審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい

 審判回避プロジェクト

142日本VS韓国

■昨年10月、800名の日本責任者が韓国まで出かけて、出征式という、今まで聞いたことのない呼び方の出発式をぶち上げたものの、120日路程の真の目標である献金の達成状況は、路程完結後の3月2日、全国責任者会議での、縮小のための人事異動及び組織改編として表面化しました。達成率はだいぶ低かったということです。

5月10に出発したご聖和5周年記念日(9/7)までの120日路程は、既に半分が経過しました。これも献金目標達成率はだいぶ低いのです。徳野会長の中間報告に対して、その余りの低さをお母様は信じることができませんでした。お母様は徳野会長が本当のことを報告していないのではないかという疑いを持たれたので、直接現場に確認せよという指示を出され、それにより6月21、22日の全国会計会議が、280名の会計担当者を集めて行われることになったのです。

日本は実態を隠しているのではありませんので、現場の担当者に当たってみても、献金の集まりが悪いことは確認されました。そのことはお母様に報告されましたが、問題なのは、お母様はその報告をなお、疑われているということです。自分がメシヤなのに、現代のローマであるアメリカの上院でメシヤ宣言までしたというのに、何がうまく行かないことがあるのかという発想ですから、ネガティブな報告は受け付けられないのです。そして、お母様がその報告を信じられないもう一つの理由があります。

新春牧会者修練会2

■ある日韓家庭の韓国人の夫人が病気で病院に入院したことがありました。その後退院して入院費用を支払う段になり、その夫人は自分の家は貧しいので支払うお金がないと言ったそうです。しかし、病院側はそう言われて、分かりましたというわけにはいかないので催促するのですが、その夫人は強硬にお金がないということを言い張ったそうです。それで最後は病院側が折れて、支払いを免除したといいます。

ところが、その日韓家庭の日本人のご主人はちゃんとした会社に勤めていて、決してお金のない家庭ではないというのです。もし一括で払うことが難しいなら、分割にしてもらって支払うことはできるのです。自分が入院して病気を治してもらいながら、嘘をついてでもお金を払わないで済むんだったらそれで済ませたいという韓国人のメンタリティに、私にこの話をしてくれた人は呆れていました。

日本人なら、お金があれば、ないと言い張ってまで入院費を踏み倒すということはあり得ないことですが、韓国人はお金があっても、自分にはお金がないと強く言い張る性格があるのだと思われます。私はこの話ひとつ聞いただけなので、この話だけで普遍化することはできませんが、ここに韓国人の気質が表れているように思います。その気質は韓国人自身が一番よく知っているのです。

ですから、日本人がもう献金するお金がありませんと言う時、韓国人は自分達の感覚で考えるので、そんなことを言ってもまだお金を持っているはずだ、お金を隠しているはずだ、お金がないと嘘をついているだけだと判断するのです。ですからお母様は、徳野会長からの献金はありませんという報告も信じられないし、現場の会計担当者からの献金はありませんという報告も信じられないのです。

まして、自分はメシヤであり、世界的宣布もした、日本は植民地支配の償いをしなければならない、金銀財宝が玄界灘を渡ってくる夢を見た、なのにお金がないというのは、お前たちが中間で抜いているからだろう、きっとそうに違いない、ということになるのです。日本が亡んで見せるまで、もう献金はありませんという言葉は信じてもらえないのです。

真価が問われる2

■昨年10月22日、お母様は清平の秋季大役事で午前中の講話を終えられると、その足で日本に向かわれて、ハウステンボスをお訪ねになりました。日本訪問のことは、その前夜に宋総会長に告げられただけで、その目的も分かりませんでした。宋総会長、徳野会長、李成萬局長は大あわてでハウステンボスに駆けつけ、お母様を歓迎しましたが、よりにもよって、全国で出征式を行い、120日路程を出発したばかりの大忙しの時に、どうして何の前触れもなく、旅行気分でいらしたのかと、日本TOP3には不満がありました。(参考:36お母様から復讐される幹部達)

