FC2ブログ

審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

247松濤本部前行動8.26/ミセス・ダーストが作った夢

■聖和6周年記念行事参加のため、幹部級の人達は誰もいませんでした。大西江原両部長がいつになく強硬姿勢で私達に対抗してきました。おそらく日本を留守にするにあたり、近藤局長から私達に強く当たるように言い残され、それを忠実に実践したのでしょう。

聖和6周年記念敬礼式は御聖誕日の敬礼式と同じく韓氏オモニ一人、椅子一つの敬礼式でした。祭壇も山盛り積み上げ方式でした。そこで上映された映像も韓氏オモニが大きな大会で語る姿をつなげたもので、お父様は一切登場されませんでした。この映像の中に私の目を引く箇所がありました。それは田中富広副会長が大きく映し出される場面(08:48〜52)で、私は思わず声を上げそうになりました。

田中副会長

■さて、8月14日の帰国勝利祝勝会で韓氏オモニが語った内容について、PEACE-TVにはなかった部分が中和新聞では掲載されていました。それがミセス・ダーストの夢の話です。ミセス・ダーストは、以前からお父様が現れ、お母様のために精誠を捧げるように願われたと証して、「お母様は、世界中を行き来しながら『私は独り娘だ』と語り続けなければならない」とのみ言を下さったということを、韓氏オモニに話したというのです。

私は、この夢はミセス・ダーストが作ったウソの話だと思います。徳野会長を初め、いろんな人がウソをついているということを私は指摘して来ましたが、ここにきて予想外の大物がウソをつき、それが韓氏オモニの口から語られました。ミセス・ダーストにはガッカリです。


ミセス・ダーストには韓氏オモニを喜ばせればお金がもらえるという動機があり、知恵を働かせてこの夢を考え出したのです。韓氏オモニを持ち上げるには願ってもない夢の証なのに、PEACE-TVはなぜこの部分をカットしたのでしょうか。それはミセス・ダーストの不純な動機を見抜いたからです。中和新聞の武藤記者はそこまで分からなかったのでしょう。

韓氏オモニはこの夢の話が嬉しかったかといえば、微妙なところがあります。お父様に反逆しているのですから、お父様がそう言われたと聞いても率直には喜べないところがあったと思います。しかし、ブラジル大会がひどくて気持ちが落ち込んでいた時ですから、韓氏オモニにとってプラス材料にはなりました。ミセス・ダーストもお金をもらったはずです。

ミセスダースト2

■中和新聞:南米からすぐに来ようとしたのですが、(ラスベガスで)少し休みました。皆さんはミセス・ダーストを知っているでしょう。(私が会ったときに)彼女は、「3日前に霊界から真のお父様が『ラスベガスに行きなさい』とおっしゃった」と言うのです。体が悪くて車いすに乗らなければなりませんが、(ラスベガスに)来て、精誠を捧げていたようです。(彼女は)私に会い、ただうれしくて泣いたのです。

その翌日、昼食に招待しました。(彼女は)以前からお父様が現れ、お母様のために精誠を捧げるように願われたと証しました。そして(お父様は)「お母様は、世界中を行き来しながら『私は独り娘だ』と語り続けなければならない」とのみ言を下さったというのです。彼女はそう言いながら泣きました。

元老たちは、私が6年前に「私が独り娘だ」と話した時、半信半疑だったでしょう。今、霊界にいらっしゃるお父様の願いは、私が独り娘であることを全世界の宗教界や人類が知ることです。それが人類の希望であり、天の父母様(神様)の夢が成し遂げられる中心なので、もっと強く話すべきだということです。

宗教の壁。これは独り娘によって全て崩れます。真の父母を通してのみ、堕落した人類は天の前に出て行くことができるので、真の父母に出会い、真の父母の祝福を受けなければならないからです。いずれかの宗団の最高指導者として有名になったところで、真の父母の祝福を受けずに天国に行くことはできず、神様の前に出ることもできません。

独り娘がこの地に現れなければ、再臨のメシヤは(み旨を)完成できません。独り娘に出会って真の父母の位置に出て行かなければならないのです。今や皆さんは、独り娘について100パーセント信じますか?(「はい」)(2018.8.14)

アフリカの詐欺師

■PEACE-TV:皆さんが南米にも行ってみて、アフリカにも行ってみて、今、進行されている現象をみる時、「私たちの未来は希望である」と、全員感じたと思います。そうでしょう?「皆さんが成功しなければならない」と話した、その言葉の意味について考える時、本当に、信仰の祖国となる韓国が、成功しなければなりません。見本にならなければなりません。

