審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

149家庭連合の皆様!目を覚まして下さい!

■より多くの皆様に視聴して頂けるように、天福宮前ビラまきのあと収録したスピーチの内、6000双日本婦人の痛切なる訴えをここに再録しました。

■このご婦人は全羅北道の聖殿メンバーですが、この方達は5月28日から家庭連合の食口を対象に、韓鶴子総裁と家庭連合幹部達の間違いを糾弾し、彼らの退陣と贖罪を求めるデモを7回に渡って行いました。4回目以降は他地域の食口と共に行いました。18名から27名が参加しました。現在家庭連合からこのデモの内容に関して訴訟を提起されており、これからデモをする場合は1回に付き100万ウォン(約9.6万円)を支払えとの主張です。

①5月28日:全羅南道金大中コンベンションセンター(全羅南北道合同礼拝)
②6月4日:全羅北道教区本部前
③6月11日:全羅北道教区本部前
④7月2日:京畿道水原教区本部前
⑤7月4日:龍山区ソウル青波洞教会本部前
⑥7月5日:龍山区ソウル青波洞教会本部前
⑦7月6日:龍山区ソウル青波洞教会本部前


□世界の統一教会の皆様、私は日本で生まれて、1982年に真のお父様から6000双の韓日祝福を受けまして、86年に韓国に渡り、41年(信仰歴)になる6000双食口です。よろしくお願い致します。

私は6000双としていち早く韓国に来ましたが、お父様の聖和の後で数々の変化が起こりながら、よく理解できないままに従っては来ましたけれども、2015年、末の亨進様がYouTubeを通してたくさんのことを公開して下さる中で、ひとつひとつお父様の聖和に関して、そしてその後の大きな変化に関しての秘密が解けて行きまして、私たち夫婦は家庭連合を脱会し、今、亨進様のもとに一生懸命、信仰を歩んでおります。家庭連合の皆様は、真のご父母様を信じて本当に命をかけて来られたと思いますけれども、特に日本の食口の皆様、今、家庭連合がYouTubeを見るな、聞くな、そのようにおっしゃってると思いますが、皆様、はっきりと聞いて、そして見なければならない時が参りました。

私は昨年12月21日、姜賢實会長様をアメリカにお連れ致しました。私の主人は姜賢實会長の霊の孫でございます。姜会長は本当に多くの葛藤がございましたけれども、真のお母様が、真のお父様は原罪を持って生まれたとおっしゃるそのことについて、到底耐えることができないと決意され、90歳の年齢で、そしてまた、渡航される前日には、なかった血圧が非常に、最高に上がるというその中で、飛行機の中で死んでも、家庭連合で死んだのではお父様のもとに行けないという、霊的には死んだ状態だということをよく分かって、飛行機で死んでも、お父様のもとに少しでも近づいて死にたいという決意で、発って行かれました。

統一教会で、全ての食口の皆様が、真のお父様は原罪を持ってお生まれにならない真のメシヤであるというのは、統一神学の根本でございます。ここを否定したのでは、統一教会は行く道がない。また、お父様がメシヤでないということを宣言することになります。そのお言葉を真のお母様が発せられました。この事実を韓国の統一教会も日本の統一教会も世界の統一教会も伏せております。秘密にしながらおります。特に昨年、姜賢實会長が(手記を)出されてからは、ユギョンソク韓国会長が、そのようなことはお母様は言っておられませんという公文を出しました。

ところがその明くる日、12月です、クリスマスに、すぐ次の日に、また多くの幹部達を集めた前で、私が独生女であり、原罪なく生まれた、お父様の原罪を私が脱がせた、お父様を完成させたと言いました。またその次にも、430家庭以上の婦人達を呼んで、その場で、また同じことをおっしゃいました。これは原理にもなく、統一教会の信仰の神学の根本を崩す、そのお言葉が、お母様の口から出ているという事実でございます。これは今、お母様がお父様とは共に行っておられない、真のお父様がお母様と共にいることができない事実をはっきりと証明しております。

皆様、目をしっかり開けて、特に日本の皆様、生涯をかけて全ての万物を捧げて来られたその生涯が、今、真のお父様を否定し、別の道を行ってる真の韓鶴子お母様によって、とんでもないことになっております。全ての築き上げられた90年の生涯の功労と実績と、そして祝福家庭のその血統が完全に、また再び原罪を持って地獄の底に落ちるという、そういう事実が2013年1月13日の基元節に起こってしまいました。