この時のお母様のご来日の目的は何だったのでしょうか。宋総会長がその後作文された、HJ天苑の構想のためとか、日本、韓国、世界のためとかいうのではもちろんありません。また、日本の観光が目的でもないのです。それは日本からの献金が減少傾向にある、その原因が、日本の責任者が自分を裏切っているからではないか、はっきり言うなら、お金をごまかしているのではないかという疑いを持たれたことが動機となり、彼らのお母様への忠誠度をチェックすることが目的だったのです。だから、あえて突然、それもハウステンボスという日本の端っこを訪問されたのです。

日本TOP3は、そんなお母様の意図があるとは夢にも思わずに、突然日本を訪問されたお母様に内心不満がありましたので、このチェックに見事に引っかかってしまいました。「出来ましたなら、一旦お帰り頂き、改めておいで下さい。その時には十分な準備も出来ておりますから」というようなことを言ってしまったのです。お母様のご都合を絶対的に優先させてこそ、このチェックに合格できたのです。宋総会長はお母様の意図に途中で気がついて、その後、命がけでお母様を持ち上げながら、最終日に渾身の作文をお母様の前で読み上げてようやく、ほっと胸をなで下ろすことができました。(参考:56宋龍天と徳野英治を追放せよ!!!!)

会計会議2

■このハウステンボスでの出来事以来、徳野会長はお母様から不信の目で見られるようになりました。徳野会長が献金目標から遠い金額を報告すればするほど、お母様の徳野会長への不信感はそれだけ増大するという悪循環に陥ってしまっています。ですから、全国会計会議に徳野会長の姿はありませんでした。徳野会長をはずしたところで、献金の実態調査をしているのです。

これから、無限罪独生女の講師が日本に派遣されます。彼らは食口への嘘教育が主要な任務ですが、お母様はその教育を通して献金実績が伸びると信じておられます。世界のあらゆる問題は、お母様を正しく証することによって解決するというのが、お母様の絶対的な信仰だからです。

講師達は日本語ができる先輩家庭だということですから、各地区で大きな存在感を持つことでしょう。彼らは献金を回復させたいお母様のご意向をよく知っているので、お母様の権威を笠に着て、献金についても口出ししてくる可能性があります。減少していく献金を巡り、教会の維持経費、借金の返済、教区地区本部の維持経費、韓国への送金、そして自分達のちょろまかし分など、その振り分けを巡っての争いに、大いなる期待と意気込みを持って参戦してくることでしょう。

独立教会3

■献金が減少していく中で、日本は家庭連合が存続するための最低限の献金を守り通せるのか、それとも韓国は家庭連合がつぶれることなどお構いなしに、献金を巻き上げ続けるのか。日本VS韓国の、献金を巡る最後の戦いの開始のゴングが、今鳴らされようとしています。

家庭連合がつぶれるということは、借金返済を教会ができなくなり、個人名義の借金の取り立てが、その個人に直接向かうようになるということです。心ある責任者は教会員の前にお母様の真実を明らかにし、ご自分の教会がつぶれる前に独立することを真剣にお考え下さい。

真理を問う行動723


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

ホーム

141葛西家庭教会前ビラまき

■今回は私の出身教会である葛西家庭教会前でビラまきしました。そこそこの方が受け取って下さいましたが、内部では回収されたかも知れません。しかし、たった一人でも読んで下さる方がいらっしゃれば本望です。


■ビラまきが終わってから、サンクチュアリ江戸川教会として「神氏族メシヤ王権即位式」を執り行いました。そしてそれぞれ武器を持って写真を撮りました。この武器のことについては、私も国進様の自由社会の講演を初めて聴いた時には驚きもし、疑問にも感じましたが、よくよくその真意を知ってみると、それは「右のほおを打たれたら左のほおも向けなさい」という新約時代の根本的教えからの解放であるということが分かりました。お父様の勝利故に、悪に対して内外共に妥協しなくてもよい時代が到来したのだと思います。

