審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

121東京1万人大会ビラまき

■昨日、有明コロシアムにて「2017母の日 孝情文化フェスティバル in TOKYO」が開催されました。私達はりんかい線国際展示場駅前で家庭連合の皆様を待ち受け、ビラを配りました。1000枚程配ることができました。私達が手渡した後、家庭連合のスタッフはポリ袋を持って、ここに捨てて下さいと呼びかけながら回収を試みていました。

私の前を通り過ぎた方の中には古田社長と小山田先生がいらっしゃいました。私はお二人にお母様の間違いをはっきり言って下さいと、拡声器を通してひときわ大きく呼びかけました。古田社長は鷹揚に笑う反応、小山田先生は私を指さして「お前が間違っている」というような反応を、それぞれしておられました。松濤本部前ではお会いすることができなかった大物幹部であるだけに、この日の大きな収穫でした。


私達は午前10時から開会時刻の午後2時まで活動した後、荷物を片付け、全員手ぶらで有明コロシアムを見学に行きました。広い駐車場のコロシアム寄りに停めてある車の中に、5台の黒塗りの乗用車があり、ナンバープレートを見ると例の2020や699や430が並んでいました。しばらくすると警備スタッフがぞろぞろとどこからともなく現れて来て、「敷地から出なさい」という、これまた例の言葉を聞かせてくれました。私達はやや素直にその言葉に従い、駐車場から出ました。この間、家庭連合は例のごとく、警察を呼んでいました。

514有明チラシ表

そして、境界線のところでコロシアムを背景にビデオ撮りを始めていたところが、私達のすぐ後ろにバスを2台移動させてコロシアムを隠してしまいました。私達は笑ってしまいました。清平での出来事を思い出しました。あの時も家庭連合はバス2台で目隠しをしていました。

514有明チラシウラ

その時私は、私達のビデオにコロシアムが映らないようにしているのかと思いましたが、後で考えると、清平と同じく、お母様から私達の姿が見えないように、私達の方を隠したのだと分かりました。お母様はご自分の出番を待つために貴賓室におられたと思いますが、きっとその部屋は、窓から私達が見える位置だったのでしょう。もしかしたら、清平でバスによる隠蔽作戦を指揮した韓国人が同行しており、その人物の指示だったのかも知れません。


□お父様:万王の王、万王の王が、真のお一人の神様、真の父母様もお一人の父母、万世代に天と地に、どんな国に、時代に、民も一人の血統の国民、一つの天国の子女だ。血筋が同じ。天宙平和統一連合本部は、本部も絶対唯一の本部だ。この本部が二つあることはできない。天地平和統一連合という言葉はないと、統一、統一とします。統一本部も絶対唯一の本部だ。その代身者、相続者は文亨進だ。それ以外の人は異端者であり、爆破者だ。その内容は、以上の内容は真の父母様の宣布文だ。文鮮明!として印を打ち、2010年4月23日 。(2010.6.5)

戴冠式2

□亨進様:2009年の天正宮での、三度、神様王権即位式が行われました。世界各国の代表からのいろんな王冠、種族を代表しての王冠が捧げられ、八大宗教の代表がギフトを捧げました。私達夫婦はご父母様の後を歩かせられて、王冠式ではお父様から祝福を頂きました。この時にお父様から相続を受けました。この時の祝福は過去の人類歴史のどんな祝福よりも重要なものでした。お父様の祈祷を聞いてもらえれば分かります。
お父様は、再びセレモニーをされました。それで終わらず、お父様はまたその次の日も行なわれました。アメリカに飛んで同じセレモニーをマンハッタンセンターで行ないました。この時は2つの大陸で3つの違ったセレモニーをされました。お父様は世界、天宙に対して宣言する為に何度も行なわれたのです。(中略)

その後、2010年にお父様が宣言文を書かれました。「万王の王はお一人の神様、真の父母様もお一人の父母、万世帯の民も一つの血統の国民であり、一つの天国の子女である。天宙平和統一本部も絶対唯一の本部だ。その代身者・相続者は文亨進である。その外の人は異端者、爆破者である。以上の内容は真の父母様の宣言文である文鮮明印」
私自身が相続したのではありません。私自身が任命したのではありません。王の王であるお父様が成されました。お父様が私を代身者に、相続者に任命しました。お父様は名前だけでなく印を入れられました。王の印です。(2015.3.15)