2020、天一国、国家の復帰に向けて、ここに同参する、すべての祝福家庭たちは、1級なのか、2級なのか。すべて1級に属する名札を、つけることができなければなりません。それは私がしてあげることができないのです。皆さんの責任です。

(ここにミセス・ダーストの話が入る。PEACE-TVではカットされている)

この宗教の壁。これは独り娘によって、すべて崩すことができるのです。真の父母を通じてのみ、堕落した人類は、天の前に進むことができるので、真の父母が貴いのです。真の父母に出会わなければいけないのです。真の父母の祝福を受けなければならないのです。ですからイエス様も家庭を持つために、また来ると言われたのです。独り娘に出会い、聖婚を通して、真の父母の位置に進まなければならないのです。いま、皆さんは独り娘に対して100パーセント信じますか?

12年ぶりに南米に行ったら、食口たちが本当に今まで懐かしく思っていて、またいつ再びお会いできますか、と聞くのです。これが同じ時に生きている75億人類が、後で分かった時に、どれだけ泣いて嘆くでしょうか。そのようなことを考えると、本当に切ないのです。 皆さんが責任を果たさなければなりません。父母様の、その環境圏を拡げて差し上げなければなりません。

それでも、私は地上にいるから食口たちと会えるけれども、お父様に出会ったことのない人々のことを思う時、本当に切ないのです。本当に皆さんは幸せな人々です。できるから幸せです、そうでしょう?皆さんが努力すれば、結果が現れるようになっているのです。(2018.8.14)

会長メッセージ

■第63回会長メッセージはブラジル大会の報告ですが、失敗の大会をいかに成功として報告するかという苦心がにじみ出ています。言葉を慎重に選んでいるので、全体的に沈んだトーンになっています。ウソを織り交ぜて語っているので、徳野会長の報告はもはや何を信用してよいのか分かりません。本人は自分の弁舌に大きな自信を持っていますが、韓氏オモニを担いでいる時点で信用ゼロということを知るべきです。

□徳野英治(本音):中南米希望前進大会は率直に申し上げて中南米失望後退大会でした。まずは参加人数の不足です。10万人という話を聞いていました。私は3万人と言いましたが、本当のところ2万人はいなかったと思います。時間も押して来て、控室でお母様が苛立っていらっしゃるのが分かりました。講演も非常にやりにくそうで、これは後で大変なことになると思っていたら、終わってすぐにホテルの部屋に呼び集められました。初めからヒステリー状態で、手当たり次第に南米の責任者達を裁いておられました。いつものように善進様がなんとかなだめようとされましたが、今回は大きな予算を回したのにどうなってるんだと、なかなか収まる気配がありませんでした。私はお母様の母の愛の深くない、広くない、大きくない、そして人類の父母としての器の大きくない、忍耐強くない現実を改めて目の当たりにしました。

■中和新聞 2018年08月24日(陽暦) 通巻1089号 会長メッセージ
世界平和統一家庭連合会長 徳野英治

「神中南米家庭連合」として 天の祝福を受けて出発

[Ⅰ]「中南米ワールドサミット2018」の勝利圏
今回は、真のお母様を南米のブラジル・サンパウロにお迎えして行われた行事について3点にまとめてお伝えします。1つ目は、「中南米ワールドサミット2018」(8/3)です。参加者は約300人で、元大統領クラスが10人、現職の国会議員も多数参加。日本からも国会議員5人、学者5人、宗教指導者3人が参加しました。特に、ウルグアイとパラグアイの元大統領はお母様を歓待し、〝洗礼ヨハネ〟としてお母様の価値を見事に証しました。その2人の姿にお母様も大変喜んでおられました。

南米はカトリックの世界です。お母様はそこでキリスト教の限界や問題点に言及され、ご自身が天から遣わされた独り娘であることを、天の威信をもって堂々と宣布されました。それは、南米の宗教界に対する革命的な宣言がなされる感動的、衝撃的な瞬間でした。キリスト教はイエス・キリストの本質が理解できていません。この地上に来られた理由が分からないのです。イエス様は十字架上で霊肉の限界、愛の減少感の極致を迎えたとき、隣で擁護した右側の強盗に向かって「あなたはきょう、わたしと一緒にパラダイス(楽園)にいるであろう」(ルカ23・43)と語られました。天国ではなく、パラダイスと表現されたのです。