私達は何も知らずにこのように付いては参りましたが、聖和された途端に礼拝堂のご父母様のお写真が変わり、そして天一国国家が変わり、家庭盟誓が変わり、本当にお父様が徹底せよと言われた内容が簡単に変えられて行くことを見ながら、おかしいとは思いましたが、真の父母、真の父母様はひとつだ、この言葉の故に、私達は何か意味があるのだろう、お母様の時代になったから、何か合理的な、何かその方法に変えられたのかと思いながら、よい方に理解しながら付いて参りましたけれども、末の亨進様がお話になられました、その全ての内容においてお母様が、そして國進様のお話によっても、30年も前からお父様のみ言に従わず、別の道を行って来られたということを私達は知るに至りました。それは本当に残念なことです。

お父様とお母様がひとつだと私達は信じてこの道を歩んで参りましたし、どのようなことも恐れずやって参りました。日本の皆様は特に、全ての財産を打ち投げて2世の子供達に学校にも大学にも通わされず、お嫁に出す時にも本当にお金のない、そういう状況の中で、777の方達も、今も本当に国から、みすぼらしいその国民の中の本当に貧乏であるという立場で、助けを受けながら生きておられるということを聞いております。そういう状況の中で、全世界の食口が全てを上げてお父様を支えて来られましたが、お父様がお母様と共にひとつでなかったというこの事実は、本当に私達の青天霹靂の出来事でございます。

しかしながら、私達が生涯をかけたこの信仰、今、三代王権としてお父様が亡くなられる前、確かに打ち立てられて遺言として残された、後継者代身者亨進様が、そして信俊様がおられます。この方々は、その原理とそして神学の根本が崩れる全ての内容を、お母様そうしないで下さいと訴えても、受け入れることのされなかったお母様の故に、帰って来るなと追い出されたそういう立場で、今ペンシルバニアにおいて、ひとり、この三代王権を支えて亨進様はその道を行かれております。今わずかな食口達だけが目を覚まして、亨進様と共に全世界で歩んでおる状態でありますけども、皆様、お父様に付いて来たのではありませんか。お母様のみ言を聞いて付いて来ましたか。お父様の原理を聞いて、お父様がメシヤであり、私達の原罪をぬぐって下さるメシヤと信じて、統一教会に入って来られたのではありませんか。

今、お母様はお父様を否定しておられます。今、お母様がどこに行っても講演されるとき、お父様の一言の言葉も出て来ません。本当にお父様のことを少しでも思っておられるなら、どうしてこのようにお話しすることができるでしょうか。皆様、本心に聞いてみて下さい。お父様は今や家庭連合の中には共におることができない立場におられます。皆様、悲しいことですが、2013年1月13日、この基元節の故に、真の子女様達も、そして全ての祝福家庭も、お母様の下さったその聖酒、お母様がお父様と関係のない立場で作られたその聖酒、お父様の種が入らないその聖酒を飲んだが故に、私達は堕落圏内にまた再び落ちてしまいました。2世も3世も、もう祝福家庭、原罪のない立場ではありません。

何よりもそのようになったのは、2012年1月にお父様が麗水に行っておられる間に、お父様なしで、内緒で神の結婚式を韓鶴子お母様ひとりで、金孝南氏と共に行ったという事実でございます。この内容は韓国の幹部達、ユンジュンノ氏を初めとして、本当に中心に立っていた食口達が、そのような結婚式を行ったという事実を聞いて、麗水から帰られたお父様の怒り狂う、その姿を見たことによって証明されております。どうか皆様、お母様がお父様の指示に従わなかったという事実、ご存命の時からお父様に従わず、神の結婚式という重大な3回目の結婚式を自分ひとりで、お父様の信じる神ではない神、サタンを中心として行ったという事実の故に、2013年1月13日基元節はサタン主管の基元節になったという事実でございます。ですから、皆様は目を覚まさなければなりません。

そのあと更に4大聖物を言いながら、また再び聖酒を飲ませ、全ての食口達を地獄の底に陥れる、そのような仕事をどんどんどんどんされておられます。皆様、サタンの目的は神の血統をなくすることでございます。お父様が来られたのは、イエス様ができなかった神の血統を地上に打ち立てるそのことの故でございます。それを今、家庭連合は隠しております。6マリアの事実も、お父様の血統転換の事実も、恥ずかしいお父様の堕落と言って隠しております。皆様、お父様がそのようであったら、お父様に付いて行かない、そのような信仰者ですか。