真理を問う行動521


■澤田:家庭連合の皆様、ようこそおいで下さいました。2017、母の日、孝情文化フェスティバル in TOKYO 1万人大会へようこそ、おいで下さいました。私達はサンクチュアリ教会のものです。ビラを配っておりますので、是非お受け取り下さい。ビラをお受け取り下さい。そして、お読み下さい。おうちまでお持ち帰り下さい。回収されないように、ビラを受け取られた方は回収されないようにして下さい。それは家庭連合が知ってほしくない、知ってほしくない真実が書いてあります。家庭連合が知ってほしくない真実が書いてありますので、おうちまでしっかりとお持ち帰り下さい。

世界平和統一家庭連合の皆様、2017母の日、孝情文化フェスティバルにようこそおいで下さいました。チラシを、私達は配っておりますので、はい、どうぞお読み下さい。おうちまでお持ち帰りになってですね、しっかり、お持ち帰り下さい。そしてご主人に見せて下さい。そして教会長に、このチラシを見せて、このことは一体何なんですかと。初めて聞かれる方もいらっしゃるでしょうし、あるいはもう、うすうす、噂としては知っておられる方もいらっしゃるでしょう。そしてお母様が無原罪であるというお話は、本日直接お母様から皆様方が聞かれるでしょう。 

■男性1:お父様を愛しましょう。お父様を愛しましょう。お父様を愛しましょう。

■澤田:家庭連合はこのような真実を皆様方から隠して来ました。隠して来ました。しかし、もはやその秘密をお母様自らが破っておられるのです。お母様は、きょうも、真実を語って下さるでしょう。すなわち、ご自分は無原罪で生まれた独生女であるということを、皆様方1万人の前ではっきりと語って下さるはずです。そしてその言葉によって、 目覚める人が、きょうはたくさん出て来ると、このように私は期待しているのです。 今までくすぶり続けて来たその火が、種火が、どっと炎を出して燃え盛り、きょうはその大きな節目になると私は思っています。

ですから、皆様方、ビラを配っておりますので、家庭連合の皆様、カラー刷りのきれいなビラを配っておりますので、ぜひそれを受け取って下さって、おうちに帰ってゆっくりご覧下さい。そのビラを、そこで出してると、家庭連合のスタッフから取られちゃいます。バッグに入れて隠して下さい。そしてビラはもらっていませんと、このようにはっきりと、スタッフに答えて下さい。家庭連合のスタッフはそのビラを嫌ってます。真実を皆様方に知ってほしくないのです。

はい、チラシを受け取って下さい。 はい、皆さん、ここに真実が書いてあります。そして、読んで下さって、ご自分の頭で判断して下さい。そして判断できない場合は、教会長に聞いて、教会長にこのチラシの内容は本当なのですか、本当にこの太田講師、阿部美樹講師、赤石僚講師は、お母様が無原罪であるという講義をしているのですかとはっきり聞いて下さい。

■堀:皆様こんにちは。私どもは、人類の救世主、再臨のキリストである、文鮮明先生の正統な後継者、アメリカ在住の文亨進牧師に従う、サンクチュアリ教会の信徒でございます。

救世主の妻は、救世主に絶対服従しなければなりません。文鮮明先生が地上にいらっしゃる間、韓鶴子氏は、その責任を果たすことができました。しかし、文鮮明先生が霊界に行かれた後、韓鶴子氏は、救世主への裏切りを犯してしまいました。救世主は、神様の血統を持って来られる男性です。その直系の血統は、救世主の息子に受け継がれます。文鮮明先生は、血統が何よりも大切だとおっしゃいました。韓鶴子氏は、救世主の息子を尊重すべきでしたが、それができませんでした。

救世主の血統を押しのけて、韓鶴子氏の血統を称賛することは、文鮮明先生の教えと違っています。しかし、韓鶴子氏は、既にそれを行ってきました。きょう、この日本でも、それが行われるかどうか、私どもは大変心配しています。
救世主の妻の人生は、大変な苦労の人生でした。最後に、のびのびと権力をふるってみたい誘惑がありました。しかし、救世主の妻は、救世主の教えに従うべきでした。今からでも、韓鶴子氏が、間違いを正して下さることを願っています。