そしてイエス様は、再び来られるというのです。それは、神様の願いである「小羊の婚宴」を挙行できなかったからです。お母様は、1960年に真の父母として小羊の婚宴を挙行したことを言明されました。カトリック世界にここまで踏み込んで発言できるのは、天の勝利圏の中で、真実を堂々と訴える摂理的な時が来たことを象徴しています。サミットには、カトリックの枢機卿(法王に次ぐ高位聖職者)が1人参加していました。その方は、キリスト教に対するお母様の厳しいご指摘を真摯に受け止めたと聞いています。

メモ中毒

[Ⅱ]お母様の赦しと愛に満ちた希望前進大会
2つ目は「中南米希望前進大会」(8/4)です。率直に言うと課題が幾つか残りました。まずは参加人数の不足です。10万人を目指していましたが、実際の参加者は3万人前後でした。次に、大会のプログラムが円滑に進まなかったことです。お母様は予定より1時間遅れて登壇し、講演されたのです。そのような状況にもかかわらず、お母様は笑顔で登壇されました。そして、不足な点を全てご自分の責任として受け止め、収拾し、み言を語られながら挽回していかれたのです。私は改めて、お母様の霊的な強さ、偉大なリーダーシップを実感しました。

大会後、リーダーたちはお母様が宿泊されるお部屋に呼び集められました。お母様は大会に対する無念な思いも吐露されましたが、13年ぶりに南米を訪問される真の父母様を歓迎したい一心で、現地の責任者や食口たちが捧げた血と汗と涙の精誠を尊重し、決して裁くようなことはなさいませんでした。足らなかった部分は赦して愛し、「神様に侍る」という意味の「神」の称号を付けた「神中南米家庭連合」としての再出発を祝福してくださったのです。 私は、お母様の母の愛の深さ、広さ、大きさ、そして人類の父母としての器の大きさや忍耐強さを目の当たりにしました。

[Ⅲ]中南米の二世たちが輝いた祝勝会
3つ目は「祝勝会」(8/5)で、どこから見ても文句の付けようのない、勝利的な雰囲気に満ちた素晴らしい式典でした。中でもお母様が喜ばれたのは、世界平和青年学生連合の中南米会長が行った韓国語のスピーチです。彼はブラジル出身で、先日まで韓国の「鮮鶴UP大学院大学校」の生徒でした。お母様は、慣れない韓国語で必死に語る彼の姿をごらんになり、ほほえんでおられました。そして二世たちに向かって「あなたたちは私の息子、娘ですね。それならば、母親が話す言葉を話せないといけないでしょう。

皆さんは若いので、その気になればできます。一つの単語から始めてください」と韓国語学習の重要性を強調されたのです。お母様は、私たちと親子として韓国語で語り合い、深い心情関係を築きたいと切実に願っておられます。もう1つ、お母様のお気持ちを引きつけたのが二世たちのパフォーマンスです。「創造・堕落・復帰」のテーマで公演したミュージカルの芸術性の高さは驚くべきものでした。そして「無条件」のダンスは、日本や韓国にも負けないほど立派で、中南米の二世たちが「ピュアウォーター」としてもつ、真の父母様に対する純粋な孝情があふれていました。

[Ⅳ]天が共にある、お母様と一つになろう
最後に、日本のメンバーはイグアスの滝でお母様と記念写真を撮っていただきました。実は、その日の午前中にアルゼンチン側からイグアスの滝を観光したときは深い霧に包まれ、眺望が良くありませんでした。しかし、午後にブラジル側から観光し、お母様にお目にかかった時は快晴だったのです。

お母様はよく、「天が共にあれば、天候にも恵まれる」とおっしゃいます。このたびも、3か月間、日照りが続いて農作物にも影響が出るほどだったブラジルで、お母様をお迎えする3日前から土砂降りの雨が続いたといいます。ところが野外会場で大会が行われた当日は、天気予報に反して雨が降らなかったのです。

お母様は「天が共にある」との確信をもって歩まれています。天の独り娘であられるお母様と完全に一体となり、聖和6周年の記念行事で大勝利をお捧げし、希望と喜びをもって2018年後半期を再出発してまいりましょう!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

ホーム

246松濤本部前行動8.19/お金でもめるブラジル大会

■10万人大会だと聞いていたブラジル大会は、フタを開けてみると会場となったサッカー場はガラガラで、明らかに動員の失敗だということが分かりました。観客が少ないだけではなく、講演前のパフォーマンスも出来が悪いし、観客が終始動き回り、落ち着きのない雑然とした雰囲気でした。またアメリカ大会以来、聖歌隊が雰囲気を盛り上げる重要な存在になりましたが、この大会の聖歌隊は人数が少ない上にバラバラな印象が一目瞭然で、たいへん残念なものでした。翌日の祝勝会で、韓氏オモニは以下のように語りました。