お母様がお父様を恥ずかしく思い、私がお父様を救ってやった、お父様が堕落血統で生まれたのを私がぬぐってやった、このような統一教会ですか。あなたが付いて来た統一教会がこのような姿ですか。そうではないでしょう。私達はお母様が草創期にほんとに涙を流して、お父様と言えば涙で、本当に早く苦労をぬぐって差し上げたいと言われたお母様を記憶して付いて参りましたが、今、お母様はご生前から、あなたは堕落血統じゃないの、離婚しろと言われた時には、離婚だけはするもんか、そのようにおっしゃいました。この事実を確かめたかったら、劉正玉先生に聞いて下さい。

独立教会

皆様、誰が嘘をついているのか、はっきり確かめなければなりません。私は6000双として教区長、巡回師、そして韓国の幹部達をたくさん会って参りました。亨進様がおっしゃっている血統転換、6マリアの事実、そしてお父様を裏切った数々の事実が、亨進様のお言葉が正しいのかを確認していきました。その時に、全ての幹部達、そして巡回師、教区長全てがこれを認めました。6マリヤの事実の材料まで、資料まで私にくれました。それなのに今は方向を変えて私達を追い出しました。もう一度、皆様はお父様を信じて来たその最初の心情にお戻りになられて、今の統一教会の姿をしっかり見つめて頂きたいと思います。

今、公職者の人達に会いますと何と言いますかと言いますと、真のお母様韓鶴子お母様は間違った道を行ってるのはみんな知ってると、みんな知っているが、しかし、食べて行かなければならないから、月給と退職金のためにお母様を信じているかのような態度で従って行きながら、真のお父様、再臨主メシヤをお金で売り払ったのでございます。ユダよりももっと大きな金額で、本当に真の父を売り払って、今、付いて行ってるのでございます。きょうは天福宮の前で日本から飛行機に乗って来た方と共にビラ配りをしましたけれども、幹部達が出て来て、そんな大嘘を言うな、真の母を、そして母親を、悪口を言うな、そんな息子の話は聞くな、そのように反対しました。

しかし、真の父を否定する、真の父が原罪がある、そのように言う真の母をなぜ否定しないのでしょうか。皆様、目を覚まして下さい。韓国全てが本当に失敗致しました。韓国のキリスト教も失敗しましたが、韓国家庭連合が本当にお父様を裏切りました。お父様が2012年8月14日、ソンモ(聖母)病院に再び入院されたその日から、天正宮ではお父様の聖和の準備が始まりました。その日からです。お父様を生きて帰そうとは思っていなかったのです。お母様がそのような指示を出したのです。

私達はカンジュの教区から始めて、先月7回、教区と、そしてソウルのキョッペ、教会本部の前で7回を、デモをやりました。それに対して今家庭連合が控訴(訴訟)しております。たくさんのことを訴えましたが、その中で3つ、清平の詐欺、そしてお母様が霊肉堕落したその事実に関して、そして賭博、お母様の賭博、この3つに対して証明しろと、証拠を出せと言って参りました。お母様の霊肉堕落、霊的堕落は2012年1月のひとりで行ったサタン中心の3回目の結婚式であります。肉的堕落はお父様のみ言の中に、お母様が堕落したオンロク(凸凹)の話が出ております。霊的堕落ではありません。肉的堕落として出ております。

これを精算するならば、カインとアベルとひとつにならなければならないとお父様がおっしゃっております。2012年カンウォン道のマルスムの中でも、エバが上になって堕落をしながら、その過程で下になってサタンの種を受けたとはっきりおっしゃっております。ラスベガスの賭博に関しては、既にたくさんの元老達が知っております。耳が痛くなるほどたくさん聞いて参りましたし、写真と、そしてそういう内容を証拠として挙げました。

清平の詐欺は、もう金孝南もおりません。霊媒をするものもない、そこでどうやって霊人達を探して、どうやって解放するのですか。天使が来てするとか、いろいろ言っておりますが、お父様が命令したのは120代、210代まででございます。今430代までやれと言っているではありませんか。そのような、お父様が指示してないことを、できもしない、霊媒者もいない、そこらでやっている事実が詐欺であることは明確であります。