■男性1:私、サンクチュアリのものです。私は本当にお父様を救世主と信じ、頑張ってるものです。お父様が亡くなられたけど、もう死んだという変な人がいますけど、私は、お父様は生きてるんだ、お父様は死んでない。お父様の言うことが絶対だ。お父様と話し合うぐらいの気持ちでいなきゃいけない、皆さん。お父様の言った、亨進ニムに二代王を継がせる。それは真実じゃないですか。遺言書もできてます。逆らった者は爆破者だ、異端者だ。その真実の遺言書が存在する限り、皆さんもそれを真剣に受けとめましょう。お父様が言った遺言書の内容、7番目亨進ニムに逆らう者は異端者、爆破者である。その本当の遺言書を皆さんもきちっと確認しましょう。You Tubeで出ます。コピーもあります。

絶対的なお父様、神様も気持ちを絶対的に伝えられるのはお父様でした。そして代身者に選んだのが肉体を持った亨進ニム、7番目亨進ニムなんです。皆さん方、どう教わってますか。その事実を否定されてますか。でもYou Tubeを見ると、あの、逆らう者は異端者、爆破者となってますよ。遺言書の内容をきちっと確認しましょう。それはオモも同意されてます。それは真理です。YouTubeに出てます。同意したオモニの姿も出てます。お父様は本当に亨進ニム、7番目亨進ニム、お父様は本当に継がせようとして遺言書まで書かれました。YouTubeを見て下さい。本当にその話が出て来ます。隣でオモニも同意しています。文書を見たい人はコピーを渡せますよ。この大事なこと、お父様の遺言書、絶対なんです。皆さん、分かって下さいよ。

あと、3回、亨進ニムの頭に王冠を被せた事実もYouTubeで出ます。それを本当に皆さん、YouTubeで見て下さい。お父様が今生きてて働いてますし、肉体を持った代身者が必要なので、二代王亨進ニムなのです。お父様が代身者に選んでいる以上は、その方に従うしかないのです。皆さん、分かりましょうよ。それだけ、今大事な話をしてますよ。本当に大事な話をしてます。7番目亨進ニムにお父様は、二代王に、また代身者にということで、必死で、お父様は遺言書として託したんです。皆さんは裏切るんですか。お父様を裏切るんですか。裏切っていいでしょうか。

遺言書に裏切る者は異端者だ、爆破者だ、そこまで書かれてるんですよ。天国と地獄があるじゃないですか。結局、皆さんは地獄に行くんですか。臭くて汚い、魚の腐ったような地獄、皆さんは行きたいですか。そんな、私は行きたくないです。だから、7番目亨進ニム、代身者と認めてるんです。分かりますか。地獄はほんと、臭くて汚い。魚の腐ったような臭いがする。そんなとこなんですよ。皆さんは行きたいですか。行きたいという人がいれば信じられない。お前大丈夫かよとか、あんた大丈夫?と言いたくなるんですけど、私。臭くて汚い地獄になぜ行きたいか。

お父様に従うか従わないかのどっちかなんですよ。従わなきゃいけないんじゃないかっていうか、神様との約束でもあるじゃないですか。なぜ従えないんですか。お父様を愛してれば愛してるほど、従えばいいだけのことじゃないですか。神様は30億の女達を生み変えるためにメシヤの体を使ったんです。オモニは嫉妬に狂いサタン化しました。付いていけば地獄、お金を払えば地獄、待ってるのは地獄、臭くて汚い地獄。魚の腐った臭いだ。魚の腐った臭いの地獄に行きたいのか。魚の腐った地獄に行きたいのか。あなた達、霊界ないと思ってますね。もう統一教会の時代から、もう不信しているんですよ。しっかり統一教会時代から習って来たことでしょ。