□韓氏オモニ:今回の大会において、これまで私たちを理解できなかったキリスト教関係者たちが、そこに少し躊躇することがあって、支障が生じたと聞きました。(2018.8.6)


■キリスト教関係者との間に一体何があったのでしょうか。私はいよいよクリスチャンが「独生女論」に躓いたのかと思いましたが、真相はお金の問題です。日本以外で行われる大きな大会は、全てお金の力で観客を動員しています。10万人ともなればそれだけ多方面にお金が配られることになりますが、今回は規模が膨らみすぎて予算オーバーになり、おまけに泥棒達が中間でお金を抜き過ぎて、動員を担う関係者にお金が回らなくなってトラブルが生じたのです。

どのくらい愛してますか

大会の規模が大きくなればなるほど動くお金も大きくなり、お金を抜ける立場にある連中にとっては、大きなチャンスです。大会を成功させるより、お金を奪い取る方に関係者の関心が向かった結果として、ブラジル大会は失敗したと言うことができます。11月には南アフリカ共和国で10万人大会が開催されるそうです。韓氏オモニはこの講演の中で自慢げに話をしていました。

空っぽの会場

これはセネガル大会で関係者達が大金を懐に入れるのを見て、欲深い泥棒達が俺たちも独生女を担いで一儲けしようと、急いで計画したのです。マッキーサル大統領はグッドガバナンス賞という名目で10万ドル(約1100万円)をもらっています。これを見てアフリカの首長達が、次は俺がもらう番だと興奮し、韓氏オモニを宇宙の母だと持ち上げているのです。

残念な聖歌隊

欲深い泥棒達とは、現地の人間だけではありません。家庭連合幹部連中こそが一番の泥棒なのです。内部の泥棒達を見て外部の泥棒達が集まっているのです。今回のブラジル大会では内部と外部が入り混じりながらお金の奪い合いをしているのです。

人が歩き回る

そしてショートしたお金については何とかしろと、日本にそのつけが回って来ました。取り立て役の韓国人が日本に派遣されたようです。次回南アフリカ大会の必要経費についても、ショートすることがないようにという圧力をかけ、集金するために、贅沢な生活をしながらしばらく日本に滞在して目を光らせるでしょう。

マッキーサル

この取り立て人は大会のことを心配しているのではありません。いかに大きな金額を確保するかだけに関心があるのです。なぜなら、その金額が大きければ大きいほど、自分の取り分が大きくなるからです。そして、その男の意図を知り、またそのようなやり方を見てきた徳野会長は、自分が作っている日本の献金なのに、感謝もされないで取られてしまうことが許せないという口惜しい気持ちよりも、おれも負けずに儲けたいという意味で、口惜しい思いをしているのです。

私を信じますか

■日本における1万名大会の動機となった岡山に、韓氏オモニは来ませんでした。その理由は、ブラジル10万名大会の準備のためということでした。オモニが岡山1万名大会を犠牲にするほどだから、ブラジル10万名大会はよほど精誠を込めて準備し、熱気にあふれる大観衆を集めて見せるのだろうと誰しも考えたはずです。

信じてない

ところが、中継を見ると大会の進行は稚拙で、パフォーマンスは単なるテコンドー教室の練習風景であり、聖歌隊もバラバラ、観客はいつまでも歩き回り、開演時間の概念がありません。バス19台が学校からの最大動員だとしてその学校を表彰していたので、動員の裏側も垣間見えていました。こんなひどいブラジル大会の準備のためだと言って、岡山をパスした韓氏オモニにガッカリした人もいるのではないでしょうか。(私ですけど…)

いつまで担げるか

■今回の松濤本部前抗議活動で、ひとりの若い女の子が私達の活動はおかしいと言って話しかけて来ました。トップガン修練会で今の若い子達がどのように独生女を教育されているのか、言葉の端にそれをうかがうことができました。

見捨てられた岡山大会

□女の子:お母様が自分が無原罪だって言うのにも、もしそこにいろんな事情、理論的なものじゃなくて、マルスムってやっぱり愛と心情がないと分かんないじゃないですか、お父様の願いだったり、そこに対して気づいたこととか、神様の願いとかを全部含めて考えておられることだと思うんですよね。なんか理論的に自分が原罪あるとかないとか以上にも、なんか自分は、その宣言をされる、ご自分がされること自体が、お母様が天の父母様に対する孝心だと思うんですよね。(00:38:43〜)

逃げる澤拓

■私はこの女の子から「韓氏オモニは生まれながらに原罪があるんですか」という質問を、澤拓副局長及び大西部長にしてほしいと思い、その場でお願いしました。澤拓副局長は何気ない様子でサッサと逃げて(00:32:02〜)しまいました。大西部長は質問をされる隙を与えないように必死でしゃべり続けていました。

