審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

132つつじ祝祭無原罪ご発言

■中和新聞といえば、その速報性が命です。記事が早い順に、世界日報、中和新聞、U-ONEニュース、ファミリー、祝福でした。世界日報は大きな出来事しか報じませんから、教会関係の動きを週単位でチェックできていたのが、当時FAX送信されていた中和新聞でした。週刊ブリーフィングやU-ONEニュースが充実している現在においても、速報性だけは中和新聞が上だと思います。ところが、その中和新聞が1カ月前のつつじ祝祭の記事を6月6日付けで配信しましたので、これは遅すぎると思い、不思議に感じていましたところ、6月9日、つつじ祝祭の動画が配信されました。


5月6日のつつじ祝祭でのお母様のみ言は、「天は…原罪のない神様の娘として生まれた、独り娘を探し出しました」という、無原罪発言を含んでおり、これはPEACE-TVによって、既に5月10日に配信されていたものです。ふつう、PEACE-TVでみ言の動画が配信されれば、しばらくして、同じ動画が大きな字幕を付け直して、日本側でも配信されますが、このつつじ祝祭の動画は日本側では配信されていませんでした。お母様の無原罪発言が含まれているので、隠しておきたかったのだと思います。

それではなぜ、この隠しておきたかった動画が配信されたのでしょうか。私の推測では、「お母様がお好きなように語られて、その責任はお母様がお取りになればいいんじゃね。下手に気を遣い、苦労したあげく、徳野会長のように、逆にお母様から責められでもしたらワリ合わないし、そもそも、3講師の無原罪講義をUPしても反響がないんだから、キイ使わないでいっか、もう…」というところでしょうか。3講師の動画ですが、せっかく再UPして下さったのに、光言社ポータルサイトのメンテナンス後、カテゴリ「真の父母の絶対価値」が空っぽですよ。

■さて、昨日はアジア太平洋世界平和青年学生連合創立式がタイのバンコクで開催されました。大きな会場が一杯だったので驚きました。そこで、私の関心事の2番目(1番目はお母様のご発言)は、幹部席に誰が座っているかということなんですが、小山田先生、宋総会長、李成萬局長、堀正一教区長、梶栗正義事務総長を見つけました。そして、徳野会長が見あたりませんでした。やっぱり…

徳野会長また?

第1部で、二人の日本人青年が英語でプレゼンを行い、また日本のバンドチームが歌っていましたので、世界的な青年学生運動の分野においても日本の存在感が大きいということが分かりました。そうであるならばなおさら、「アジア太平洋」を冠するこの大会に、徳野会長がいらっしゃらないというのは考えられないことです。例の問題が尾を引いています。


真理を問う行動618


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

澤田地平

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
サンクチュアリ江戸川教会教会長
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
日曜礼拝参加ご希望の方は
上記までご連絡下さい
■私の退会届
■제탈퇴선언
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 検索フォーム