武器二人-2


■善悪闘争が繰り広げられる世界情勢の中にあって、日本の国防に関して現憲法から受ける制約は理不尽なものであるというのが、日本人の普通の感覚です。この理不尽な感覚は、国家の概念が個人→家庭→氏族→民族、そして国家へと段階的に拡大したものであることを考えると、善悪の入り乱れる現代社会において、個人が自己防衛のために武器を持つということは、むしろ、普通の感覚であるということを裏付けるものです。それは安全度が高い日本社会においてはすぐに理解できない感覚ですが、世界の大部分においては当たり前のことであり、日本が例外的な存在であると思います。

日本国憲法

■そして、世界が完全に神主権へと復帰されていく過程においては、世界のどこにも安全な場所はないという認識と心構え、そして鍛錬が必要なのであり、お父様が平和軍、平和警察を創設された意味はそこにあるのだと思います。特に、直接摂理を担う祝福家庭は、好むと好まざるとに係わらず善悪闘争の最先端に位置しており、24時間、最も危険なエリアの住人であるという自覚を持つべきであり、武器を持って写真を撮ることは、その自覚への入口であるということができます。

異議を唱えない情けなさ

□宋総会長:真理を探求する方法には2つの方法があります。それは演繹法と帰納法です。演繹法は既に明らかになった事実として結論を出すものであり、帰納法は単純な統計や多くの経験から結論を出す方法です。真の父母様は原理をはじめ、多くの真理を探求してこられましたが、その方法はどういったものだったのでしょうか。それは演繹的な方法で探究してこられました。話合いの中で演繹的方法で討論していけば、私達はより簡単に結論を導くことができるでしょう。(2017.7.6全国教区長研修会)

独立教会3


■お父様は演繹的及び帰納的両面で原理を探求されたと思いますが、それはさておき、宋総会長が研修会の最後に「演繹的に行くべき」という話をされたのは、無原罪独生女講義による食口教育は上からの命令であり、それは決定だからやるっきゃないという確認であり、それをあからさまに言いたくないからことさら難しく話しているだけです。

そして、この部分だけを視聴する人間は、宋総会長が何のことを言ってるのかさっぱり分からないのですが、編集者はこの部分がこの研修会の肝だということが分かっていたので、この発言を選んで残したわけです。すなわち、この研修会の中心議題は「無原罪独生女講義全国展開、覚悟せよ、後は知らん」だったのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

ホーム

140船橋中央家庭教会前ビラまき

■船橋中央家庭教会の前でビラまきしました。教会は立派な5階建ての建物です。9時前から始めていたところ、10時20分頃李倉培(イチャンベ)北千葉教区長が車でお見えになりました。この日は家庭教会ごとの礼拝になっているということで、教会に来られた方も少ないように感じました。それで、李教区長も礼拝の説教がなく、ちょうど時間があったので私達を教会に招き入れて下さったようです。教区長室は4階にあり、その部屋で40分程話をすることができました。


□澤田:お母様が間違っておられることはご存知ですよね。
□李教区長:その話はしないでください。
□澤田:それには触れることはできないんですね。
□李教区長:そうそう…
□澤田:私達はそれを一番訴えているんですけどね。
□李教区長:皆さんがこういうふうにやって、食口達がそこに行くと思いますか。こういうふうな形にやるんだったら、逆に反発心を持って…他の方法でやったらいいと思うんですけども。礼拝する前に配るんだったら、誰でも反発すると思いますよ。

□澤田:それは違います。このお母様の問題に気がついてる方はいらっしゃいます。そういう方は私達の活動を内心応援して下さってるんですね。そういう方がここにもいらっしゃると思うんですよ。人数は分かりませんけど。
□李教区長:お母様が間違っているということは、お母様に対してお母様を認めないということですか。
□澤田:そうです。7男亨進様の主張は、教区長はご存知でしょ。そして今そういうお話をしたくないということは、お母様を批判することができない立場ですからね。ですから、責任者全員そうですよ。大体の責任者はお母様の間違いについて知ってます。特に宋龍天総会長、徳野会長、それに韓国の方は全部ご存知だと思いますね、言葉が自由ですから。お母様がどういう発言をされていらっしゃるかということは…

