審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

14 青空の十字架

■私はペンシルベニア滞在中「洋介のブログ」でおなじみの、田代洋介さんのご自宅に泊めて頂きました。洋介さんは約1年前にサンクチュアリ教会の近くに越して来ようということで、物件を探している時に、売り出し中の看板を見つけ、現在の牧場付住宅を購入されたそうです。サンクチュアリ教会からはスムーズに行けば車で7分、余裕を持って運転した場合は8分という近さにあります。ただし、歩けば1時間くらいかかると思います。

私は日本から飛行機でJFK空港に到着し、そこからエアートレインと地下鉄Eトレインを乗り継いで、ポート・オーソリティ・バスターミナルまで行き、そこから更に高速バスに乗り、ポコノ(POCONO)で降りました。バスに乗る時に、電話でポコノ到着時刻を洋介さんに伝えていましたので、着く頃に迎えに来て下さいました。ポコノのバス停から、洋介さん宅までは車で30分程です。

洋介さんの奥様はオハイオ出身のアメリカ人マーサ(MARTHA)さんで、1971年に、すぐ上のお姉さんから伝道されたそうです。小柄な方で身のこなしが軽く、働き者という印象を受けました。洋介さんの家には他に息子さん二人と上の息子さんのお嫁さんが住んでおられますが、今回のようにサンクチュアリ教会の行事がある時には、ご家族全員が総出で、その準備に取り組んでおられました。もうひとりトモミさんという、これまた働き者の日本女性の方が住み込みの形で奥様を手伝い、また、サンクチュアリ教会の台所仕事を忙しく切り盛りしておられます。

■私は帰る時は、来たコースをそのまま逆に戻りましたが、ポコノバス停までは、洋介さんと奥様そしてトモミさんが送って下さいました。私は恐縮しながらお礼を述べ、今回お世話になったことを私のブログに書こうかと思いますが、それによって泊めて下さいという人が増えて、洋介さんが忙しくなっても困るのではないかと思うのですがと尋ねると、その為に越して来たんですよというお答えでした。

すなわち、二代王様に仕え、また遠来の食口のために最大の便宜を図ることを生活の第一に置くということだと思います。その簡潔な答えに、洋介さんの見事な信仰姿勢が現れていると思います。そして、その姿勢が洋介家全体のサンクチュアリ教会への総動員体制を自然に形作っているのだと理解しました。




洋介さんは主にビデオ撮影とその動画の配信を担当しておられるようですが、他に日曜礼拝時の昼食用カレーの提供を心がけておられるようです。ブログでもそれを紹介しておられますが、今回その製造風景の動画を撮りました。教会では昔から礼拝の後はカレーという伝統が残っていますが、サンクチュアリ教会でもその伝統が作られるなら、私がカレー好きというだけの理由ですが、嬉しいなと思います。

■さて、ペンシルベニアは雨と晴れが一日おきに繰り返し、次第に寒くなって霜が降り、雪も降ったりする天候でした。10月31日はかなり冷え込みました。ところが、11月1日は青空の清々しい朝を迎えました。その前日、10月31日はハロウィンでした。

□10月31日:ハロウィン、あるいは、ハロウィーンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。(Wiki)

■ハロウィンは、最近日本ではコスプレの流行と重なって社会現象となり、まるで見えない地獄が視覚化されて地上にあふれ出しているようです。悪魔が大手を振って地上に繰り出して来るような、気持ちの悪い風習です。




そして、今回30日に、全歴史過程における生まれなかった胎児を含む先祖解怨祝福式を完了し、翌31日に、真の子女の日の名節行事を終え、その翌日が11月1日でした。この日はカトリックの記念日だそうです。

□11月1日:諸聖人の日(しょせいじんのひ)は、カトリック教会の祝日の一つで、全ての聖人と殉教者を記念する日。古くは「万聖節」(ばんせいせつ)と呼ばれていた。カトリック教会の典礼暦では11月1日。(Wiki)

■この帰る日の朝、青空を背景にした十字架が、高台にある洋介さんの牧場を覆うように現れました。奥様が家の中にいる洋介さんを急いで呼びに行かれ、洋介さんと滋君が何事かとポーチに出て来て空を見上げておられましたが、「何だ飛行機雲じゃないか」という感じで、関心がなさそうでした。奥様とトモミさんは大喜びでした。

前日と打って変わって、晴れ渡った青空に、大きな十字架を見上げながら、私は何かが解放されたような、清々しい気持ちを味わいました。洋介家の皆様、ありがとうございました。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

澤田地平

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
サンクチュアリ江戸川教会教会長
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
日曜礼拝参加ご希望の方は
上記までご連絡下さい
■私の退会届
■제탈퇴선언
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 検索フォーム