田中副会長決意表明

女の子は大西部長の必死な様子に、ここで質問したらまずいという空気を感じたのでしょう、そのうち大西部長を忖度していたようです。田中副会長といい、澤拓副局長といい、大西部長といい、なぜ答えられないのでしょうか。(それが大ウソだと知ってるからなんだけど…)

家庭連合は、幹部責任者が誰かに「韓氏オモニは生まれながらに原罪があるのですか」と聞かれたら、どう答えなければならないのかを決め、その公文を出しておくべきです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

ホーム

245早稲田聖殿日曜礼拝2018.8.12

■貸し会議室の高田馬場ビル406号室にて、早稲田聖殿出発の日曜礼拝を持ちました。参加者は圧倒的多数の霊人達と、実体人間は私及びカメラマン兼任の私の姉の二人でした。松濤本部への抗議活動もこの二人で始めましたので、礼拝にしましても同様の出発になりました。説教は映像で多くの人に見てもらえますので、映像を見て下さる方を礼拝の同参者としてカウントしたいと思います。その数は時間と共にふくれていくことになり、とりあえずは、控えめに1万名を目標にします。「高田馬場ビル1万名礼拝2018.8.12」てなことで、いかがでしょうか。

□お父様:尊敬する世界の指導者の皆様、神様が人間を創造した究極的な目的はどこにあると思われますか。それは真の愛を中心とした理想家庭の完成を通して喜びを感じることでした。では、理想家庭とはどのような姿でしょうか。神様が創造された最初の人間は、男性格を代表したモデルとしてのアダムと女性格を代表したモデルとしてのエバでした。彼らが真の愛の見本となる人格者、主人になる道とはどのような道だったのでしょうか。


一言で言えば、神様を父として侍って生きていける父母と子女の関係を確保するモデル平和理想家庭でした。神様と一つの家族を成し、永遠に喜びを感じて生きる道であるという意味です。皆さんも、祈祷を通して神秘的な境地に入り、この宇宙の中心は何なのかと尋ねてみてください。「父子関係」という答えを聞くようになるでしょう。父母と子女間の関係以上に、重要で貴いものはないということです。これが、この宇宙を創造された神様と人間の根本的関係であるからです。

そうであるならば、父子の関係がもっている特性とは何でしょうか。真の愛と真の生命と真の血統の関係です。真の父母の真の愛が前提とならなければ、私たちの真の生命が存在することはできません。すなわち、神様の前に人間は、絶対的な真の愛の相対として創造されたということです。そこは、正に神様が父となり、人間は息子、娘となる軸が立てられる所なのです。もし、それよりもっと高く貴い所があれば、人間の欲望は、またそれを追求することでしょう。

日曜礼拝20180812

しかし、そのような所はありません。全知全能であられる神様が、最高のものは御自身のために隠しておいて、御自身の子女であり、愛の絶対相対者であるアダムとエバには、2番目に良い所に立てて創造したということは、想像することもできません。私たちの永遠の真の父母であられる神様は、100パーセント御自身のすべてを投入して人間を創造され、同位権、同参権、同居権、相続権を付与されました。神様のすべての属性を下さったのです。

神様がいかに絶対者だとしても、独りでは幸福になることができません。「うれしい」という言葉や「幸福だ」という言葉は、独りでは成立しない言葉です。必ず相対的関係を備えた所に成立するのです。一生を声楽家として生きてきた人でも、もし無人島に捨てられ、独りで喉が張り裂けるほど歌を歌ったとしても、幸福でしょうか。自存される神様も、喜び、幸福であるためには、必ず授け受けできる愛の相対が必要なのです。

とすると、絶対者であられる神様に喜びをお返しすべき相対者としての人間は、どのような姿でなければならないのでしょうか。神様が「息子よ、娘よ」と呼ぶことができ、御自身と同格の位置に立て、共に創造の偉業を完成することができ、天地万物をすべて相続させられる子女は、どのような姿でなければならないのでしょうか。神様が、創造の理想的出発点をどこに置かれたのか、お分かりでしょうか。「相対のために存在する」という原則に自らの理想的出発点を置かれたのです。

コロッケ

言い換えると、神様が願われた相対のために真の愛を実践することが、神様の創造のみ業を出発した核心だったのです。したがって、神様の子女である人間の責任は、何よりもまず神様に似ることです。孝子、忠臣、聖人、聖子の家庭の道理を果たす真の愛の化身になりなさいということです。(平和メッセージ1)