□李教区長:その話、しないで下さい。私にも反論がたくさんありますので。自分の親が間違ったらですね、正しく侍ればいいと思いますよ、これから。お母様が正しい道に行くように。
□澤田:お母様にそういう可能性ありますか。
□李教区長:ありますよ。
□澤田:じゃ、間違っていらっしゃるということは認めてらっしゃるんですね。
□李教区長:いえいえ、もしかして間違ったならばですね…

会計会議

■話は平行線でしたが、本部が私達にしてきたこと、警察をすぐ呼ぶ、何度も呼ぶ。堀さんご夫婦を逮捕する。仮処分命令を申し立てる。損害賠償請求裁判を起こす、ということから考えると、とても素晴らしい方でした。と褒めたりしようものなら、李教区長ご夫妻が本部から睨まれないかと心配です。面接があるかも知れませんし、これをきっかけにして、責任者はサンクチュアリの連中と親しく話してはいけないという趣旨の公文が出るかも知れませんね。


会計会議


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村


ホーム

139独立のススメ

■韓国におけるサンクチュアリの組織はイサンヨル会長を中心とする韓国聖殿として出発しましたが、その中から昨年、キム会長のヘラルド聖殿が独立し、最近になってイホテク会長のユートピアムーンが独立したそうです。独立して直接亨進様につながることになったそうです。韓国聖殿の中には、他にパジュとイクサンのグループが所属していますが、これらも、いずれ独立するかも知れないということです。

日本の場合は、江利川先生を中心とする日本サンクチュアリ協会と井上教会長の安永教会、そして三代王権・心のサンクチュアリが、それぞれ直接亨進様につながり、佐藤顕さんの山口聖殿が韓国聖殿につながっています。皆さんそれぞれ自由につながるところを選んでいます。亨進様は以下のように語っておられます。

□亨進様:聖書に従うなら、まず自分がしっかり立った後に本部に10分の1献金をすればよいのです」といいました。そしてこれが最初に世界のサンクチュアリと交わした約束でした。まず自分が立つことです。それまで私はここから上空のサタンを撃ちながら下を守ります。その間にやるべきことを進めてください。そうして自分が立った暁には、本部に対して聖書の通りにしてください。しかし本部といっても、組織の本部ではなく関係性における本部です。

だから、私は江利川さんにこう言いました。「江利川さん、40%もしなくていいです。国進兄さんも10%でいいとはっきり言いました」すると江利川会長は「それでも40%差し上げたいのです」と言われるので、「そうおっしゃるのならご自分の自由と責任でそれを行なってください」と答えました。もしそれを苦痛に思うのなら、別のサンクチュアリに行けば良いのです。そこがこれまでと異なるところです。40%を好まないなら、10%捧げるところに行けばいいだけです。この自由が重要です。指導部の「抑制と均衡」だけではなく、メンバーの選択の自由です。

だから、組織間で争ったり問題が起こったりしても、基本的に介入はしません。「本部はこう言っている」といって権威を笠に着ることができません。自分たちの自由と責任で行動して下さいということです。もしメンバーに対する虐待が発生するときは、すぐに別のサンクチュアリを、すぐそばに作るだけです。メンバーが選択できるようにするのです。家庭詐欺連合とここでも異なっています。こんなことを話すだけで「何ということを言うのか」と目の色を変えるでしょう。独裁ですね。(2016.3.6「自由社会・自主独立・自給自足」)

真理を問う行動79

■自分の教会を作り上げて、亨進様に直接連結することもできるし、誰かにつながることもできるのです。個人献金は10分の1であり、教会としては全収入の10分の1を直上組織に捧げるだけです。亨進様に直接つながるなら、亨進様のサンクチュアリ教会に10分の1を捧げればよいのです。本当の意味で、責任者の人望と能力が問われる時代が到来したということだと思います。個人は自分の好きな責任者を選ぶことができますし、責任者も出ていく個人を拘束することができません。自分が立ち上がって責任者になることもできます。神氏族メシヤを実践できる制度的な環境が完全に整ったということになります。