末の亨進様は日本の食口達に献金をするのはやめなさいと、既におっしゃいました。後継者代身者がはっきりとおっしゃっておられます。皆様、献金をするのはおやめになって下さい。家庭連合では今、み旨の為には使っておりません。お父様が亡くなられて以来、全てのお父様の功績、事業、全てのことが中断されました。国家メシヤも戻って参りましたし、ピースカップもやめてしまいました。平和自動車もやめました。もう全てのことにおいてお金を使う場所はありません。

今、清平に莫大なお金を投入して建てておりますけれども、それはお父様が理想としたそのようなものではございません。皆様も聞いたことがないでしょう。今、そのものを建てて行くために、都元ビルディングも売りに出しました。今、教区本部も、テグ教区とまた別の教区本部も売りに出すという話が出ております。皆様、九里聖地がもう全く何もないただの平地になったのをご覧になりましたでしょう。永遠にガラスの箱に収めて保存しろと言われた九里聖地が、アパートを建てるために食口達が投票して売らないことになったにも係わらず、それをひっくり返してまた売れと、お母様が命令しました。法律的に完全に不法な方法で、あの聖地を売り払いました。

皆様、今、何が起こっているかをはっきり知らなければなりません。お父様が大切にされたものは、本当にひとつも残らず、何よりも祝福家庭の血統が完全に断絶されました。皆様、しかし今、ペンシルバニアにお父様が立てた代身者がしっかりと立っておられます。そして信俊様に王権のまた、即位の儀式をされましたし、本当に私達は行く道が開かれております。堕落した圏内からもう一度お父様の祝福権限に帰ってくる、祝福をなさる蕩減条件まで立てて頂きました。ですから皆様、帰ってくることができるようになっております。皆様、もう一度、初心のその最初のお気持ちに帰られて、お父様がおられない統一教会、お父様がおられない家庭連合に籍を残して付いて行くことが、何の意味もないということをはっきり知って下さい。

どうか私達嫁いだ日本人も、責任を果たせませんでした。今、この韓国は摂理国家からはずれ、日本も摂理国家からはずれ、天の審判が下るとお父様が亨進様の口を通して語られました。そういう深刻な時にございます。しかしながら、全世界がお母様の失敗により蕩減の道を7年間行かなければならないけれども、その蕩減の故に、しかし神の王国は必ず成るとおっしゃっておられます。皆様、私達がこの道に来たのはキリストの王国、神の王国を築くためでございます。国がない国がないと亡くなるまでお父様が訴えて来られた、どこかの島でも買おうと言われた、その心情を思い出して下さい。

皆様、国を建てるために命をかけなければならないのに、今お母様は清平に何を建てているのでございますか。この韓国に主権を持って来ることはできなくなりました。お父様が命があり、意識がある時にマスクを取ろうとしました。生かそうとはされませんでした。この事実を皆様、はっきりとお知りになって下さい。私達がこのことを訴えた時も家庭連合はそれを控訴(訴訟)は致しませんでした。事実だからでございます。私達が責任を果たせなかったし、韓鶴子お母様もサタンの背後の力によって、今とんでもない道を行っておられます。

皆様、目を覚まして下さい。子供達の手をつないで、もう一度お父様の権限に帰って来なければなりません。どうか目を開いて目を覚まして、どうか今、代身者相続者亨進様のお声に耳を傾けて下さいませ。そして私達は王国を築くために聖書にあるように最後の小さな戦争、そこまでも準備しながら、銃を持ち、お父様が銃を本当に持って、最初から店舗を作ってやってこられたように、私達は口で、み言だけで天国を創るんではありません。私達の力で血を流しながらサタンに奪われた王国を地上に築く最後の使命が残っております。

皆様、力を合わせて亨進様と共に、信俊様と共に三代王権をしっかり支えながら、共にお父様のもとに歩んで参りましょう。霊界でお父様の前によく来たと言って下さるような、そういう私達となる為に、お母様に従って行く限り、聖和式をしても家庭連合ではお父様にお目にかかることはできません。はっきりとそれをお分かりになりまして、今、お父様が誰と共にあるのかはっきり知って、三代王権と共に、お父様のなされなかった無念なこの心情を、解放して差し上げようではありませんか。ありがとうございました。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

澤田地平

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
サンクチュアリ江戸川教会教会長
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
ご連絡お待ちします。
■私の退会届
■제탈퇴선언
■天から来た通知
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 検索フォーム