□滝川広志:38年の芸能生活の中で僕はいろいろな人を見てきました。有頂天になっていつの間にか凋落して行く人、威張って人を見下し皆から嫌われて行く人、人によって態度を変える人、人の足を平気で引っ張る人。ともすれば、そういう風潮に流されがちな芸能界にあって、僕が「相手が一番、自分は二番」と率直に思うことができたのは「あおいくま」のおかげだと思っています。母の教えは僕の気ままな生き方を大きく変えてくれたんです。(「致知」2018.8号P.36)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

ホーム

244追跡田中富広副会長/何も答えず逃げるのみ

■8月11日、松濤本部前にて国家メシヤ集会があるということで抗議活動をしました。午後から出向いたところ、既に午前中から始まっていたようです。本部に出入りする人は殆どいませんでした。ところが、1時半少し前、午前中の集会に参加し、出された弁当を食べ終えた田中富広副会長、李成萬副会長、方相逸局長の3人が中から出て来ました。

私は田中富広副会長の姿に気が付き、すぐさま追跡し、追いついたところで質問を浴びせかけました。田中副会長は何も答えないまま、井の頭線改札近くのコインロッカーから手荷物を取り出すと、山手線に向かい、改札を入りました。私もそのまま追いかけ、一緒に電車に乗って東京駅までご一緒しました。田中副会長は新幹線でお盆休みの帰省をされたようです。


田中副会長は終始スマートフォンをいじりながら、私の問いかけに対して無言を通していました。先の埼玉2万名大会の最後に、韓氏オモニの正面に立ち、2万人を代表して決意表明をリードしていた姿が印象に残っています。あの堂々とした姿はどこに消えてしまったのでしょうか。

韓氏オモニ自身が自分は無原罪の生まれであると何度も語り、小山田悪玉が韓氏オモニは無原罪の生まれである、もともとそうなっているよと答え、周藤健元講師が韓氏オモニが無原罪の生まれであることは原理的におかしくないと明言し、太田阿部赤石3講師がお父様のみ言を引用しながら、韓氏オモニが無原罪の生まれであるという講義をしているというのに、どうして副会長の田中富広氏が、この質問から逃げているのでしょうか。

田中副会長02

韓氏オモニを証することが出来ない人物が、どうして韓氏オモニの前で決意表明をすることが出来たのでしょうか。信徒に何を語り、何を指導することができるというのでしょうか。信徒に献金を要請する資格があるのでしょうか。その献金で自分の家族を養う資格があるのでしょうか。

現在、家庭連合の副会長は他に李成萬と堀正一がいます。この3人の中で田中氏がもっとも副会長としてのキャリアが長く、また信徒数の多い第1地区の地区長を兼務しています。そのような人物が私からの質問に逃げているようでは、信徒の前に示しがつかないでしょう。田中副会長が逃げるその姿に、お父様を裏切った韓氏オモニがお父様と完全一体化しているというウソを宣伝し、信徒を騙し続けている家庭連合幹部責任者の正体が現れているのです。

田中副会長03

【埼玉2万名大会決意表明】
□田中副会長:大会決意文。私達はきょう、6000年を経て天の独り娘として顕現され、血と汗と涙の路程を通して勝利された、人類と天宙の真の母を実体でお迎えし、日本宣教60周年記念希望前進決意2万名大会を勝利しました。神統一韓国が宣布され、母の国日本の勝利が更に重要なこの時に…(2018.7.1)

【中和新聞中和新聞 2015年01月27日号】
□中和新聞:2015年陽暦1月5日、東京・松涛本部で「日本統一教会 副会長離就任式」が行われ、それまで13年4か月にわたり副会長を務めた周藤健副会長と、1年9か月務めた末永喜久子副会長が離任、新たに田中富広青年学生局長が副会長に就任しました。

田中副会長

□田中新副会長:このたびの天命については、私個人ではなく、青年学生局長が副会長に就いて天のみ旨を推進していくことに意味があると実感します。青年学生局の任として、二世青年層の連結、2020年における日本の青年運動10万人の基盤確立がありますが、さらに未来を見据えながら若者たちに希望を与えていくことを決意しました。

すさまじい勢いで時代が変化している中、若者たちの考え方も多様化しています。彼らが、教会とともに自分の人生も考えたいと思えるような統一教会をどのようにつくっていくのか、そして、そのためにどのように情報を発信できるのかが問われていると思います。副会長職を拝命することで、さらに中心に近づき、お母様の願いをしっかりと受け止めることができます。多くの方々の意見を伺いながら、ベストな内容を発信できるようにしたいと思います。(2015.1.5)

