですね、2003年5月1日から40日断食されたんですけど、それが実に驚くことに、お母様の堕落問題の解決の為に40日断食されたとおっしゃってます。それは、藤井会長が井口さんにお願いされたというんですね。

お母様が堕落されたので、それ何とかする為に、井口さんに40日断食をお願いし、それで40日断食したんだということで、そういうお話しが、本当なのかということ。神山先生はお母様のそういった事情を知っていらっしゃるんじゃないかと思いまして、そういうことについてもお話しをお伺いしたいと。

□神山先生:そんなさ、いろんなことを引きずり出して、暴き出してどうするの。もう、お父様から離れてしまった、それでいいじゃない。ああだこうだとか、言わせちゃいけないよ、私に。言ったって、どうってことないじゃないの。

■澤田:私達は、全然知りませんのでね。

□神山先生:そんなことは、知らなくていい。知っているのは、お父様は原罪があって、私はないのよ、それくらいでいいです。あんまりさ、根掘り葉掘り、引きずり出して、知る必要ないよ。お父様の心情圏に戻って下さい。それでいいじゃないの。私はそう思うけど、狂ってるかな。

神山先生5


最近、お母様が公の前で言ってることはいいけど、そうじゃないことを推測してね、井口も言うべきじゃないっていうんです。彼も推測ですよ。誰かから聞いた話をね。その人も推測ですよ。私は藤井さんに聞いたよ。それもね、そうじゃないかって、推測ですよ。誰かの話のね。なぜかというと、藤井さんの娘とうちの息子が祝福を受けているから、そんな中で聞きますよ。推測ですよ。それを井口が、また推測してあれこれと言う。最近、お母様の言った言葉だけでいいじゃないの。お父様は原罪があったんです、自分はないと。

それはもう、お母様がみんなの前で言ってるから。そうじゃないですよと。お父様によって教育されたことがないんですと、お母様は口で言うから、そうじゃないよとね。お父様によって本当に教育されていた姿を私は見ているよということを。それぐらいでいいじゃないの。そんなに、根掘り葉掘り、知らないがいいっていうんです。みんな推測なんだから。推測で言って傷ついたらいけない。

例えば、これも公の前でお母様、言われているから、私、言う話なんだけど、3男の顕進様が男女問題を起こしたと、何人もの女がいるんだと。何を言ってんだというわけね。見たのか、そういう女を連れてきたのかと、私、言いたいわけ。そんなことないよと。全部見てみれば、そんなことないですよ。どうして公の前で、推測で言うの。それはいけない、人を傷つけるよ。だからお母様の過去、男女問題があった、そんなことはね。

■澤田:それは推測じゃなくて、要するに、井口さんが断食するに当たって、しっかりと確認して、そして、お父様まで断食しますよと報告を入れて頂いてですね、藤井会長に。それで始めたんだと。

□神山先生:藤井さんからの情報だよ、それ。

■澤田:ええ、藤井さんからの情報なんです。

□神山先生:だから、そんなのはね、見た訳じゃないの、彼が。それも聞いた話よ。そういうところ、見たとかじゃないんだよ。彼が聞いた話を井口に話しただけの話だよ。文字になって、お母様が言われていることは言えるけど、推測の領域を離れない。

■澤田:私達も、ほんとはどうなんだろうかという、そういう根深い問題が、今日に、この不信の問題につながって来てるのかなと思ったんですけどもね。

□神山先生:最近、リーダーの前で言ってることでいいじゃないですか。みんなね、私達もお父様を不信してんだよ。自分の歩みを、ずーっと見て下さい。私だってお父様を不信した。だからそれを今、悔い改めてね、お父様の世界へ戻ろうという訳ですよ。みんな不信してんだよ。今、お父様のみ言に戻ればいいんですよ、み言に。

(ここで一旦、8/8の最後の部分「■澤田:4年と今、おっしゃったんですけども、4年の根拠というんですかね。もう4年目に入りましたよね」以下の会話が入る)

■澤田:最後におひとつですね、お母様の不信の一番の問題点を、一番の問題点は何だと思われますか。

□神山先生:私はそこまでは言いたくないよね。お母様が言われたように、お父様は原罪があり、私はないんですよ。そして、お父様は16の時、イエス様に会って、イエス様の立場を相続した立場だ。それで、長いキリスト教の歴史は私を探して来た。女メシアである私を探して来た歴史ですよという、その話はいけませんと。そうじゃないですよということですよ。お母様がいつ頃からおかしくなって、何でおかしくなったのか、そこまで私に言わせないで。

■澤田:その原因も、ちゃんとお考えがあるんですね。

□神山先生:そこまで言わせないで。そう言ってね、何があるかっていうんですよ。

■澤田:私がまとめたのではですね、お母様の不信の根本には、6マリア問題があるというふうに亨進様がおっしゃってる。結局それでもって、お父様の無原罪性を疑い、回りの幹部達もそうだそうだと。あなたこそがメシヤなんだと、吹き込まれたんだとね。

□神山先生:亨進様の言っていたことでいいんじゃないですか。亨進様が言ってるけど、亨進様はマホメットだって、たくさんの女性はいたんじゃないか、あの人だっていたじゃないか、この人だっていたじゃないかと。だからお父様に女性がいたって何が悪いの、ぐらいのことは言ってますよね。しかし、そんな次元の低いことは言うな、と私は言いたいわけよ。

■澤田:國進様はもうひとつ、もともとサタン圏の、そういうところから来られた方なんだ、そういうお話しもされましたね。

□神山先生:それは合ってる、お父様も言われているから。天から来るんじゃないよ、この地から。人間、この堕落した世界から、お母様を連れて来て、真の母にしなけりゃいけないということを、お父様言われているから、それは言えますよね。

■澤田:お父様との、メシヤとの深い出会いがお母様になかったということなんでしょうかね。

□神山先生:だから、さっきも言ってるじゃないですか、お父様は原罪があって、私には原罪がないんですよって。

■澤田:なぜ、お母様は側にいらっしゃったのに、神秘的なお父様を理解出来なかったのかという、それが私には非常に不思議なんです。

□神山先生:だから、あまり掘り下げない方がいいですよ。あんまり掘り下げてさ、知り過ぎてもね。

■澤田:私は掘り下げようと思って、お会いしに来たんですけども。

□神山先生:知ったとしてもね、あんまり意味ないんじゃないかな。

  おわり (神山先生、お話ありがとうございました)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
サンクチュアリ江戸川教会教会長
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
日曜礼拝参加ご希望の方は
上記までご連絡下さい
■私の退会届
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 検索フォーム