■澤田:皆様、こんにちは。5月14日、本日は「2017母の日孝情文化フェスティバル in TOKYO」ということで、1万人大会、お母様を迎えて、今、向こうの有明コロシアム、このドームで行っています。手前にいるのは家庭連合の警備の人達で、今、こっから少し入っただけで、出て行けと言って、文句を言って来ましたので、ここまで下がって来ました。今日はですね、このビラを配りました。私達有志がですね、配りまして、まあまあの人達がですね、受け取って下さいました。ところがもうすぐですね、先の方では家庭連合のスタッフが待ち構えていまして、その袋に捨てて下さいって言って、どんどんその私達が配っているこのビラをですね、集めてました。

しかし、みんながみんなですね、受け取った方が全部捨てられたのかというと、そうではなくて、やはりきちっとですね、持って下さってですね、いる方もいらっしゃいましたので、まだ何枚くらい配れたのか数は出してないんですけども、3千枚これは刷ったんですけども、半分までは行かなくて、千枚ぐらいは、千枚弱でしたね、まくことができたと思います。きょうはですね、この会場の中で、きっとお母様がご自分が無原罪であるということを語って下さると思うんです。それをおっしゃらなければですね、お母様は来た意味がないと思うんですね。

結局、これから120日路程が、もう出発してるわけなんですけどもね、前回の120日路程の実績がですね、芳しくなかったんです。それはもう、お前達にまかせておけないと。お母様における全ての勝利のポイントはですね、真の父母を証すこと、真の父母に侍ること、ということなんです。その真の父母とはご自分のことなんですね。だからそのご自分のことをはっきりと証せよ。どうして無原罪と私が言ってるのに、無原罪と言わないのかという、こういうですね、お母様には責める気持ちがあるわけなんです。だからお前たちが言わないんだったら私が言うと、いうですね、そういう心づもりでいらっしゃると思うんですね。

それでその前回の120日路程が、実績が悪かったと、私は想像しています。なぜならば、その完結直後の3月2日に急拠また400名の全国責任者会議がありまして、そこで結局人事異動の発表だったんですね。16地区を11地区に縮小するその発表でありました。ですから、これは献金がですね、思うように集まらなかったんだと思います。そしてその120日路程の締め切りにですね、HJ天苑の、そのプロジェクトの発表があったんです。すなわち、ご聖誕記念日と4周年の基元節の、これに向けてのHJ天苑プロジェクトのですね、10個の完成予想図を私達は見ましたけれど、あの発表がなされたんですね。ぶち上げたはいいんだけども、それを実現するための予算がですね、少ない、献金がないということでですね、たぶん120日路程というのは、非常にショックだったと思うんです。

ですから、次の120日路程には絶対に、このHJ天苑プロジェクトですね、この実現がかかっているということで、お母様直々に乗り込んでこられたのじゃないかというふうに思うわけです。そして、その運勢をつける出発のための、この出発にはですね、私が無原罪の6千年振りの独生女であるということを、はっきりと明言すること。というですね、ここにお母様が懸けておられる、というような、私はそういう感じがするんです。

そして一方、幹部達はですね、それだけは言ってほしくないというですね、そのせめぎ合いが、今、まさしくですね、会場内で行われているところじゃないかと、私は思うんです。是非、はっきりとお母様にはですね、無原罪であるということを明言して頂きたいと思います。もう既に、この4月12日のご聖婚57周年記念式ではっきりとおっしゃっていますし、つい先日、つつじ祝祭ですね、5月6日でも、はっきりとおっしゃっています。いうことで、それに私達は期待するわけでございます。
 
■堀:きょうは、1万人大会ということで、大勢の人混みがありまして、演説のしがいがありました。私が担当した時間は全部ではありませんでしたれども、私が演説している時に小山田さんが通りかかってくれたのが嬉しいことでした。小山田さん、分棒王でしょうか、最高委員会でしょうか。でも、もはや小山田先生とは呼べなくなってしまいました。先に生まれたという意味では先生ですけども、ものを教えてくれる先生ではなくなってしまいました。きょうの演説の内容は私のブログに出させて頂きたいと思いますので、もしも、人にものを教える先生であり続けたいというのであれば、是非私に教えて頂きたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

■澤田:「真理を問う行動5.21」皆様のご参加をお願い致します。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

澤田地平

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
サンクチュアリ江戸川教会教会長
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
日曜礼拝参加ご希望の方は
上記までご連絡下さい
■私の退会届
■제탈퇴선언
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 検索フォーム