国際学術シンポジウム参加者

【田中富広副会長の略歴】
1956年3月、北海道上川郡で出生。75年、統一教会に入会。78年、北海学園大学を卒業、全国大学原理研究会支部長。82年、国際基督教学生協会(ICSA)幹事、この年に6000双の祝福を受ける(美由紀夫人との間に2男)。89年、調布教会教会長。97年、統一教会青学部長、2001年、YFWP事務総長、2013年、統一教会青年学生局長。2015年1月、副会長就任。2018年1月、第1地区地区長兼務。


田中副会長決意表明


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

ホーム

243王様の祝祷及び鉄の杖

■早稲田聖殿として独立し、ペンシルベニアに直結するためには、王様の祝祷を受ける必要があるというエルダーさんからのメールを頂きました。そこで、チケットが安くなる9月を考えていましたが、早いに越したことはないと思い直し、王様の都合を確認したところ、8日の韓国語水曜礼拝後にOKであるとのことでしたので、急遽、秋月さんと二人で渡米しました。送迎は星野さんにお願いし、宿泊は佐藤ハウスでした。

韓国語礼拝では王様が4時間余り語られました。前半はウイリアムス博士に関連する世界的陰謀の話、後半はサマーキャンプに参加中の青年達に語りかける内容でした。説教が終わり、食事を済ませてだいぶ経った、4時頃に王様から声をかけて頂き、祝祷して下さいました。食事の時間に、私は「早稲田聖殿」と印刷した紙にサインを頂こうとしてお願いしたところ、祝祷をしてからということでした。



□王様:さぁ祈祷、祈祷、祈祷。愛なる神様、アボジ。アボジ、感謝、感謝、感謝申し上げます。アボジ、今日、澤田王権の代表、氏族メシヤと、氏族王の祝福中心家庭が今日、早稲田聖殿の任命受けようとしているので、アボジ、大きな祝福をお願いいたします。アボジの大きな愛で、私たちは地獄の道に行こうとしていたのに、あなたの大きな恩恵、賜物で私たちを救ってくださり、また、カインとアベルはあなたを捨てなかった。三代王権はあなたを捨てない条件と責任を、このたくさんの祝福中心家庭たち、アボジ、荒野路程を歩んできたけど、三代王権と一緒に、アボジ、サタン勢力から闘って出た歴史に同席することができました。

アボジの大きな恩恵で、ここニューファンドランド、ペンシルベニアで澤田さんと澤田さんのチームたちが責任を負って、これからこの聖殿を通して、たくさんの人に神様の王国の福音を伝播し、神様の王国の文化と文明圏を伝播し、善と悪を分別することができる、そのような、アボジ、み言とアボジの文明圏と国と文化を伝播することができる、アボジ、聖殿とならしめてください。

燃える情熱と家庭詐欺連合の内容の背信と、その詐欺内容を暴露する天一国を保護しようとする、アボジ、愛国者として、アボジ、先頭に立って、家庭連合の責任者まで全て直接的に挑戦しながら、チャレンジしながら、全ての、アボジ、人々から多くの悪口を言われたけど、アボジの導きと、アボニムを愛する目的で、愛する動機でその多くの活動をしたことを知っていますので、アボジ、これからは早稲田聖殿を祝福して下さり、この聖殿を通して多くの情熱ある権限圏にいる祝福家庭たちが作られ、復活され、あなたが願われる、神様の王国と、福音のみ言を伝播することができる、アボジ、聖殿とならしめて下さい。

私たちの栄光のためではなく、あなたの栄光と、あなたの国と王国のための、そのような心情と、そのような良心と、そのような愛によって、前に進むことができる早稲田聖殿となることができますように、アボジ、切に願いながら、祝福中心家庭、文亨進家庭、三代王権の名前で報告いたします。アージュ、アージュ、アージュ。

早稲田サイン

澤田さん、早稲田聖殿出発、おめでとうございます。(カムサハムニダ)じゃあ拍手。澤田さんは、家庭連合に直接的にデモをたくさんします。そのようにして、今回家庭連合からも直接攻撃されました。本当に、拳で。とにかく、とても、お父様を愛する心で、いつも家庭連合の本部でデモをするのが、この人です。ハハハ。

とても特別な使命を持っているけど、他の人たちはちょっと無視し、怖がる使命だけど、お父様からこの者に、燃えるような使命を与えました。このような活動をしながら、挑戦しているんだ。日本のどこ?(東京です。早稲田)オッケイ、おめでとうございます。あ、サイン、サイン、オッケイ。今日、8? 88、おお、いい日ですね。いい日でしょ、いい日。88!写真、オッケイ、オッケイ。