この記事の標題は「独立のススメ」ですが、私が誰に独立を勧めるのかといえば、家庭連合の責任者に独立をお勧めしたいのです。現在家庭連合には全国300余りの家庭教会が存在しています。その責任者の殆どは人事異動で数年で入れ替わり、地域に定着しない責任者だと思います。しかし中には、その教会に根付き、教会員の信望を集めていらっしゃる方もいるでしょう。そのような方が、婦人部長や基台長に対して真実を伝え、密かに教育し、それを全教会員に広げて、ある日突然、その教会丸ごと退会届けを提出するのです。

お母様の問題に沈黙することに良心の痛みを感じている教会長、あるいは婦人部長はいるはずです。そのような方はまた、自分が責任者として教会員に借金を背負わせ、それをそのままにして教会を去るわけにはいかないという、板挟み状態であったりします。そうであればなおさら、独立した教会として、10分の1献金で、借金を返済しながら、永続する体制を作り上げる道を選択されてみてはいかがでしょうか。このままでは家庭連合の崩壊は目に見えています。そうなる前に、心ある教会長あるいは婦人部長が力を合わせ、ご自分の教会を家庭連合から独立させ、無傷で亨進様につなげて下さるようにお願い致します。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

ホーム

138青葉台家庭教会ビラまき

■青葉台家庭教会の皆様にビラをお渡ししました。おそらく、サンクチュアリに対する意識も準備もなかったのでしょう。多くの方が素直に受け取って下さいました。中には論戦を挑んで来る方がありましたが、お母様が無原罪であるということに無頓着でした。どうしてなのかと思いますが、やはり原理の理解が不足していると考えるしかありません。


よく、ご父母様を否定して祝福が成立するのか→成立しない→私達は祝福を授かったではないか→だから父母様を否定できない→という論法を振りかざす方がいらっしゃるのですが、祝福を受ける→家庭出発→2世誕生→親の祝福が壊れる→2世は2世でなくなるのか→2世は2世のままである→という考えを応用すれば→ご父母様から祝福を受ける→お母様が失敗される→祝福家庭には何の問題もないということになり→お母様の失敗と祝福ウンヌンは無関係です。

原罪なく生まれた

お母様の無原罪発言は、光言社のお陰で、世界家庭の5月号と7月号にはっきりと記載されました。これで、お母様の無原罪発言は疑いのないものになりました。お母様の無原罪発言に対して無頓着な方は初めからお話になりませんが、原理を理解し、お父様をメシヤとして確信を持っていらっしゃる方にとって、もはや、このようなお母様を信じ続けることはできないはずです。

原罪のない娘として

そして、そのようなお母様の真実を知る立場にある責任者が、今日まで、お父様とお母様は完全一体だと嘘をついて食口を騙してきたことに気がつくようになるでしょう。宋龍天夫婦と徳野英治夫婦は犯罪者として糾弾され、彼らの居場所はどこにもなくなるはずです。


□お母様:私たちは違わなければなりません。既存の思想や哲学やそこに立脚した人格教育ではない、神様を主体として、真の父母を教育する人格教育となり、教材が出てこなければなりません。
(孝情・人格教育教材編纂委員会特別晩餐会2017.5.27)

有名な学者の言葉2

□お母様:皆さんの家にお父さんとお母さんがいる時、皆さんのことをより思い、尽くしてくれる人は、お父さんですか、お母さんですか?今日の現状を見て、宗教的に考えなくとも人類はこのように考えています。「男性によって作られた世界には限界が来た」、「女性が立ち上がらなければならない。女性、母が中心とならなければならない。」そうして「すべての面から治癒、改善、開発、方法を見つけなければならない!」これは私が言った言葉ではなく、有名な学者が言った言葉です。(ヨーロッパ・東北大陸天一国指導者特別総会2017.6.26)




にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

ホーム

■ プロフィール

澤田地平

Author:澤田地平
1953年長崎県生まれ
6000家庭
サンクチュアリ江戸川教会教会長
携帯:080-3272-0026
e-mail:swdsw5@yahoo.co.jp
日曜礼拝参加ご希望の方は
上記までご連絡下さい
■私の退会届
■제탈퇴선언
■過去記事目次

■ 最新記事

■ 検索フォーム