審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

138青葉台家庭教会ビラまき

■青葉台家庭教会の皆様にビラをお渡ししました。おそらく、サンクチュアリに対する意識も準備もなかったのでしょう。多くの方が素直に受け取って下さいました。中には論戦を挑んで来る方がありましたが、お母様が無原罪であるということに無頓着でした。どうしてなのかと思いますが、やはり原理の理解が不足していると考えるしかありません。


よく、ご父母様を否定して祝福が成立するのか→成立しない→私達は祝福を授かったではないか→だから父母様を否定できない→という論法を振りかざす方がいらっしゃるのですが、祝福を受ける→家庭出発→2世誕生→親の祝福が壊れる→2世は2世でなくなるのか→2世は2世のままである→という考えを応用すれば→ご父母様から祝福を受ける→お母様が失敗される→祝福家庭には何の問題もないということになり→お母様の失敗と祝福ウンヌンは無関係です。

原罪なく生まれた

お母様の無原罪発言は、光言社のお陰で、世界家庭の5月号と7月号にはっきりと記載されました。これで、お母様の無原罪発言は疑いのないものになりました。お母様の無原罪発言に対して無頓着な方は初めからお話になりませんが、原理を理解し、お父様をメシヤとして確信を持っていらっしゃる方にとって、もはや、このようなお母様を信じ続けることはできないはずです。

原罪のない娘として

そして、そのようなお母様の真実を知る立場にある責任者が、今日まで、お父様とお母様は完全一体だと嘘をついて食口を騙してきたことに気がつくようになるでしょう。宋龍天夫婦と徳野英治夫婦は犯罪者として糾弾され、彼らの居場所はどこにもなくなるはずです。


□お母様:私たちは違わなければなりません。既存の思想や哲学やそこに立脚した人格教育ではない、神様を主体として、真の父母を教育する人格教育となり、教材が出てこなければなりません。
(孝情・人格教育教材編纂委員会特別晩餐会2017.5.27)

有名な学者の言葉2

□お母様:皆さんの家にお父さんとお母さんがいる時、皆さんのことをより思い、尽くしてくれる人は、お父さんですか、お母さんですか?今日の現状を見て、宗教的に考えなくとも人類はこのように考えています。「男性によって作られた世界には限界が来た」、「女性が立ち上がらなければならない。女性、母が中心とならなければならない。」そうして「すべての面から治癒、改善、開発、方法を見つけなければならない!」これは私が言った言葉ではなく、有名な学者が言った言葉です。(ヨーロッパ・東北大陸天一国指導者特別総会2017.6.26)




にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

澤田地平

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
サンクチュアリ江戸川教会教会長
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
ご連絡お待ちします。
■私の退会届
■제탈퇴선언
■天から来た通知
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 検索フォーム