■すると、祝祷が始まる時に、王様はその紙を出しなさいと言われ、私はそれを持って祝祷を受けることになりました。祝祷が終わると、すぐにサインをして下さいました。そして秋月さんを加え、3名で写真を撮り、更にその場に居合わせたメンバーが加わって写真を撮りました。この日、王妃様は歯医者に行かれたということで、礼拝は欠席しておられ、また祝祷の時にも王様お一人でした。居合わせた皆様の拍手をとても暖かく感じました。

祝祷01

■今回、祝祷が終わった後の時間に、是非AR-15の射撃をしたいと希望し、星野さんに手配してもらいました。トミーガンで射撃が出来ますが、銃は所有者の持ち込みが必要とのことです。それで、パンサー会長に借りることになりました。パンサー会長はミホ夫人と共に、銃器一式を持ってトミーガンの射撃場に来て下さり、弾込めなど、射撃の準備を全てして下さいました。

祝祷02

初めにミホさん所有の拳銃を撃ちましたが、反動と音が予想外に大きく、たいへん驚きました。最初の1発目の反動で、左手親指の第2関節に打撲を受け、そこに深い傷がついて血が出ました。また、耳栓がなければ絶対に耳がおかしくなるほどの激しい爆発音がします。AR-15は更に激しい爆発音でした。

AR-15を構える

このクラスの銃はただ撃つだけで、押さえつけなければ暴れ出すと表現してよいほどの反動力と爆発音を伴って、その秘めた殺傷能力が姿を現し、操作する者は自動的に真剣深刻にならざるを得ないと感じました。これ程の音は、日常生活において絶対に出ることはありません。爆竹の音など、足元にも及びません。撃つ時は生きるか死ぬかの非常事態であるということを容易に想像することができるほど、非日常の大きな音と力を秘めているのです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

ホーム

242松濤本部前行動8.5/自分の証もしない韓氏オモニ

■韓氏オモニはお父様の証をしませんが、もしするとなれば、お父様は人類のためにひたすらに犠牲の道を行かれたという話になりますし、神様の為に無限の涙を流されたという話になり、最後は私達もそのような道を行きましょうという信仰的な話になります。ですから、韓氏オモニがお父様の証をしないということは、信仰的な話をしないということです。


また、韓氏オモニは自分の証もしません。もし自分の証をするとなれば、ご苦労されるお父様を見ながら、一生懸命にお支えし、このように仕えましたとか、困難に直面した時にはこのようにして乗り越えましたとかの話になるはずです。それらは全て深くて貴重な教訓として私達の心に刻まれることになるでしょう。しかし、そのような証はありません。韓氏オモニが自分の体験を交え、信仰的に感銘深い話をしてくれたことはありません。

午餐会

反対に、若者に対しては「皆さんは、とても貴く、幸せで、歴史的な位置にいるということを知っているでしょう?このような幸せを、皆さんだけが持っていてはいけないでしょう?」という文脈で、すぐに自分の責任を果たしなさいという話になりますし、責任者に対しては「自分の良心に少しでも呵責となっているものがあれば直しなさい。ですから、そのような人達は40日修練会を通して生まれ変わることを願います」というように、即、罰則という流れになります。

トップガン

宗教者ではなく独裁者のように振る舞いながら、自分に楯突くものは排除するということを続けてきた結果、韓氏オモニの回りにはイエスマンしか残っていません。そのイエスマンも外面的にイエスマンであるだけで、中身はお金をかすめ取ろうとする詐欺師なのです。大きな建物の建設や、何万人大会という大金が動く行事こそ、詐欺師にとってお金を抜くことが出来る絶好のチャンスなのです。

早稲田聖殿3

昨日のブラジル大会でも大金が動いたことでしょう。11月には南アフリカで10万人の大会があるそうですが、セネガル大会を見た泥棒達が、自分達も大もうけしようして待ち構えています。そこで盗まれるお金は、全て日本からの献金なのです。韓氏オモニは世界中で華々しく大会を繰り返し、花火のように散財しながら、ついに暗闇の中に消えて行くのです。

【日曜礼拝のお知らせ】
■日時:8月12日(日)AM10:30〜
■場所:東京都新宿区高田馬場1-26-12 高田馬場ビル406号室
■午後懇親会をもちますので参加される方は軽食をご持参下さい。
■私への連絡は不要です。直接おいで下さい。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

ホーム

■ プロフィール

澤田地平

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
ご連絡お待ちします。
■私の退会届
■제탈퇴선언
■天から来た通知
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 検索フォーム